ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

f0000521_03250453.jpg
f0000521_03251744.jpg



           顕本法華宗・総本山 妙満寺 京都岩倉  17,11、18

「鐘に恨みは数々ござる」で知られる紀州道成寺の霊話、能や歌舞伎等の芸能に取り入れられている。
その物語に縁あるこの鐘は数奇な運命で当山に伝わった。
天平14年(1359)3月11日道成寺では安珍・清姫の伝説以来、永く失われていた鐘を再鋳し、鐘供養を盛大に営んだ。
その席に一人の白拍子が現れ、呪力で鐘を落下させると、蛇身に変わり日高川へと姿を消した。

その後、近隣に災厄が続いたため、清姫のたたりと恐れた寺は鐘を竹林に埋めたが、後にその話を聞いた「秀吉根来攻め」の大将仙石権兵衛秀久が掘り起し、京都に運び込み妙満寺に納めた。

時の妙満寺貫首・日殷大僧正の法華経による供養で怨念を解かれ、鳴音美しい霊鐘となった。

例年、春に鐘供養を営み安珍・清姫の霊を慰めており、道成寺を演じる芸能人はこの鐘に芸道精神を祈っている。


f0000521_04033325.jpg

                       道成寺由来の霊鐘

撮影禁止(パンフレット引用)
目の前で拝観したが話に聞いていたように一抱えより大きいが、意外と小さい鐘であった。

以前から和歌山、白浜、勝浦などに行く道中、何度も立ち寄っていた道成寺、安珍・清姫の伝説を辿り、清姫の誕生地や、お墓、菩提寺など散策したが、何年か前に京都岩倉の妙満寺に鐘があることを知ってやっと念願の由来の鐘に出会い安珍・清姫の伝説物語の終止符を打つことが出来た。


f0000521_03225781.jpg
                   本堂より振り返り山門、比叡が借景に



f0000521_04223271.jpg
f0000521_04221293.jpg













f0000521_04253502.jpg

                          仏舎利大塔

インド・ブッダガヤ大塔は、釈迦牟尼仏が覚りを開いた聖地にアショーカ王が紀元前200年頃建てた供養塔で、仏教最高の聖跡である。
「釈迦牟尼仏のご精神に帰れ」という妙満寺の教えの象徴としてこの大塔をイメージし、昭和48年に全国壇信徒の写経浄財によって建立されたのが当山の仏舎利大塔である。

ブッダガヤ大塔を型どったものとしては日本初の建築である。
一階正面には釈迦牟仏坐像を安置し、最上階には古来より当山に伝わる仏舎利が奉安されている。
(パンフレット解説文)

中に入るのにお香窯をまたぎ、線香を戴き外の周りを3周し線香をお供えした。


f0000521_04270001.jpg

      比叡をバックに方丈や仏舎利塔がある風景は異国をを想わせる景色だった。

f0000521_04274250.jpg

f0000521_04281934.jpg
                                  山門

f0000521_04291067.jpg
                              雪の庭

本坊にある「雪の庭」は俳諧の祖と仰がれる松永貞徳(1571~1653)の造営。
比叡の峰を借景にした冠雪の腓望が最も美しくこれが「雪の庭」と称される由縁らしい。

f0000521_04295773.jpg

しばらく外出がなく充電完了の身体はsarubiaの空き日もあって突然に京都に向かった。
念願の安珍・清姫の由来の鐘とエキドチックな仏舎利塔、紅葉のモミジ中を十分散策でき洛北の京都を満喫できた。




ミニ盆栽の棚を完成。
       2,009歩



















[PR]
# by beyonyo | 2017-11-20 05:32 | 京都散歩 | Comments(0)
f0000521_08365720.jpg

                ムベ  17.11.6



小雨の朝になり屋内の引き出しの整理、午後オオクワに買い物、
滝上さん来客。
         2546歩 



[PR]
# by beyonyo | 2017-11-19 08:47 | 実・種 | Comments(0)
f0000521_09400548.jpg

                 古風な喫茶  吉野  217,10,26

           吉野名産葛を扱う喫茶店、玄関の丸太が気に入った。




ミニ盆栽の棚つくり、土台と排水が出来たが棚は塗料が乾く明日にすることになった。
、さん来客
               3,669歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-18 09:52 | 田舎の風景 | Comments(0)
f0000521_08171354.jpg

