ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

カテゴリ:道( 85 )

f0000521_23502838.jpg

                  斑鳩の里  17,2,13


仏塚古墳をめざし思いもよらぬ道を歩いた、斑鳩の三塔の一つ法輪寺から中宮寺墓所を過ぎ、歩いていたら廃車になった軽自動車が放置されている、周りの景色と溶け込みなぜか自然体のように感じた。




一昨日メダカのケースの鑑賞用蛍光ランプが切れて買ったが思う色でないので交換に行く。
昼食後、園芸作業場リホームの準備をしていたら、花菱来客誕生祝いを戴いた。重ねて芝さん来客、16:00過ぎまで雑談、そのあと息子一家が来てくれ、明日の誕生日の祝いに外食、孫娘の手酌でお酒を、老いた今日この瞬間感謝の祝杯になった。
人生終着に近い今日、何よりのプレゼントだった。
          2,271歩


[PR]
by beyonyo | 2017-03-05 00:44 | | Comments(0)
f0000521_4591968.jpg


           交差点の楠  門真市 16,10,14

f0000521_4594674.jpg


三ツ島付近を散策中珍しい風景にだった、小さい交差点の片隅に楠木があり一方通行でもないのに権利を視聴しているかのように生えている。
遠くから眺めると絵になり近所の人たちが大事にしていることがよくわかる。



園芸、流木に菊を植える。松の剪定を始める。メダカのケースを2個掃除。
                   3,381歩

[PR]
by beyonyo | 2016-10-17 05:23 | | Comments(0)
f0000521_2045182.jpg


      伊勢本街道 飼坂峠  三重県津市美杉町 16,9,11

f0000521_20453162.jpg


大和から伊勢へ最短距離で向かう伊勢本街道には、「お伊勢参りして怖いとこどこか、かい坂 ひつ坂 くらとり坂 つるの渡しか 宮川か」と謡われたように、多くの難所があります。

櫃坂(ひつさか)は上多気と松阪市飯南の間の峠で、鞍取峠は奈良県宇陀郡の曽爾村と御杖村の間にあります。
櫃坂を下って平野部に出ると危険を伴う川渡りが難所に変わります。
櫛田川の津留の渡しと宮川を越えれば、ようやく伊勢のまちに入ります。

中でも、飼坂峠は険しく淋しいみちで、山賊などの犠牲になった人たちを供養したと伝わる首切り地蔵や腰切地蔵が残っています。

江戸時代の国学者、本居宣長も大和から松坂への帰路、籠に乗って越え「徒歩の人はちょっと行っては立ち止まり、大きな息をして苦しそうだ。
又、荷物を担ぐ供の者は、ずっと遅れてくるが、つずら折りの急坂だから、すぐ足下にいるように見える」と記しています。
峠には、かつて休み茶屋があり、江戸期の旅の案内記には「ちから餅という小豆のもちが売られ、大勢の下女が客を引き止めている」とあります。

ここから多気宿までは、峠を越えて約一時間の道のりです。

伊勢本街道を活かした地域づくり協議会 風景街道「伊勢街道」連絡協議会 (説明文)

f0000521_20455868.jpg


f0000521_20462799.jpg


R368号線伊勢街道を走行中飼坂峠を横切るところを通り少しだけ下ってみた、首切り地蔵に行きたかったが駐車するところがなく諦めた。
江戸時代になると一般庶民もお伊勢参りが流行して賑わったらしいが、実際は何と淋しい所だった事が伝わってくる山道だった。
メダカ街道散策に来て立ち寄ったここも思いもよらぬ出会だった。  



彼岸のお墓参りに行きオオクワで買い物、芝さん来客一緒に田中に富士通のパソコンを持って行くが田中のパソコンが一体化の機種で合わなかった。
              4,773歩


[PR]
by beyonyo | 2016-09-23 07:54 | | Comments(0)
f0000521_2121690.jpg


            曽爾高原への道  16,9,11




メダカのケース定着の棚作りの作業で忙しい日だった。
完成は明日に持ち越したが家の中での七千歩動くのも久しぶりの事。
服部さん、花菱来客。
            7,117歩

[PR]
by beyonyo | 2016-09-13 06:04 | | Comments(0)
f0000521_552374.jpg


            ゴルフ場への道  16、6,24


  「右精巣腫瘍摘出手術」

5年前の春、右顎下腺手術の結果、脾臓に悪性リンパ腫の末期癌の診断を受け、抗がん剤投与の結果癌は消え今日に至った。

その間、年に3度のペット撮影検査を受け続けて5月23日15回目のペット撮影の結果6月3日の血液疾患の定期診断で、右睾丸に悪性リンパ腫瘍の疑いあり、早速泌尿科の診察を受け、6月21日入院22日手術と決定。

入院までの17日間、園芸その他の用事を済ませ当日を迎える。


21日(火)
9:30入院後、麻酔の説明を聞き、明日の手術の心構えなど看護師さんの説明を受け夕食から絶食。    3,666歩

22日(水) 
朝6時から水分も中止、10時浣腸、手術は予定より少し早くなり13:15希望の選択で歩いて手術室へ、昨日説明を受けた担当の看護師さんが迎えてくれた。
手術は出口先生と他5人の先生で、脊髄に下半身麻酔を腰を曲げエビの様な姿勢になり前からしっかりと看護師さんが抱いて支えてくれる一番危険な瞬間を無事に終わった。
手術は約2時間弱で無事に完了。

