ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

カテゴリ:登山( 6 )

f0000521_02335009.jpg

                       蜻蛉の滝  川上村  17,4,23

f0000521_02374417.jpg

再三来てみるが春の季節は初めて桜の開花に合わせて白倉山遊歩道を友人の服部さん夫婦の案内で散策した。

f0000521_17010096.jpg
あきつの公園の桜

f0000521_16413605.jpg
蜻蛉滝の落ち口

f0000521_16423736.jpg
さらに上にはエメラルドグリーンの淵がある

f0000521_16442480.jpg
白倉山コースを選び進む

f0000521_16471458.jpg
崖の悪路を登りちょっとした登山気分を味わう

f0000521_16465909.jpg
音無川をつり橋で渡り本格的な登山気分

f0000521_16511220.jpg
吉野山との分岐点行く先に吉野千本「西行庵」「義経の隠れ塔」に至るが
周遊路に向かう。

f0000521_16521780.jpg
滝めぐり散策路終着

f0000521_16574748.jpg
蜻蛉の滝入り口の音無川に戻り昼食の後、大滝から入之波(しおのは)温泉の奥地を散策して帰路に着く。
花と新緑のミニ登山は印象に残りそう~

      


盆栽の棚板が腐敗してきたので取り換えの下準備をする。
芝さん来客。小雨で休養の日になった。
               1,588歩







by beyonyo | 2017-05-07 07:37 | 登山 | Comments(0)



f0000521_18503931.jpg

     弥山登山口ガマの滝へ  奈良県  17,4,5

前日、弥山に行く事、服部さんと一致、御手洗峡まで順調にきたがここで通行止め。
やもうえず歩くことになる。

f0000521_19004793.jpg


天然の盆景を見ながら進む

f0000521_19024948.jpg
最後に来たのは何時だったか懐かしい風景と再会

f0000521_19051879.jpg

さらに奥に進む


f0000521_19061230.jpg
                ここから弥山登山口に入る

f0000521_19080586.jpg
             終着点を知らないのでこの地点で不安が過ぎる

f0000521_19113415.jpg
           冬枯れの景色の中苔の群生を眺め癒やされて進む

f0000521_22415343.jpg
                            ミニの滝

f0000521_22430083.jpg
           音無川へ下るがけ崩れで道がなくU字溝の上を歩くことになる

f0000521_22463748.jpg
音無川河原に来たが水の流れは全く無いこの先に弥山登山口があり滝があると聞き行くことになる

f0000521_22503295.jpg
                        三人は遅れだした

f0000521_22530140.jpg
               sarubiaは一人遠くなってしまった、この先思い心配

f0000521_22561254.jpg
        巨大な流木の根元は岩を巻きつけて流れてきた、水の恐ろしさを実感

f0000521_22591324.jpg
                  弥山登山口に到着、上り梯子も不安定

f0000521_23022997.jpg

                      ガマの滝

あきらめたと思っていたsarubiaが追い付いてきた、服部さんの主人がついて意外と早く到着。

f0000521_23081420.jpg

                  巨石の前で四人揃って休息

f0000521_23104772.jpg
                          後ろに残雪

f0000521_23123137.jpg
                  音無川を上ると熊に注意の掲示

f0000521_23161385.jpg
  出発地点に戻ったら18:35、往復4時間30分楽しさと不安の連続であった。

服部さんご夫婦は20年ほど前に来て、その時はもっと道が細くすぐそこと感じていたらしく、今回は通行止めもあったが、あの大きな流木が流れる洪水や20年の歳月で大きな変化が生じ誤算、山の恐ろしさを体験できた。

帰宅したのは20:00になった。
この日も留守中、町会長芝さんが何度も来てくれ、服部さん宅にも電話、日が暮れても帰らない四人306歳を心配、そんなこととは知らない我々は弥山の残響でルンルン、帰ったら不良老人のレッテルをつけられた(笑)
服部、芝さんのメダカトリオに感謝の弥山だった。


服部さん主人来客、午後泉左野にメダカを見に行く約束、服部さん夫婦と行く。
大峰山岳地図をイオンでコピーする。
2,766歩





























by beyonyo | 2017-04-11 08:58 | 登山 | Comments(0)
f0000521_08032646.jpg

                飯盛山山麓  野崎 17,4,2

      野崎観音の見晴台から更に登ると岩の間を山頂に向かう道と出会った。

f0000521_08030779.jpg
               手前にはつり橋がありちょっとした登山気分になる

f0000521_08035126.jpg
                  橋上からは大坂市内が展望

f0000521_08025327.jpg
                   飯盛山75分の案内に即下山と決定

f0000521_08040301.jpg
f0000521_08071915.jpg
f0000521_08052440.jpg
              梅田のビル街を見てミニ登山は終わる。



