ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

2017年 05月 14日 ( 1 )



f0000521_18074684.jpg

 祥瑞寺  大津市堅田  17,5,12

f0000521_18093098.jpg
室町時代の名僧・一休さんが修行し悟りを得たのは、ここ堅田でした。
一休さんは堅田の祥瑞寺(当時は祥瑞庵)にて22歳から34歳まで修行し一休の道号を授けられました。

祥瑞寺は(応永年間1394~1428)大徳寺派の高僧・華叟宗曇(かそうそうどん)によって開かれ、その華叟和尚が一休さんの師匠であり一休の道号を授けた人物です。

琵琶湖八景の浮御堂の付近にあり立ち寄ったら歴史の一端を知ることが出来た。

雨で肌寒いがメダカの卵381個を採取。
黒メダカ初卵。
芝さん来客。
                2,500歩




by beyonyo | 2017-05-14 05:06 | 歴史散策 | Comments(0)