ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

2013年 12月 11日 ( 1 )

大坂夏の陣遺跡巡り(五)

f0000521_21541049.jpg

       豊臣方 木村重成の墓  若江岩田  13、12、3

f0000521_21571059.jpgf0000521_21572731.jpg



















f0000521_2214444.jpg


豊臣軍では、河内口から来る幕府軍に対し、大阪城東方、大部隊の機動には適さない低湿地帯で迎撃することにし、木村重成の兵6000が大阪城を出発した。
長宗我部盛親、増田盛次の兵5300もそのころに出発したと思われる。
5月5日朝、木村重成は今福方面を視察し、こちらに幕府軍が来襲する可能性は低いと見た。

そこで徳川家康・秀忠本営に側面から迫るべく、若江に兵を進めることにした。
5月6日、木村重成は午前0時頃に出発したと考えていたが兵の集結が遅れ、午前2時頃にようやく出発出来た。
途中道を間違え沼地で立往生するなど、木村自身や兵の練度に問題があり、進軍は順調に行かなかった。

                ウィキペディアより抜粋 引用しました。

f0000521_22231840.jpg


f0000521_22233973.jpg


藤堂高虎隊5000を奇襲し藤堂一族その他多数の首を獲ったが、幕府方の援軍に阻まれ、後退中に追撃を受け壊滅。
木村重成も藤堂隊の一部を破ったあと、井伊直孝隊3200らと交戦、激戦の末に討死した。

豊臣方は意地を見せたが、大勢は幕府方優勢でいよいよ大阪城近郊に追い詰められる。

                       八尾・若江合戦より 引用しました。

f0000521_22341717.jpg

                 重成の墓は木村公園になっている。

f0000521_22355257.jpg

            第二寝屋川  八幸橋北詰より 信貴・生駒を望む。

この川を挟んで重成の墓の向こうに徳川方、山口重信の墓があり木村重成の墓より立派である情報を得たのでいつか行ってみたい。

                    大朝夏の陣遺跡巡り(六)につづく



藤本来客、昨日の続きメッシュの工事をするほぼ一日かかり完成出来た。
2、382歩

[PR]
by beyonyo | 2013-12-11 07:55 | 太閤記 | Comments(0)