ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録



f0000521_20264662.jpg

明治神宮一の鳥居  18,1,1


原宿駅からすぐに神宮橋を渡ると神宮の一番鳥居、関西に居ると夢の明治神宮元日参拝にすがすがしい気分で参拝する。

一の鳥居は奈良県吉野川上村高原の樹齢250年の杉を使用されている。

f0000521_20402348.jpg
神宮橋

f0000521_20475011.jpg
一の鳥居を過ぎると順調良く進む

f0000521_20493166.jpg
奉納葡萄酒樽

f0000521_21104150.jpg

二の鳥居辺りから停滞になってくる


f0000521_20502561.jpg

本殿まで200m進むのに1時間30分かかる。

f0000521_20553779.jpg

f0000521_20560817.jpg
本殿前先頭までたどり着いた

f0000521_20573865.jpg

さらに規制がある

f0000521_20590137.jpg

f0000521_20594005.jpg

本殿前

f0000521_21004046.jpg

帰り道は東神門を出てJR代々木駅から帰宅。

f0000521_21095152.jpg


f0000521_21040309.jpg

元日の初詣の人では多いのは承知で来た明治神宮は予想道理だった。
幼いころの思い出はお正月で無かったが人が少なかったせいか本殿がもっと大きい記憶であったのが意外だった。
rai・mari・sarubiaと参拝で来た2018・1・1に感謝。



ロイヤルセンター10パーセント引き買い物に行く。
あとは冬眠。
2,060歩






















[PR]
# by beyonyo | 2018-01-23 08:16 | 房総半島の旅 | Comments(0)


f0000521_19492522.jpg

お岩水かけ観音   四谷  18,1,1

四谷怪談のお岩さんを祀る水かけ観音


f0000521_19494715.jpg
f0000521_19490724.jpg

f0000521_19495844.jpg

f0000521_19500896.jpg

                   戒名

f0000521_19502133.jpg

                      JR四ツ谷駅

f0000521_19503617.jpg
                            四谷見付
f0000521_19505500.jpg
f0000521_19510939.jpg
       四谷から新宿三丁目まで歩いて山手線で原宿へ明治神宮参拝。



昼前に桜井市に到着、谷首古墳、兜塚古墳、上の宮遺蹟など2時間散策、15時帰宅。
さん来客。
          11,309歩






[PR]
# by beyonyo | 2018-01-22 04:41 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_20471405.jpg

宇都宮城跡  栃木県  17,12,31

那須の温泉の帰り道近所まで来ているので立ち寄って貰った。

f0000521_20513349.jpg

f0000521_20522194.jpg

f0000521_20530653.jpg
伝説と言われているが、昔映画演劇、講談などで行く聞き耳にした宇都宮釣り天井事件。
江戸時代の元和8年下野国宇都宮藩主で江戸幕府の年寄りの本多正純が、宇都宮城に吊り天井を仕掛けて第二代徳川秀光の暗殺を図ったなどの嫌疑を掛けられ、本多家は改易、正純が流罪となった事件である。

f0000521_21021796.jpg

将軍が日光にお参りする日光社参、宇都宮城は将軍の宿泊場所となり、本丸には将軍のための御成御殿建てられた。
日光社参は幕府の威信をかけた大事業であり、城も城下町も大変な賑いだったと言われている。

戊辰戦争(1868)で建物の大半が焼失してしまい堀も次第に埋められて、当時の面影を偲ぶものはほとんどなくなった。


f0000521_21025078.jpg

f0000521_21032139.jpg

f0000521_21035119.jpg

f0000521_21043786.jpg
f0000521_21060776.jpg
f0000521_21050898.jpg



















f0000521_21072292.jpg
f0000521_21070906.jpg



















f0000521_21083327.jpg
f0000521_21082354.jpg





















f0000521_21102783.jpg

昨年も山金温泉に行くとき宇都宮を通過した時から気になっていた釣天井の現場、現在は観光的城跡公園になっているが、まさかここに来れるとは考えていなかった。



昨日も冬眠。Iさん来客。
744歩















[PR]
# by beyonyo | 2018-01-21 07:52 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_21311791.jpg


