ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

カテゴリ:房総半島の旅( 44 )

f0000521_08202382.jpg


        崖の石仏  千葉房総崖観音にて 15,1,4



以前の住まいしていた所に、幼い友が居た(現在横浜)すっかり様子が変わった今の情景を写真を撮りに行く、電話で10年ぶりに懐かしい声を聞いた今年秋に最終回の同窓会をするが来ると言ってくれた今から再会が楽しみ。綺麗なおば~さんになっているだろう
ロイヤルセンターに10%引き買い物
7、875歩  


[PR]
by beyonyo | 2015-03-03 08:44 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_06504875.jpg


           七福人  厳島神社  15,2,4


f0000521_06545988.jpg


              野島崎の白浜に鎮座する厳島神社


f0000521_07050747.jpg


                     厳島神社本殿


妹夫婦来客、北陸山中温泉のお土産を頂く。
メガネ補修に行く。
5,926歩




[PR]
by beyonyo | 2015-02-26 07:11 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_07310187.jpg


         冬晴れ  筑波女体山頂付近  14,12,27


男体山871m・女体山877mそう高い山でないのに変化があり、この付近からは体中が風景に溶け込んでいく、足は岩場を歩き目は変化する風景に集中し、巨樹のブナ越しに見た風景は絶景だった。


f0000521_08341724.jpg



          ★二日続きの寒い日、午後から灯油など買い物。
                        2,057歩





[PR]
by beyonyo | 2015-02-11 08:34 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_09322976.jpg


福徳稲荷社  八王子市高尾山  14,12,31


f0000521_09331669.jpg


福徳稲荷にはダキニ天という女神が祀られている、ダキニ天は必ず白狐に乗っています。
愛知県の豊川稲荷、岡山県の最上稲荷と祭神は同じでこのお稲荷さんは基本的に寺院に祀られるらしい。
普通お稲荷さんは赤い鳥居なのに、どりで鳥居が違うのに気が付いた。




園芸、石付盆栽の苔張り、sarubiaは午後からろうけつ染め、
夕方ウオーキング
8,708歩


[PR]
by beyonyo | 2015-02-07 06:55 | 房総半島の旅 | Comments(0)

              年末年始の千葉  17  回想

f0000521_09553171.jpg

                富士


             帰りのぞみ車中より  15,1,5


26日から5日まで連日暇なしに各地を案内してもらい、貴重な体験は何時までも思い出に残る事だろう。

11日間の各地から見た「富士山」は印象に残った。
特に31日歳の終わりに見た高尾山山頂がらの菱形富士とray・mari宅から望んだ新年朝の朝焼け富士は歳の変わり目に出会えた日本の風景であった。

又、巣鴨「とげ抜き地蔵尊」に行く都内の地名も懐かしい思い出が蘇り旅の楽しさが倍増した。

「野島崎灯台」は、昔ラジオで聞いた気象通報の、北緯34度54分06秒、統計139度53分18秒は特別のものがあった。
当時は地図で見てはるか遠い南房総の先端を頭の中で描いて聞いた、今その現地に居ることが不思議な様に思えた。

奇岩の「崖観音」の風景、「成田山」の初詣、「ドイツ村」の夜景、「アウトドアー」の買い物、
近回りが遠回りになった「洲崎灯台」休むことなく何度も散策した「谷津干潟」

[筑波山]のガマ岩や山頂の岩場から眺めた[霞ヶ浦]も忘れることが出来ない貴重な数々の思い出を大切にしたい。

高尾山で心臓狭心症で手術をして退院四日目の方に、アサキマダラ蝶の事で声をかけられ、18歳年下の方にパワーを頂き、その方も老いた私の元気をたたえて頂いた。
高尾山から望むワイドの風景を取って山頂などに設置されている方で、写真を頂く素敵な出会いがあった。

又、初日津田沼駅まで初対面に会いに来てくださったsarubia のブログ友人、ルミさんにもお礼を申したい。

長かった滞在中、一生懸命に接待してもらった、ray・mariとお母さんに感謝して「年末年始の千葉」ブログを終わります。

f0000521_09552210.jpg

f0000521_09551198.jpg


              出会いの方に頂いたワイド写真


f0000521_09554068.jpg


                   帰りのぞみ車中より


           出発から帰宅までの歩数  100,150歩

                       完




            ☆初不動さんにウオーキング
                       9,408歩








[PR]
by beyonyo | 2015-01-29 06:05 | 房総半島の旅 | Comments(0)



                年末年始の千葉 16


f0000521_05163699.jpg


          本州最南端 野島崎灯台  白浜町  15,1,4


f0000521_05180517.jpg

f0000521_05184942.jpg


f0000521_05195403.jpg


f0000521_05203791.jpg


f0000521_05225640.jpg

                   設計者 ヴエルニー氏


f0000521_05230936.jpg

f0000521_05235064.jpg

                   灯台テラスよりの眺め


f0000521_05254940.jpg

 

