ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

カテゴリ:古墳( 87 )


f0000521_04490254.jpg

黒姫山古墳  堺市美原  17,4,21

f0000521_04503235.jpg

f0000521_04513356.jpg
竪穴式石室復元

古墳の中に造られる石室は、死者を納めた棺を入れるために使用され、後円部に造られることが多い。
黒姫山古墳では、後円部以外に前方部にも石室が造られた。
前方部の石室は、前方部頂上とくびれ部との中間に主軸に沿って東西に長い長方形に造られ、扁平な河原石を平積みにし、8枚の砂岩製天井石でふさがれている。
そして、石室内いっぱいに24人分の甲冑や大量の鉄製武具、武器が収められ、棺を納めるためでなく副葬品を埋納するために造られたと考えられます。


f0000521_04533675.jpg

五世紀後半の古墳
石室の天井石、三枚の内の一枚(水路の橋に利用されていた。
付近にある廣田神社境内にあった。

f0000521_05025027.jpg

f0000521_05035230.jpg

f0000521_05075596.jpg

この古墳は古墳時代中期(5世紀中頃)に、美原地域で勢力を誇っていた丹比(たじひ)氏によって、築かれたともされていて、また、中世には砦として利用されていたことが発掘調査でわかっている。
付近には丹比の地名がある。

f0000521_05241573.jpg
古墳の横は高速阪和道美原インターとR309号線が交差し近年は大型店舗が次々と開店、一昔とは違う景色になっている。

f0000521_05290941.jpg

説明板を写す



園芸、菊の鉢の土の仕分け整理。
メダカ七種類で143個の卵を採取する。
芝さんが電機工事をしてくれ園芸作業場に40ワット2本の照明になった。
井上さん来客。
3,004歩







 








  


by beyonyo | 2017-05-05 06:15 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_06200940.jpg

    調子丸古墳
  斑鳩  17,2,13

f0000521_06203108.jpg
                      駒塚古墳より望む

駒塚古墳の南東100mほどのところにある小さい古墳。
聖徳太子の舎人、調子麻呂(つきのおみまろ)の墓とされている。
古墳から5mのところから土馬が出土している駒塚と近い関係もありロマンを感じるが、調子丸古墳は4~5世紀ごろの築造とされるが、使麻呂は7世紀後半まで在命であったらしい?




リホームの工事の基礎設定に時間がかかったが、午後芝さんが町会会計監査の書類を持って来て工事を手伝ってもらう。
井上さん来客。
              1,503歩 


by beyonyo | 2017-03-07 06:46 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_07194675.jpg

              中宮寺宮墓  斑鳩町  17,2,21

f0000521_07204131.jpg

f0000521_07210255.jpg

中宮寺の開祖ともいわれる聖徳太子の御母后(用明天皇皇后)大阪府南河内郡太子町より分骨され奉られている。





園芸作業場リホーム作業、午後sarubia、MRI撮影後、鑑賞魚の電球をホームセンタームサシに買いに、コスモスで買い物をする。
               3,484歩




by beyonyo | 2017-03-04 07:40 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_04413523.jpg


                 駒塚古墳  斑鳩町  17,2,21


f0000521_04420419.jpg

f0000521_04421329.jpg

聖徳太子の愛馬を埋葬したとされる古墳。

法隆寺前を東に行った国道25号沿いにある前方後円墳。
名称は聖徳太子の愛馬黒駒を葬ったとの伝承から由来する。

598(推古6)年太子は諸国に善馬を求めた。
黒駒は献上された馬の中から選び出された甲斐の名馬だった。

太子が死去したとき棺に寄り添い、皇子が墓に葬られるとともに息絶えたという。
「聖徳太子伝歴」より

築造は4世紀後半ごろと推定されている。





粗大ごみを出した後の続きに、長年仮の仕切りにしていたヨシズを取り除け、アクリルの波板にする準備をする。植木棚を取り除け掃除。
松源に買い物、芝さん宅にメダカの餌をやりに行く。
                 5,410歩


by beyonyo | 2017-03-02 06:11 | 古墳 | Comments(0)

f0000521_13004811.jpg
             仏塚古墳    斑鳩町  17,2,13

f0000521_13013006.jpg


                   聖徳太子一族の墓と言われている

f0000521_13015168.jpg


f0000521_13020956.jpg


                    広い田園の中にある仏塚

f0000521_13165437.jpg

法輪寺の無料駐車場に駐車して、
冷たい風が吹くがどこかのどかな雰囲気の中を歩く感触がとてもいい。
中宮寺の墓所を通り、斑鳩の斎場墓場を抜けて知らない風景の出会いもあった。


f0000521_09242750.jpg

                   法輪寺の塔



オークワに買い物。
忘れていた7CPを思い出しながら悪戦苦闘、やっと今日の送信につながった。
                     12,757歩



by beyonyo | 2017-02-15 09:47 | 古墳 | Comments(0)
 