                    筑波山 車中より 18,12,30

f0000521_06190780.jpg


                大金温泉グランドホテル  那須烏山  17,12,30

f0000521_06180520.jpg


館内は船の形をしており先端が船先

f0000521_06182151.jpg

                 逆の船尻を望む

f0000521_06183423.jpg

f0000521_06193145.jpg
                  大金木の化石 

古代化石海水陸封型温泉、地下1,200mから湧き出しており、今から約1,300年前(ジュラ紀)の海水でカルシュウムイオンをた大量に含有し成分濃度14,300㎎/kgは全国でも非常に高い数値で、湯は塩分があり少し低温だがよく温まる温泉。

f0000521_06185772.jpg
                二階ロビーの窓より撮影




園芸、鉢の整理と配置転換。
朝8:00採血、午後検診異常なし、来月ペット次回3月9日受診予約。
S、Hさん来客。
                 2,275歩








[PR]
# by beyonyo | 2018-01-20 07:02 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_18452186.jpg

         保田道の駅  鋸南町  17,12,29

f0000521_20030448.jpg

        元小学校校舎 この道の駅は温泉施設もあり宿泊も可能。

f0000521_20113416.jpg
         付近を移動中無人のシクラメン販売を見つけ停車

f0000521_20143515.jpg

         即3鉢を買う、南房総ならでは鉢植えの無人販売所は初めての体験。

f0000521_20133972.jpg
f0000521_20135993.jpg

               少し移動すると菜の花畑

f0000521_20183133.jpg

鴨川市が観光のため農家の空いた田圃に菜の花を作り、一般の人が無料で自由に採れる畠に行き採取する。

二年前にも採取したが、あちらこちらに菜の花畑が点在している。

f0000521_20244347.jpg
              その間付近を散策してみる

f0000521_20242184.jpg
              年末なのにスイセンが満開

f0000521_20272173.jpg

         一か月前にオープンした木更津道の駅に立ち寄る

f0000521_20305643.jpg

            千葉名産のピーナツの看板に一枚


f0000521_20293123.jpg

               最後に木更津のアウトレットに行く

f0000521_20294575.jpg

f0000521_20290786.jpg
                年末の29日この日もよく遊んだ~



sarubiaの友人の畑に野菜を戴きに行く、午後寝室のテレビの台の下に小物を置く棚を作る。
盆栽棚の腐食した部分を取りコンクリーをするための鉄筋に代わりにビスと針金で下地をする。
                       1,465歩
















[PR]
# by beyonyo | 2018-01-19 07:13 | 房総半島の旅 | Comments(0)
芭蕉奥の細道出発地「採茶庵跡」から、芭蕉記念館に行く道中に江戸の歴史に出会う。

f0000521_11532551.jpg
               萬年橋  江東区   17,12、28

隅田川から別れ小名木川の河口に架かるトラス型の鉄橋、萬年橋を渡る手前清澄には、大相撲の北の海部屋、大嶽部屋(大鵬道場)、尾車部屋(元琴風)、錣山部屋(元寺尾)の部屋を眺めながら歩く。
まだ始業中の若い関取が表の掃除をしている景色は絵になるものだったが撮影は遠慮した。

f0000521_12352064.jpg

                川口の小名木川

f0000521_12352831.jpg
                 上が隅田川

f0000521_12380488.jpg


               北斎作  富嶽三十六景 萬年橋下

f0000521_12461994.jpg

f0000521_12470036.png

隅田川から別れた小名木川の河口に、江戸日本橋あたりに荷物を運ぶ船の番所があったところ。

f0000521_12522803.jpg
100mばかり行くと旧新大橋跡があり、元禄六年十二月この地の先、隅田川に架設起工し五十二日間で完成した長さ百閒福員三間七寸ある当時の橋名は両国橋と称していた。

