ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

カテゴリ:テント村だより( 77 )

f0000521_7192570.jpg


              山中湖    16,10,15

以前富士五湖を強行日帰りしたとき山中湖から見た朝焼けの富士が懐かしい。

f0000521_7261275.jpg


                    朝焼け富士

f0000521_7272583.jpg


                  大蔵高丸への標識

f0000521_7292237.jpg


                    破裂射場出発

f0000521_7303478.jpg


                   水墨画の様な絶景

f0000521_7313845.jpg


                      天下石

f0000521_7324071.jpg


                   一輪のトリカブト

f0000521_7334148.jpg


                    オトシブミ

f0000521_7343516.jpg


                     滝子山到着

f0000521_7354691.jpg

秀麗富嶽十二景 四番山頂 滝子山



1番山頂 雁ヶ腹摺山(1874メートル)・姥子山(1503メートル)

2番山頂 牛奥ノ雁ケ腹摺山(1995メートル)・小金沢山(2014.3メートル)

3番山頂 大蔵高丸(1781メートル)・ハマイバ(1752.0メートル)

4番山頂 滝子山(1590.3メートル)・笹子雁ヶ腹摺山(1357.7メートル)

5番山頂 奈良倉山(1348.9メートル)

6番山頂 扇山(1138メートル)

7番山頂 百蔵山(1003.4メートル)

8番山頂 岩殿山(634メートル)・お伊勢山(丘陵地・約550メートル)

9番山頂 高畑山(981.9メートル)・倉岳山(990.1メートル)

10番山頂 九鬼山(970.0メートル)

11番山頂 高川山(975.7メートル)

12番山頂 本社ケ丸(1630.8メートル)・清八山(1593メートル)



二つの山頂が一つに数えられてるものもありますが、

今回は5つの秀麗富嶽十二景に登ったことになります。

f0000521_7393258.jpg


                  今回最後に観る富士山

f0000521_7404159.jpg


                    曲り沢峠

f0000521_7414387.jpg


                美味しそうだが毒キノコかも?

f0000521_743590.jpg


             木に挟まれ動けなくなったカビバラ君

f0000521_7444741.jpg


               景徳院の境内の中を通ってバス停へ

f0000521_7471595.jpg


                今回の大菩薩嶺縦断が終わる


今回の所要時間



【1日目】 8時間55分 うち歩行時間7時間10分

上日川峠(6:40)=大菩薩峠(7:55 8:10)=ランチ(9:00 9:25)=小金沢山(10:20 10:35)=

牛奥ノ雁ヶ腹摺山(11:15)=黒岳(12:40)=白谷ノ丸(13:00 13:15)=

湯ノ沢峠(13:50 水汲み 14:25)=大蔵高丸(15:05)=破魔射場丸(15:35)



【2日目】 6時間15分 うち歩行時間5時間10分

破魔射場丸(6:25)=大谷ヶ丸(7:45)=滝子山(9:05 ランチ 10:00)=景徳院(12:40)

                    (完)



9::00ヨガの場所取り予約して天川村洞川へ湧き水ごろごろ水を汲みに行く。
土曜日でもあり40カ所の汲み場も殆ど満車状態だったが運よく汲めた。
正午過ぎ帰り道で何台かの消防車と出会った、下から天川村に向かって登ってくる、帰ってニュースを見て山で遭難(弥山)13日救出の消防車だった。

又、河南町で高級乗用車が電柱に激突してまだ近所の人が救出の電話をしているときの生々しい現場を通った、しばらくすると??や救急車と対抗する。

登山家、田部井淳子さんの訃報を聞きショックだった、飾らぬ人柄が好きでいつもテレビで拝見し楽しみだったが癌と戦っていられた事は知らなかった。

又、小坂元文科相が悪性リンパシュウのために死去された。
いずれの方も自分より歳の若い人である

生死にかかわる四つの事柄に関わった昨日、元気で生かされている自分に感謝の思いが伝わってきた。
作日は殆ど車だったので、夕方少しウオーキングする。
                 5,859歩

            













by beyonyo | 2016-10-23 08:28 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_5571768.jpg