昨日の弥山の写真整理、泉龍寺住職月参りに来られる、西方院にお墓参りの時、花菱に寄る。
服部(奥)さん、芝さん、重山さん来客、昨日の疲れもなく慌ただしい一日が終わる。
2,705歩



by beyonyo | 2017-04-07 07:56 | 登山 | Comments(0)
f0000521_7253392.jpg


              三室山(竜田川より望む)  斑鳩町  16,12,4

f0000521_8102915.jpg


竜田川沿いにある標高82メートルの三室山に登山。

平安時代の歌人、在平業平や能因法師の歌など多くの歌人に詠まれていることで知られ、春は全山桜と秋はモミジの名所である。

f0000521_8174733.jpg

f0000521_8183722.jpgf0000521_8322736.jpg

f0000521_832503.jpg

f0000521_8202329.jpgf0000521_8204179.jpg







                           山頂休憩所と神岳神社

f0000521_8243233.jpg

                          山頂より斑鳩の町




定期検診、尿酸の薬を半量にし飲むのを忘れたりしているのに正常だった。
  12日近代病院ペット予約。
 田中宅へ見舞いを兼ねて行く。
 留守中、芝、服部(奥さん)が来てくれた。花菱も朝、採血中メールもらう。
             3,134歩

by beyonyo | 2016-12-10 08:47 | 登山 | Comments(0)
f0000521_1426660.jpg

       阿武山登山出発点  茨木市  14,1,25

古墳に行くために来たが立入禁止の標識があり、迷っていたら一人の登山者が来て一緒に入ることになった。山に入るとちらほら登山者と出会う。

f0000521_14355272.jpg

茨木市随一の名瀑と貴人の墓を結ぶ阿武山280,9m貴人の墓の散策の後登山者の勧めもあって山頂まで行く。

f0000521_14433399.jpg

                    出発点からの眺め

f0000521_14443734.jpg

                  山柿が沢山実を残していた

f0000521_14461519.jpg

                      ヒノキ

f0000521_14465934.jpg

         出発から900mの観測所付近に杖が用意されている

f0000521_1449364.jpg

             阿武山古墳を過ぎると分岐点に出た

f0000521_14505210.jpg

                     アセビ峠

f0000521_14532233.jpg

     根のある木に彫刻登山者が撫でるので艶があり生き生きしている

f0000521_14572552.jpg

                ようこその標識にホットする

f0000521_1458231.jpg

                  まだまだ上りらしい

f0000521_14594069.jpg

    
                    やっと展望が開けた

f0000521_1503858.jpg

                 山頂手前より空威方面を望む

f0000521_151137.jpg

                  安威川ダム工事のトンネル

f0000521_1515083.jpg


f0000521_152764.jpg

 
古墳から離れているのに貴人の墓の看板ここは茨木市側になっているらしい。

f0000521_1545563.jpg


f0000521_1552523.jpg

                   山頂の木像

f0000521_1575711.jpg

                伐採の木の手作りベンチ

f0000521_1585431.jpg

                  三等三角地点を確認

f0000521_15112236.jpg目的は藤原釜足の古墳を目指し、頂上まで来られてラッキーだった。クヌギ、などの雑木林が美しく名瀑と言われている竜仙ノ滝にも行って見たい。
駐車するのも観測所の門まで来れたので、短い登山ができた。


パソコンデスクの整理、年賀はがき切手当選3枚を頂く。
4,460歩

by beyonyo | 2014-01-30 09:59 | 登山 | Comments(0)
f0000521_5195739.jpg

        二上山雌岳山頂より金剛・葛城を望む 11,1,8

朝9時過ぎ二上を横目で見ながら一路、竹之内街道を橿原aruruのスポーツ用品店の15%引きハガキを持って登山用品の部品を買いに行き、大和からの二上を見ながら雌岳を望む。
好天気に恵まれ、毎日眺めて愛する二上雌岳に久しく来れた。
老体の足元は、今の所思うように進む己に感謝。


f0000521_5333576.jpgf0000521_5335767.jpg









昼食は、やきもち、鍋焼きうどん、寒暖計は1,5度を指すが体は十分に暖まった。
お隣のベンチは年配の男性3人組、茶瓶でお酒を燗して宴会中、周りの5~6組のグループも話が弾み食事中、冬山の午後の一時の景色を満喫しながら食事が出来た。

f0000521_5514620.jpg


目先は下界の景色、綴れ折れの山道は一転、南から西、北、と変化する私家の方向は懐かしい(笑)、
それも連日ウォーキングや車中から眺める二上からの逆転する風景に足は軽く下山できた。

f0000521_60149.jpg

               帰り道立ち寄った 「岩屋」

        「サザンカの  香り漂い  岩屋杉」    beyonyo

          2011,1,8 散策   (二上山雄岳)
by beyonyo | 2011-01-09 06:12 | 登山 | Comments(2)