f0000521_12474362.jpg
                  芭蕉稲荷神社

f0000521_13012386.jpg
                        深川芭蕉庵跡  稲荷神社境内

延宝八年から元禄七年大阪で病没するまでここを本拠として「古池や 蛙飛びこむ 水の音」などの名吟を数多く残し「奥の細道」の紀行文を著した。

大正六年津波襲来のあと芭蕉が愛したと言われる石造りの蛙が発見された。

f0000521_13341823.jpg

松尾芭蕉の足跡は過去随分と散策してきたが江戸深川の当時を偲ぶ遺品と出会い大満足の散策となった。


f0000521_13022741.jpg

f0000521_13031563.jpg

f0000521_13423045.jpg

f0000521_13425370.jpg
               近所にある芭蕉展望台入口

f0000521_13443343.jpg

                   芭蕉像

f0000521_13452778.jpg

f0000521_13460482.jpg

f0000521_13465061.jpg

               芭蕉像が眺める隅田川



f0000521_13470571.jpg

f0000521_13463137.jpg

f0000521_13485233.jpg
                     芭蕉記念館

f0000521_13494832.jpg

f0000521_13501797.jpg
                       記念館入口

f0000521_13511941.jpg

f0000521_13522960.jpg
                      芭蕉庵

f0000521_13531113.jpg

f0000521_13540723.jpg
             記念館の庭園にあるミニ芭蕉庵

f0000521_13564136.jpg

芭蕉の足跡を辿り江戸深川まで来たが、欲を言えば奥の細道の旅に出たい気分だが、足も疲れたが金も乏しい~
ゆっくり充電して飛び立つにも老体では・・・でも希望は持ちたい104.png




小雨の一日でありpcに集中。
            609歩




















































[PR]
# by beyonyo | 2018-01-18 08:12 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_08484743.jpg

松尾芭蕉・奥の細道出発地  江東区  17,12,28


f0000521_09015115.jpg
f0000521_08544370.jpg
















茶庵跡 

芭蕉は江戸に滞在していてここから「奥の細道」の旅に出発した。

f0000521_08551442.jpg

f0000521_09255029.jpg
採茶庵跡の前の景色

f0000521_09240134.jpg


f0000521_09283204.png


f0000521_09291752.jpg
f0000521_09290925.jpg











f0000521_09311071.jpg
f0000521_09310128.jpg











f0000521_09324842.jpg
f0000521_09322217.jpg











f0000521_09340759.jpg
f0000521_09335226.jpg











f0000521_09365043.jpg
f0000521_09363468.jpg











f0000521_09431865.jpg
f0000521_09430508.jpg











f0000521_09443146.jpg
f0000521_09441452.jpg










f0000521_09450396.jpg

f0000521_09444373.jpg











f0000521_09474221.jpg
f0000521_09471189.jpg











f0000521_09513413.jpg
f0000521_09482971.jpg












f0000521_09522654.jpg
清澄橋を渡って芭蕉記念館に向かう

f0000521_11484512.jpg




午前中Tさん夫婦来客。
午後、旅立ちをやめ、正月以来の温かさ14℃でもありメダカのケースを掃除をする。
意外に時間がかかり遅くなった。
1,169歩













[PR]
# by beyonyo | 2018-01-17 09:04 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_20494926.jpg


清澄園  江東区 17,12,28

f0000521_20522673.jpg

f0000521_20511545.jpg

f0000521_20541485.jpg
この地の一部は、一説には江戸の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。
享保年間には、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり、庭園のもとが形造られました。

明治十一年、岩崎彌太郎が、この邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造営を計画、明治十三年に「深川親睦園」を開園しました。
その後も造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周辺には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」として完成しました。

大正十二年関東大震災で大きな被害を受けた後、現在の庭園部分を岩崎家より東京市が寄付を受け、これを整備して昭和七年一般公開しました
昭和五十四年三月三十一日には東京都の名勝に指定されています。