           年末年始の千葉の旅 ⑪

f0000521_6222788.jpg

              
           長岡百穴古墳  栃木県宇都宮  16,12,30 

f0000521_6225962.jpg

7世紀前半頃に造成された横穴墓群と考えられている。現在52基が確認されほぼすべての穴の中の壁面に、室町時代から江戸時代にかけて彫られたとみられる地蔵菩薩や馬頭観音像が見られる。
f0000521_627969.jpg


    国道119号線走行中、rayが教えてくれて走行中撮った貴重な一枚になった。




園芸、全部の植木鉢に水やり不要な鉢の整理。
 午前中歩く。
           10、544歩

by beyonyo | 2017-01-17 07:21 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_6272257.jpg

                城山古墳(奈良)  川合町  16,11,30 


f0000521_6275353.jpg

川合町にある「大塚山古墳群」の一つ、全長109mの前方後円墳、築造は5世紀末から6世紀初頭、同じ時期では奈良盆地内で最大級の前方後円墳だそうです。
水田の畔などからも、二重の周濠があった可能性があると言われている。

f0000521_628779.jpg




園芸、菊の後始末、メダカの大水槽の掃除、服部さん宅を訪問、
   ヨガ、坂口先生来客。
                 10,887歩

by beyonyo | 2016-12-21 06:45 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_7251341.jpg


                 島の山古墳  川西町唐院  16,12,4

f0000521_7281517.jpgf0000521_7283858.jpg








f0000521_729301.jpg


f0000521_7295091.jpg


大和盆地の河川が合流する場にあり、交通の要所を押さえた場所にあることが大塚山古墳群と共通している。
又、川合大塚山古墳と島の山古墳の墳形規格が同じである点からも、この二つの古墳は関係が深いとみられる。  (ウイキペディアより引用)

f0000521_6372552.jpg

                      16,12,8撮影

                 太子の道を散策中に二度立ち寄って見た。



太子の道三度目の散策に行く、帰宅して間もなく芝、服部さんが来客、体の健康について談議。
                 6,351歩

by beyonyo | 2016-12-09 06:53 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_4332699.jpg


          大塚山古墳  奈良川合町 16,11,30

5世紀後半がら築かれた古墳で築造時の形をかなり変えていると言われている。
中世に吉田山城主義長がこの墳丘を河合城として利用したという。
明治40年には付近で大演習が行われ、墳頂部をかなり削平して明治天皇の本部が置かれた。
現在は田圃になっているが、周囲には周濠が巡らされていた。
後円部側に幅32m、全方部で40mの周濠の後が残っているという。後円部頂上に窪みがあり、周辺に石材が散乱しているとのことだが、このため、竪穴式石室が築かれていたと推定されている。


f0000521_4335281.jpg


全長215mと大型で、同時期では奈良盆地内で最大級の古墳とされ周辺の古墳7基を含め「大塚山古墳群」として(昭和31年)国の史跡に指定された。






園芸、咲き終わりの近づいた菊の整理、フレンチラベンダーとオステオルペルマの苗を植える。
 メダカ3鉢を屋内に入れる。しばらく菊の後始末が忙しい。
            3,295歩
by beyonyo | 2016-12-06 05:29 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_4551890.jpg


        和爾下神社鳥居  天理市櫟本  16,9,3

f0000521_4593100.jpg


                     社殿への参道

                  和爾下神社古墳


東大寺山丘陵の西麓大地に築造された前方後円墳である。
全長約120m後円部直径約70m高さ5m前方幅やく50mである。

前方部が短く端部あ両側へ撥形に開く特異な形態である。
当古墳と、東大寺山古墳、赤土山古墳、及びシャープ総合開発センター内に所在する古墳などにより東大寺山古墳群を構成している。

当古墳から東北約800mには和爾の集落があるが、この周辺一帯は、古代大和政権の一翼をになった和爾氏の本拠地と推定され、東大寺山古墳群は和爾氏の奥津城と考えられる。

内部主体や副葬品は明らかでないが、墳丘西側には石棺材があり、また昭和五十九年の防災工事に伴う調査において一基の埴輪円筒棺が検出された。これらの遺物により古墳の築造時は、四世紀末から五世紀初頭と推定されている。

                 (天理市教育委員会 説明文を写す)

f0000521_529244.jpg


                    和爾下神社社殿


和爾下神社古墳の上に祀られた神社で櫟本の地方にいた豪族の氏神であったが今は櫟本鎮守の神社である。

古墳の上に神社がある珍しい古墳いつか訪れて観たかった事が実現できた。
東大寺山古墳、赤土山古墳も次回行ってみたくなる。
現場は、西名阪国道天理インターを降りたところにある。



園芸、オキザリス球根(お亀石)を植える。菊「辻の柳」の手入れ。
植木手入れ用の回転台を作る。花菱にテレビの回転板を頂き利用する。
                   2,807歩

by beyonyo | 2016-09-06 05:50 | 古墳 | Comments(0)