  大菩薩嶺縦断(テント村だより) (2) 16,10,15

          牛奥ノ雁ヶ腹摺山から次のピークの黒岳に向かう

f0000521_64043.jpg


                 香ばしいチーズペンキノコ

f0000521_652462.jpg


                     富士遠望

f0000521_66660.jpg


                一輪だけ咲いていたマツムシソウ
                   
f0000521_681583.jpg


           美人ママの居るお店のカウンターに7人の客キノコ

f0000521_611465.jpg


                   北海道のような風景

             大菩薩嶺縦断(3)に続く






園芸、松の剪定完成。朝、採血午後定期検診異状なく最近は尿酸値が4前後で安定しているので薬一錠を半分にすることになった。

2時過ぎ松の木に登っていたので気が付かなかったが地震があったらしく、千葉、明石、花菱が訪ねてくれた。

毎年の事ながら松の剪定が終わり、体調も異状なく昨夜の酒は格別美味しかった。
                 5,077歩

by beyonyo | 2016-10-22 06:33 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_324548.jpg


               朝焼け富士  16,10,15

中里介山の長編時代小説で知られた大菩薩峠からの富士山とチラホラの紅葉のテント村だよりがありました。
画像を追っての登山出発です~

f0000521_3343554.jpg


                  富士見小屋から望む

f0000521_3361022.jpg


                まもなく福ちゃん荘のデンバです

f0000521_3392663.jpg


                      介山荘

f0000521_3404866.jpg


                    紅葉と富士

f0000521_343987.jpg


               木々のバックのブルーが生える

f0000521_3463911.jpg


                   真っ赤な紅葉

f0000521_3482319.jpg


     足元にはは霜の付いた笹好天気の朝はかなり冷え込んだ様子

f0000521_3515698.jpg


f0000521_3535985.jpg


                    大菩薩峠

f0000521_355964.jpg


                右側に南アルプスと大菩薩湖

f0000521_356444.jpg


                 鞍部のオオカミ平に下る

f0000521_3581537.jpg


                    雲取山遠望

f0000521_3593424.jpg


                    奥多摩三山

f0000521_402763.jpg


                   ray撮影

f0000521_411454.jpg


               大寺山の仏舎利 ray撮影

f0000521_43251.jpg


                    富士遠望

f0000521_435871.jpg


f0000521_441740.jpg


f0000521_44599.jpg


牛奥ノ雁ヶ腹槢山 山頂 (この山頂名は日本で一番長い山頂名だそうです)

f0000521_4114234.jpg


                   山頂からの富士

f0000521_4131679.jpg


                    黒岳へ向かう 

                 大菩薩連嶺縦走(2)に続く 




昨日の疲れもあり松剪定は次の段取りをして30分ほどする。
車の無料点検、花菱来客。
              2,823歩



by beyonyo | 2016-10-21 04:23 | テント村だより | Comments(0)
        木曽駒ヶ岳(3)

f0000521_5104490.jpg


              岩ひばり  16,9,24

f0000521_5152883.jpg


f0000521_5162878.jpg


             ロープウエー駅からの道とまもなく合流

f0000521_5183025.jpg


                岩場を歩いてテント場へ

f0000521_520686.jpg


                 ガスの中のテント場

f0000521_5234826.jpg


               朝のテント場 16,9,25

f0000521_5263738.jpg


 山頂もガスガスだけど時たま強風が吹くとガスが取れ御嶽山が見えました。

f0000521_530235.jpg


               下山 8:15 ロープウエー駅に下る

f0000521_531586.jpg


              ガスが消えてスッキリしたテント場

f0000521_5331454.jpg


                 木曽駒ヶ岳に登る人の列

f0000521_5373714.jpg


    中岳に登るにつれて木曽駒の向こうに御嶽山が見えるようになった

f0000521_5402093.jpg


          あと15分くらい登ると中岳山頂富士山が見える

f0000521_543071.jpg


                   八ヶ岳遠望

f0000521_5461887.jpg


             鋸岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・間ノ岳

f0000521_5483885.jpg


             南アルプスの向こうに小さい富士山

f0000521_5501315.jpg


                     宝剣岳

f0000521_5511747.jpg


                   宝剣岳より下を見る

f0000521_5523566.jpg


               中山道も見える御嶽山はガスの中

f0000521_554174.jpg


            駒ケ根の街を挟んで南アルプスと富士山

f0000521_5555939.jpg


                   岩場に何かいる様子

f0000521_558891.jpg


                伊那前岳 昨日はあの稜線を歩く

f0000521_5595212.jpg


                  下山の人たちで渋滞

f0000521_611288.jpg


              千畳敷カールまもなくロープウエー駅

f0000521_632034.jpg


                滝 (ロープウエー車中より)