病室に戻り3時間30分後やっと水が飲めた、上半身はどこか体調が変な感じだが手術あとは痛みもなく経過していくが、尿道に入っている針が痛くて眠れない、看護師さんの勧めで座薬を入れてもらい楽になる、枕も出来ない状態が6時間過ぎ麻酔が覚める。    289歩

23日(木)
朝を迎え先生の往診、敵出した精巣を見せてもらった一見14~15センチ×3センチ鶏肉の様な感じがした。尿道の針を抜き身体中に着けていた管(パイプ)を取ってもらい看護師さんに付き添われ尿の量と色を記録する別のトイレに行く、尿道の針のあとが痛く排尿できない、無理に排出しようと頑張ると急に冷汗が滝のように、たちまちパジャマもずぶぬれ足も立っていられなく、急遽トイレの呼びボタンを押す。
看護師さん二人が駆けつけ血圧測定、70~40と急速に血圧低下帰りは車椅子(6度の入院で初めて)になる。麻酔の後遺症かも    729歩

24日(金) 
朝の往診で今日でも退院できるが傷口のあとの念のため27日退院の予定となり、風呂の許可も出て
13時の一番風呂に行く。  5,005歩

25日(土)
尿道の針を抜いてから46時間の尿量4,040リットル色も最低の黄色、完璧で記録も中止となる。
先生から摘出した腫瘍は新しい癌ではなく悪性リンパ腫の転移らしい、決定は7月8日に判ると云われた。

長男と孫が入院を知らずに来る。  5,212歩

26日(日)
土、日曜は風呂がないので看護師さんの勧めで16:00シャワーを浴びる。
明日退院の最後日を迎え痛みはゼロ出血もなく、通常は腫れて痛みが伴うと云われていたがそれもなく、麻酔後の動けない状態と尿道の管の苦痛がが印象に残った入院だった。
8,096歩

27日(月)
今回、入院になる以前親友H氏が5月25日に同じ病院に腸閉塞で入院、S字結腸癌と宣告を受け胆石10個胆汁などで5時間に及ぶ大手術を受けた。
同じ時季に共に癌の手術を同じ病院でして、同じ釜飯を食うという因縁を感じた。
手術後談話室で逢ったり、短い日数であったが売店で新聞を買って毎朝配達した。
彼の言うのに片方の球がなくなり傾かないように歩け、大笑いで握手して入院中の別れになった。

彼の娘さん二人が連日病室に来てくれ心丈夫な入院生活が送れた。

自然の環境の中の良い病室で先生をはじめ看護師さんの手厚い優しい介護を受け、早期発見と近代医学の素晴らしさに感謝して午前11時無事退院できた。



帰宅後、待ち受けていた盆栽の手入れで忙しい、sarubia のノルデックの友人が来客、帰り雨になり車で送る。無理をせず18:00で作業を終わる、変化のある一日が終わる。
9,206歩

     

     
[PR]
by beyonyo | 2016-06-28 09:52 | | Comments(0)
f0000521_6341872.jpg


        南朝ロマンの小道  天川村  16,6,8

f0000521_638716.jpg


f0000521_6382955.jpg


観音峰(1347m)と、みたらい渓谷に行く出発点、途中に後村上天皇が吉野から落ちのびられ籠った「観音の岩屋」があり、天川弁財天の裏に後醍醐天皇の宮跡があり、南朝の時代の道のハイキングコース。

ゴロゴロ水の水汲みの帰り道に立ち寄り、ロマンの道の起点だけ体験できた。




園芸、菊の土の不足分を作る。31,5度の強烈な日差しで植木が水分不足になり丁寧な水やりをする。
          3,234歩
              
[PR]
by beyonyo | 2016-06-11 07:38 | | Comments(0)
f0000521_07272688.jpg


        月の桂酒造  伏見下鳥羽  15,12,15


伏見散策を終えて、にごり酒「月の桂」を買いに下鳥羽へ古風な景色に出会えた。





葉菜の森に野菜を買いに行く。
ガードレールの隙間に4号鉢を8個置く棚を造る。
4,020歩


[PR]
by beyonyo | 2015-12-17 07:42 | | Comments(0)
f0000521_08042511.jpg


        斑鳩の道  法輪寺付近  15,12,10


近所の駐車場フエンスに車が当て逃げされ困って居られたので補修する。
午後、大和郡山城主「豊臣秀長」大納言塚に行き、額田部の窯跡を散策するが道が細く車ではいけないので徒歩でと考えたが雨になり、帰る事にした。
5,511歩


[PR]
by beyonyo | 2015-12-11 08:20 | | Comments(0)
f0000521_20253530.jpg

     京奈和道紀ノ川付近  和歌山打田  15,11,16


昨日「めっけもん広場」に行くと紀ノ川インターの先、岩出まで開通していた。
工事中を眺めながら「めっけもん」に通ったが間もなく終点和歌山までの開通が近日になった。




野菜を買いに「めっけもん」に行き、買った一部の野菜をカートに吊って忘れたのを帰って気が付き電話すると親切な方が届けてあったので再度取りに行く。
2回の往復200キロだが好天気の中秋の風景を見ながら苦にならないドライブだった。
3,218歩 






[PR]
by beyonyo | 2015-11-17 04:56 | | Comments(0)
f0000521_07012655.jpg


          はぎの咲く道  明日香細川  15,9,23 



橋本やっちょんに仏花を買いに、コーキングしたスイレン鉢に塗装する、
田井戸に菊とサンレモクインを持っていく。
4,054歩 


[PR]
by beyonyo | 2015-10-05 07:13 | | Comments(0)