ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

弥山登山口ガマの滝へ  2017・4・11




f0000521_18503931.jpg

     弥山登山口ガマの滝へ  奈良県  17,4,5

前日、弥山に行く事、服部さんと一致、御手洗峡まで順調にきたがここで通行止め。
やもうえず歩くことになる。

f0000521_19004793.jpg


天然の盆景を見ながら進む

f0000521_19024948.jpg
最後に来たのは何時だったか懐かしい風景と再会

f0000521_19051879.jpg

さらに奥に進む


f0000521_19061230.jpg
                ここから弥山登山口に入る

f0000521_19080586.jpg
             終着点を知らないのでこの地点で不安が過ぎる

f0000521_19113415.jpg
           冬枯れの景色の中苔の群生を眺め癒やされて進む

f0000521_22415343.jpg
                            ミニの滝

f0000521_22430083.jpg
           音無川へ下るがけ崩れで道がなくU字溝の上を歩くことになる

f0000521_22463748.jpg
音無川河原に来たが水の流れは全く無いこの先に弥山登山口があり滝があると聞き行くことになる

f0000521_22503295.jpg
                        三人は遅れだした

f0000521_22530140.jpg
               sarubiaは一人遠くなってしまった、この先思い心配

f0000521_22561254.jpg
        巨大な流木の根元は岩を巻きつけて流れてきた、水の恐ろしさを実感

f0000521_22591324.jpg
                  弥山登山口に到着、上り梯子も不安定

f0000521_23022997.jpg

                      ガマの滝

あきらめたと思っていたsarubiaが追い付いてきた、服部さんの主人がついて意外と早く到着。

f0000521_23081420.jpg

                  巨石の前で四人揃って休息

f0000521_23104772.jpg
                          後ろに残雪

f0000521_23123137.jpg
                  音無川を上ると熊に注意の掲示

f0000521_23161385.jpg
  出発地点に戻ったら18:35、往復4時間30分楽しさと不安の連続であった。

服部さんご夫婦は20年ほど前に来て、その時はもっと道が細くすぐそこと感じていたらしく、今回は通行止めもあったが、あの大きな流木が流れる洪水や20年の歳月で大きな変化が生じ誤算、山の恐ろしさを体験できた。

帰宅したのは20:00になった。
この日も留守中、町会長芝さんが何度も来てくれ、服部さん宅にも電話、日が暮れても帰らない四人306歳を心配、そんなこととは知らない我々は弥山の残響でルンルン、帰ったら不良老人のレッテルをつけられた(笑)
服部、芝さんのメダカトリオに感謝の弥山だった。


服部さん主人来客、午後泉左野にメダカを見に行く約束、服部さん夫婦と行く。
大峰山岳地図をイオンでコピーする。
2,766歩





























by beyonyo | 2017-04-11 08:58 | 登山 | Comments(0)