f0000521_645417.jpg


 ロープウエー駅からさらにバスで下る、このバスは急カブーが多くしっかりと捕まっていないと足元が危ない

山岳バスとロープウエーの運賃は高いが千畳敷カール2,612mまで登れる木曽駒の特許。

知らなかった千畳敷カールの上の別世界をブログして木曽駒から見下ろす中山道は特に印象に残る風景だった。

                    木曾駒ヶ岳(完)




園芸、一日中土の整理で忙しい、4日前に外した植木棚の補修は中々できない。
                2,964歩




by beyonyo | 2016-10-07 06:42 | テント村だより | Comments(0)
       木曽駒ヶ岳(2)

f0000521_825454.jpg


           木曽駒ヶ岳(2)  16,9、24

f0000521_8294329.jpg


f0000521_8302754.jpg


                   南アルプス遠望

f0000521_8312064.jpg


                    岩場を行く

f0000521_8322112.jpg


               森林限界ハイマツになってきた

f0000521_8335241.jpg


   鋸岳・甲斐駒ヶ岳・南アルプスの山々がガスの中から姿を現し始める

f0000521_8362536.jpg


                  変化する絶景の中を行く

f0000521_8384037.jpg


              船窪から一登りで見えた景色

f0000521_8412734.jpg


                   ここで休憩

f0000521_843471.jpg


                 先日登った空木岳が見える

f0000521_8445774.jpg


            振り返って見え隠れする南アルプスを眺める

f0000521_8463190.jpg


          色付く斜面に薄っすらとかかるがすも幻想的です

f0000521_8484561.jpg


                  乗鞍岳遠望

f0000521_8493267.jpg


                    八合目

f0000521_8501215.jpg


                    振り返って

f0000521_8504691.jpg


                 伊那前岳まであと一登り

f0000521_8525118.jpg


             千畳敷カールとロープウエーの駅が見える

f0000521_856713.jpg


                    振り返って

f0000521_857137.jpg


                    振り返って

f0000521_8574596.jpg


                 宝剣岳が近づいてくる

f0000521_9217100.jpg


            槍穂高が雲海の上に浮かんでいるたまらん絶景

f0000521_942683.jpg


                   連続する絶景

f0000521_952948.jpg


                    九合目

f0000521_10274667.jpg


             以前ロープウエー駅で買った登山記念品

            木曽駒ヶ岳(3)に続く




花葉の森に野菜を買い物。昼前に田中来客中偶然にも菱井が来客、前川さん宅の駐車場を借りる、16:00前まで楽しい話が続いた。
毎度の事、幼いころからの友が来てくれる環境に感謝。
園芸、夕暮れからラン3鉢植え替えて落ち葉掃き今年最大の落ち葉を掃き終わってやれやれと思った瞬間、一風で見事な葉が落下、明日朝にすることに諦める。
                  3,565歩

by beyonyo | 2016-10-06 10:32 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_1391588.jpg


               木曽駒ヶ岳(1)  16,9,24

f0000521_1413167.jpg


f0000521_1431917.jpg


f0000521_1442980.jpg


f0000521_145179.jpg


もう20年も前になるか三姉妹夫婦でロープウエイで日本一高い所にある「千畳敷駅」2,612mを降りると紅葉の千畳敷カールと出会った。
ロープウエーから下を見下ろすと沢や滝の絶景に感動した記憶がある。

又、紅葉の中で昼食したが、寒くて震え上がった記憶も思い出す、丁度9月の末だった。

f0000521_221890.jpg


f0000521_22361.jpg


f0000521_225253.jpg


f0000521_244936.jpg


まだキノコか!!鬱蒼とした山中を登るとき一本のキノコでも癒しになる小さな自然の出会いが楽しみになる。

f0000521_2913100.jpg


                   うどんや峠

      (うどんや峠の由来です。駒ヶ根市のHPより抜粋しました。)

