ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

阿武山古墳   2013・12・26

阿武山古墳(高槻市)のテレビ放映があり、藤原釜足のお墓であることがほぼ確実になった。

1934(昭和9年)京都大学の地震観測設置の建設中、土を掘り下げで瓦や巨石に突き当たったことからこの古墳が偶然に発見された。
(あまり盛土の無いところだった。)


棺の中には60歳前後の男性の肉や毛髪、衣装も残存した状態のミイラかされた遺骨がほぼ完全にのこていた。


「貴人の墓」として反響を呼び述べ2万人の人に達する大勢の見物人が押し寄せた。


1982年X線写真分析で死因は、腰椎が折れてろっ骨も折れていた。
馬から落馬して落ちた時、圧縮されて折れた事が分かりろっ骨は少し元に戻りそうで、しばらくの間生存していた事が判明した。


遺体はガラス玉を編んで作った玉枕のほか、遺体が錦を身にまとっていた事や、胸から顔面、頭にかけて金の糸がたくさん散らばっていたことが確かめられた。


死因が(落馬後に死去)と一致すること金の糸の分析状態からこれが冠の刺繍糸だった事が判明した。
しかも漆の棺に葬られたことや、玉枕を敷いたことなどと考えると被葬者は最高上位クラスの人物であることは間違いない。


この冠からおそらく当時の最高冠位である織冠であり、それを受けられた人物は藤原釜足に違いないと報道された。


しかし被葬者として、釜足の同時代の蘇我倉山石川麻呂や、安倍倉梯麻呂(内麻呂)をあげる説もあり阿武山古墳が藤原釜足の墓所だとはまだ断定できない。
            
         ( 以上 阿武山古墳 ウイキペデイアより抜粋しました。)


昨日のテレビでは、ここに釜足の別荘があって、狩りに来て落馬して死去した話だった。
また盗掘されていないこのような古墳は他にないらしい。

12月2日高槻市市政施行70周年記念歴史シンポジュウム「中臣(藤原)鎌足と阿武山古墳」があったので朝日テレビの取材を写したのかも?


釜足の関わりは今日まで知らなかったので、新鮮に勉強できた。
年明けには是非行って見たい古墳です。


f0000521_3332260.jpg

        釜足を祭る 談山神社   09、11、10



花菱がこのテレビの放映を知らしてくれる。
高島屋に買い物、
4、005歩

[PR]
by beyonyo | 2013-12-26 03:49 | 古墳 | Comments(0)