ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

2013年 12月 07日 ( 1 )

大坂夏の陣遺跡巡り(一)

f0000521_209413.jpg

          近鉄・道明寺駅構内   13、11、4

来年が冬の陣から401年前再来年が夏の陣から400年を迎えるので遺跡散策をしてみた。
殆んど過去に訪れているが、この度新しい発見もあり、知識を得ることが出来た。

f0000521_20175149.jpg

             決戦場  柏原市小松山  13、12、3

元和元年(1615年)五月六日未明大坂夏之陣の緒戦において徳川方は亀の瀬峠より河内に進出しその先発隊三万五千の兵に対し、豊臣方は後藤又兵衛ひきいる三千の兵で迎えうち、小松山近辺で激戦するも敗れて退き、徳川方は河内より大坂方面へ進撃、同八日大阪城も落城す。
当地の主な戦死者、豊臣方後藤又兵衛の碑は玉手山頂に、徳川方奥田三郎右衛門の碑はここより東北すぐの小松山頂に建立されている。

                      碑の裏の文

f0000521_2039183.jpg


f0000521_20401223.jpg

                 玉手山一号古墳(小松山)

f0000521_2041631.jpg

          一号古墳(小松山) 奥田忠次の碑に登る道

f0000521_20435942.jpg

          南都奉行  奥田忠次の碑 (小松山山頂)

f0000521_20561610.jpg

                
                 小松山頂より二上山を望む

f0000521_20522175.jpg

                     小松山遠望

f0000521_20593015.jpg

                  山頂より国分方面を望む

f0000521_2102994.jpg

                 山頂より道明寺石川を望む

小松山山頂は徳川方を迎え撃つには絶好の地形、国分方面からはかなり急勾配でみ透視がきく、
が何故大坂方が敗退したか?この場所に来てみるとよくわかる、運悪く朝霧で未透視が悪く徳川方の多勢に撹乱され敗退した事が地形から想像出来た。

豊臣方にとって大阪城落城の二日前の事になる夏の陣・道明寺合戦である。

f0000521_21161712.jpg


                  夏の陣遺跡巡り(二) に続く


午前中留守番で月参りのお寺さん待ち、午後西方院にお墓参り。
7、840歩
            
[PR]
by beyonyo | 2013-12-07 05:39 | 太閤記 | Comments(0)