北御所登山道の五合目は、清水平から初めて尾根道となる場所であり、空木岳など、中央アルプスの峰々が見える眺望の良い場所でもあります。大正時代には登山者の休み処でした。その頃は、山岳地帯をガイドできる人が少なく、里山は、そこに生活していた樵(きこり)や山師が案内をしていました。そして、五合目は、山岳地帯のガイドと里山のガイドがお客の引き継ぎをしていた場所でもあったのです。そこのナナカマドの老木に、矢立で「お休み処、ちょっと一杯ウドン・ソバあります」と落書きされていました。当時は地名表示の看板などなかったので、ガイド同士が打ち合わせの中で「五合目の尾根で何時頃…五合目とは…それそれうどんそばの落書きがある所よ…」と話していたところからうどんや峠の名が付けられました。

f0000521_2144162.jpg


f0000521_21537.jpg


                 マイズルソウの実

f0000521_2173576.jpg


                  キシャヤスデ

以前新聞でキシャヤスデが大量に発生して、汽車を止めたニュースを思い出した。

               木曽駒ヶ岳(2)につづく




植木棚の下に置いてあった菊の土を移動、棚の柱が腐敗しているのを取り替える作業に準備中、服部さん夫婦が来客、白メダカが大量に亡くなったとの事、約30匹ほど里帰りさした。
後すぐに芝さん来客、工事は明日になった。
                    5,291歩

by beyonyo | 2016-10-05 02:51 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_6363725.jpg

            空木岳庭園  16,9,17

    


f0000521_6392688.jpg


             枯葉も枯れ枝もキノコのわき役自然の絶景

f0000521_6395227.jpg


                   紅葉の始まり

f0000521_6411171.jpg

                  
f0000521_641425.jpg


                     駒石

f0000521_6424976.jpg


f0000521_6434874.jpg


f0000521_6444156.jpg


                ガスが演出幼想的な景色

f0000521_6473210.jpg


                   空木駒峰ヒユッテ

                    空木岳 完





 早朝3時30分起床、4時過ぎに朝食、町会の空き地にフリージャーの球根を植え、排水の溝を作り道路の砂を処理して水で洗う。
昨日の風で落ちた紫陽花の補修。
9時過ぎ田中来客、秋祭りの祝儀袋に連盟6人の名前を入れるパソコン作業が7から10に変わり縦様式にできない東芝に尋ねると有料2,500円馬鹿らしく断る。結局出来ず宿題となり、積話の雑談で昼食をはさんで15時過ぎに帰る。車を見送った後で家の前で転倒し左ほほにコンクリートのかすり傷の勲章を頂いた022.gif
毎日、動き回っているのに転倒する弱点を反省、さらに鍛える転換期と心得る。

そのあとすぐ入れ替わり、芝、服部さん夫婦が来客、メダカの設置ケースを観に来てくれ、更に長谷川さん来客18時過ぎまで立ち話。  九時間に及ぶ来客と接する一日だった。

幸い一夜を過ぎ朝を迎えても体の打ち身もなく不幸中の幸いだった。
                  3,560歩



by beyonyo | 2016-09-22 08:14 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_463433.jpg


              自然の業  空木岳  16,9,17



f0000521_495586.jpg


                    サルオガセ

1400~1500m以上の高山で見られる植物。
「樹皮に付着して懸垂する糸状の地衣」ブナ林などの霧のかかる森林の樹上に着生している。
宿り木の様なもの?

f0000521_410555.jpg


               宝剣岳から伊那前岳の稜線展望

f0000521_4401741.jpg





台風16号紀伊半島田辺付近に上陸の影響は紫陽花の(プラッチク)の植木鉢一個が落ちただけで済んだ。
雨の止まない一日を雨合羽で園芸作業をする。
風雨で落ちた濡れ落ち葉の掃除に一時間を要した。
花菱、mariが台風被害の電話をくれる。
                  3,813歩

by beyonyo | 2016-09-21 05:16 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_5193774.jpg