入場券より抜粋


f0000521_21340857.jpg
伊予青石

f0000521_21351091.jpg
紀州石

f0000521_21355815.jpg

芭蕉古池の句

f0000521_21362045.jpg

f0000521_21373670.jpg
f0000521_21374940.jpg
f0000521_21375935.jpg

f0000521_21383174.jpg

f0000521_21390266.jpg
f0000521_21392300.jpg
f0000521_21393723.jpg

清澄園は紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と以前知って行ってみたい所だった。
後に三菱の創立者岩崎彌太郎邸宅と偉大な二人の住まいだった歴史に思いをはせ有意義な散策が出来た。

f0000521_21405016.jpg
「遥かなる夢」 紀伊国屋文左衛門像 和歌山岩浅 17,6,18






園芸、山茶花の鉢植えが満開を過ぎ、花柄の手入れ。
午後コノミヤ、郵便局などに行き、15:00過ぎから冬眠。
sarubiaの咳がひどく一人で夕食。

SHさんから「スマホおめでとう」のメールを戴く。(知らないはずなのに)
ラインから娘さんがスマホを持ったことに気付いたらしい。
早速機種を決めに行き買うことになっらしい。
近日仲間が出来そう~
さん来客
1,357歩



















[PR]
# by beyonyo | 2018-01-16 05:36 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_19584856.jpg

二の丸公園  九段下  17,12,27

f0000521_19590459.jpg

f0000521_19593569.jpg

f0000521_19595631.jpg

田安門

f0000521_20002723.jpg


f0000521_20011457.jpg

武道館


f0000521_20012354.jpg
f0000521_20013279.jpg

二の丸公園から新宿に行き東京都庁を歩いて往復する

f0000521_20233060.jpg
東京都庁

f0000521_20241170.jpg
新宿付近


車検が出来上がり取りに行く。
スマホ教室の為、息子が来て指導してくれる。
少しづつ進歩する。
1,164歩










[PR]
# by beyonyo | 2018-01-15 09:06 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_09335661.jpg

靖国神社  九段坂  17,12,27

f0000521_09352194.jpg

巣鴨とげぬき地蔵さん参拝のあと、神保町ー九段板から靖国参拝

f0000521_09401003.jpg

f0000521_09410180.jpg
終戦前に訪れた思い出の景色が懐かしい

f0000521_09443340.jpg

大村益次郎銅像

f0000521_09442504.jpg

f0000521_09450775.jpg

f0000521_09444238.jpg

f0000521_09474159.jpg

f0000521_09475018.jpg
f0000521_09480444.jpg

f0000521_09481928.jpg

靖国の鳩はみんな白い、一万羽に一匹しか生まれないというう真っ白な伝書鳩約300が鳩舎で飼育されている。

f0000521_09483376.jpg

毎年8月15日の終戦記念日の日に英霊に「ありがとう」の感謝の純白の鳩を大空に放つ集いが行われる。


f0000521_09485284.jpg


昭和20年敗戦以来長い年月の間、靖国の御霊に現在の平和の中で暮らせる感謝の気持ちをささげる為の参拝が出来て念願が叶った。



午前中Sさん来客。
昼に息子一家が来て外食後、新しくスマホに買い替えに行き帰宅後、入力の仕方を習う。
19:00外食をして店で息子らと別れる。
悪戦苦闘の中頭に入れるのに喉が渇きつかれる。137.png
息子らと離れると教わったことの半分以下だが、焦らず急がずに前向きで進むしかない。
バッテリーの容量がなくなり充電したら新規にパスワード入力になって、真夜中に入力したが、順番がわからず不正になってできない。14回失敗朝を待つしかないのであきらめる。
                      2,056歩
                      
















[PR]
# by beyonyo | 2018-01-14 08:32 | 房総半島の旅 | Comments(0)