                深泥池  京都岩倉  17.11.16



京都左京区岩倉の妙満寺に安珍清姫由来の釣鐘を訪ねて行く。
9時出発 15時帰宅  走行距離178キロ
            3,968歩




[PR]
# by beyonyo | 2017-11-17 08:31 | 京都散歩 | Comments(0)

f0000521_07543039.jpg

3号モミジ装う  17.11.15

山モミジ実生から10年くらいか今年は順調に育ち此の木の最高の紅葉を見た。
長い年月の趣味の盆栽つくりの中で癒やされた時間だった。



ミニ盆栽の棚が一部腐敗し取り替えをしていたら土台の部分も長年の湿気で腐っていた。
全部取り外し新規に作ることになった。
夕食後、明日の下地の用意をしていたらSさんが来て手伝って戴いた。
S、Iさん来客、落ち葉掃除を手伝って戴いた。
                            3,918歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-11-16 08:24 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_06015490.jpg

 伊勢街道山粕宿  曽爾村 17.10.14


f0000521_06021138.jpg
 街道筋

江戸時代、伊勢本街道を伊勢に向うと萩原宿(宇陀市榛原)から先は山坂が多く商家や旅籠などが連なる町場は、山粕宿までなかった。
峠に挟まれている山粕宿は江戸時代宿場として栄え、商家などが建ち並んでいた。

宿場とは、宿泊、運輸、通信の機能を備えた集落で、宿泊や食事、休憩のための施設である「旅籠」と馬や人足、駕籠を調達したり荷物や手紙を送ったりすることのできる「問屋」が置かれていた。
(曽爾村教育委員会 説明板より抜粋)



夜中から雨続きの一日、作業場の整頓、コスモス、松源に買い物。
          2,318歩 


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-15 06:25 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_07450819.jpg

                  梅の井  高津宮  17,10,25

江戸時代、梅川のほとりにあった名水で上町台地の伏流水が湧いていた。
現在の梅の井は石蓋をした空井戸であり高津の宮南側の蓮光寺境内にあった井桁を移説したもの。

f0000521_07451619.jpg
梅の井の碑は仁徳天皇千五百年大祭の際(明治32年)東町有志によって建てられた。

天王寺から北へ上町台地を歩くと名水や井戸に出会うが今回も新しく知識を得た。



コンクリの段差とブロックとの隙間をセメンを塗る。
いつも思いながら二年越しの作業になった、セメント一袋では足りず追加工事をすることになった。
園芸、ヒバの鉢植え3鉢をsarubiaが剪定、掃除やガラス戸を磨き冬支度完了。
さん来客桜の落ち葉掃除、植木の水やりを手伝ってもらう。
            4,192歩








[PR]
# by beyonyo | 2017-11-14 08:17 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_05531614.jpg

                  マユハケオモト  17.10.24



園芸、モミジの伐採した後に槙の木を配置換え。
ペチニアの苗植え替え。
長谷川さん来客。
     3.428歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-11-13 06:03 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_06474257.jpg

?北海道  藤沢台  17.9.16

              

ウォーキングの途中、一瞬北海道に似た雲にだったが風の強い日だったのですぐに形が崩れてしまった。



園芸、松の剪定の後始末。
I、H夫婦来客。
             2,557歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-12 07:18 | 雲のある風景 | Comments(0)
f0000521_20365158.jpg

      元興寺(国宝)  奈良まち  17,11,1


f0000521_20370222.jpg
f0000521_20364207.jpg

                      石仏と小子房

蘇我馬子が建立したと伝わる元興寺何度訪れても趣がある境内。
駐車しお願いして少し奈良まちを散策した。



園芸、4日目の松の剪定をして完成。
足場の悪い場所での剪定は大変危険を伴なうが、今年も気力で無事作業が出来た。
普段出来にくいポーズも4日も続けるとリハビリになったのか出来るようになった。
木の上と脚立の上で4日過ごし歩数は少ないが、立って踏ん張るおかげで足の筋肉は鍛えられた。

実生から育てた蝋梅(25年)黄色の花と香りを楽しめるが毎年蕾が開くとき野鳥に食べられ被害を被るので伐採する。
新築する前からあったモミジも毎年虫に被害を受け思い切って伐採した。

S、Iさん来客。
              2,640歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-11 03:26 | 歴史散策 | Comments(0)