      空木岳 駒石  長野県駒ケ根市  16,9,17

          中央アルプス空木岳(2,864m)百名山

f0000521_5315423.jpg


f0000521_5322949.jpg


           甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・間ノ岳・農島岳

f0000521_5354023.jpg


               南アルプス 塩見岳

f0000521_5373172.jpg


                     ray 撮影



先日もらったプラッチクケースを洗いメダカを入れる。
盆栽菊の消毒でメダカ鉢にかかったので急遽水の入れ替えをして無事に済んだ。
芝さんに最後の稚魚、白32匹赤12匹を持ってって行く。
五月から稚魚の生産の作業が終わった。
約1,000匹の稚魚が494匹外出、205匹残る。

4年生4匹、2年生28匹、と共に来春まで冬越しすることになった。
            6,041歩

by beyonyo | 2016-09-20 06:09 | テント村だより | Comments(0)
f0000521_4123216.jpg


               ご来光  16,8,12

f0000521_4145151.jpg


              遠くにご来光を見る人達が見える

f0000521_4154535.jpg


f0000521_4163926.jpg


f0000521_4221121.jpg


                  周りの山々も赤く染まる

f0000521_4233915.jpg


                     まもなく山頂

f0000521_4245147.jpg


              トウヤクリンドウ ray撮影

f0000521_426119.jpg


          双六岳山頂ゲット(今回三度目) 5:35

f0000521_4331339.jpg


        黒部五郎岳・北ノ保岳・薬師岳  双六山頂より

f0000521_4355780.jpg


      大日岳・剣岳・立山・その手前は赤牛・水晶・三保蓮華岳

f0000521_4395694.jpg


                   鷲羽岳・野口五郎岳

f0000521_4411059.jpg


                      笠ヶ岳

f0000521_4434680.jpg


                  焼岳・乗鞍岳・御嶽山

真ん中の焼岳の下は上高知大正池、双六岳山頂から想像するのも登山のだいご味、何度も通った上高地が懐かしい
 

f0000521_4502450.jpg


                      槍アップ

f0000521_4515882.jpg


                      帰り道
                    
f0000521_4524673.jpg
 

                  テント場下山 8:25

f0000521_4591420.jpg


                この日も良い眺めに感動

f0000521_505485.jpg


              何の実か?もう少しいたら紅葉

f0000521_571492.jpg


                     ウサギギク

f0000521_582996.jpg


                     クルマユリ

f0000521_594456.jpg


                     チングルマ

           何枚もあるが逆光が綺麗と槍に敬意を表しアップ

f0000521_5143539.jpg


f0000521_515626.jpg


                    ヨツバシオガマ

f0000521_5171082.jpg


                    ハクサンフウロ

f0000521_5185164.jpg


                   引折乗越 9:45

f0000521_5205454.jpg


              ここまで来てもやっぱり 槍・槍・槍

f0000521_5225512.jpg


                    小屋に物資を運ぶヘリ

f0000521_5242325.jpg


                       鏡平

f0000521_5254693.jpg


                 シシウドヶ原 標識 11:55

f0000521_5295993.jpg


                      秩父沢標識

                 わさび平小屋まであと一時間

f0000521_5323944.jpg


           素敵な出会い アサキマダラ  ray撮影

f0000521_535153.jpg


f0000521_5353143.jpg


                  小池新道標識 13:55

f0000521_5371851.jpg


                     わさび小屋

f0000521_538136.jpg


                   山小屋の景色

f0000521_539958.jpg


               笠新道入り口に到着 14:50



25年前西穂高のゴンドラから見た笠ヶ岳、乗鞍スカイラインから見た槍穂の連峰を味わうため簡単にテントだよりブログするつもりで始めたら標識一枚もカットできない、山野草も遠望の山々の景色も角度が違えばまた絶景、パソコンの前で随分と歩いた。
6日間の山旅は実際登り下りしている錯覚さえ感じた。
素晴らしい残暑の山旅が出来た。
        
                raymari ありがとう


   八十路坂 ブログ登山で 笠ヶ岳  beyonyo



午後から萌結(孫)が夏休み最後のお泊まりで来る。

今日は和歌山貴志川線の絵手紙電車に乗り貴志駅長「二たま猫」に逢いに行くため早朝4時がら起きている。楽しそう・・・
                    3,271歩
                    

















                            
by beyonyo | 2016-08-29 06:45 | テント村だより | Comments(2)