                  灯台テラスよりの眺め


f0000521_05270386.jpg


                      白浜海岸


f0000521_05274166.jpg

                   里見義実公上陸地

「南総里見八犬伝」で知られる戦国時代の大名、里見氏の初代、里見義実公が結城の合戦に敗れて三浦半島からここ白浜の野島崎に上陸したが1441年(1445年というせつもある)
義実公は白浜に居城を構え安房の国を支配していた。
安西氏、神余氏、丸氏、東條氏、の四豪族を打ち破って安房を統一し房総里見氏の幕開けとなりました。
(石碑の文を写す)


f0000521_05280921.jpg

                     白浜海岸


f0000521_05293136.jpg

f0000521_05301267.jpg


f0000521_10194152.jpg


f0000521_05371150.jpg


                    源頼朝公の隠れ岩



f0000521_05380077.jpg


                     伝説の岩屋



f0000521_05382734.jpg


f0000521_05394284.jpg

              誰が置いたか小さい人形が絵になっていた


f0000521_05413481.jpg


                     かっとびくん



f0000521_05414703.jpg


f0000521_05420136.jpg


                     21世紀へ
                     かっとびくん
源頼朝公や里見義実公が、白浜町の下立松原神社にて太刀を献上してこの地より
再起をかけ、源氏は再興しました。
下立松原神社は東国の軍神でもあり、大魚祈願を祈念する由緒ある神社です。
飛翔する願いを込めて全ての出発点からの成功を祈って白浜漁協からのメッセイジです。



f0000521_05424913.jpg

f0000521_05433007.jpeg

                      灯台入場券


f0000521_05435373.jpg


f0000521_05443333.jpg


                      白浜海岸


f0000521_05451730.jpg


f0000521_10303635.jpg

           本州最南端は暖かい極楽鳥も咲いていた。



泉佐野市にある允恭天皇の悲恋、衣通姫「茅淳宮跡」と泉南市の「畦の谷地蔵」を散策
付近にある、「お菊髪結いの松」はそばまで行ったが道が悪く中止する。
3,050歩











     




                 



[PR]
by beyonyo | 2015-01-28 08:07 | 房総半島の旅 | Comments(0)

                  年末年始の千葉 15


f0000521_17382166.jpg


         洲崎灯台  館山市  15,1,4


洲崎灯台は東京湾入り口の東端を示す標識で、大正八年十二月十五日に設置点灯された。
夜間は赤白互光の点灯で表示し、対岸の三浦半島にある剣先灯台(群内白緑互光)とともに、東京湾に出入りする船舶の目印として重要な役割を果たしている。


f0000521_17383097.jpg

f0000521_17384562.jpg


                 灯台付近の眺め(車中より)


f0000521_17385247.jpg

                     灯台からの景色


f0000521_17390216.jpg


                    ここもトンビが多い



f0000521_17391282.jpg

             中には入れないが東京湾の守りに満足できた。


f0000521_18443766.jpeg




曇り小雨の一日、歩くのを中止、車で市役所、ダイエーに行く。
歴代天皇をノートにメモ
1,324歩









[PR]
by beyonyo | 2015-01-27 04:52 | 房総半島の旅 | Comments(0)

年末年始の千葉 14

f0000521_18185972.jpg


                    伊古船形漁港より


f0000521_18214726.jpg


           崖観音  15,1,4


f0000521_18224987.jpg

f0000521_18295816.jpg

                      堂内


f0000521_18281786.jpg


崖観音で知られるこの寺は、普門院船形山大福治と称し、真言宗智山派に属する寺院。
この観音の本尊は、養老元年(717)に行基(668~749)が東国行脚の折に神人の霊を受け、地元漁民の海上安全と豊漁を祈願して山の岩肌の自然石に十一面観世音菩薩を彫刻したと言われている。



f0000521_18220795.jpg


f0000521_18311855.jpg


f0000521_18304526.jpg

f0000521_18303401.jpg

f0000521_19035275.jpg

                 お堂より船形漁港の町を望む


f0000521_18315177.jpg

                何故か?ここは真柏の古木が多い


f0000521_18222272.jpg

f0000521_18223897.jpg


f0000521_18382235.jpg

                  堂内より房総半島を望む


f0000521_18204501.jpg

f0000521_18202291.jpg


f0000521_18194729.jpg

f0000521_18200153.jpg

              伊古船形漁港でトンビを見物しながら昼食


f0000521_18342573.jpg

                  小鳥が恐れる鋭い(*^。^*)


f0000521_18210865.jpg

                      漁村の景色




午後から初天神に行き道明寺に立ち寄り、允恭天皇陵にウオーキング、東高野街道を歩く。
帰宅したら花菱が茎わかめの佃煮とアホエン(世界特許の栄養補助食品)と歴史掲載の新聞を持って来て置いてあった。
6,632歩





















[PR]
by beyonyo | 2015-01-26 05:00 | 房総半島の旅 | Comments(0)


                  年末年始の千葉 13


f0000521_18591714.jpg


          東京ドイツ村・夕暮れの富士 
                   15,1,3 pm17:08
                     千葉県袖ケ浦市永吉


f0000521_18594349.jpg

                満月ではないが綺麗な月が望めた


f0000521_19000438.jpg

f0000521_19004539.jpg


                    続々メイン会場へ


f0000521_19011331.jpg


f0000521_19015587.jpg


ドイツの田園風景をイメージ東京を頭につけたのは、東京湾アクアラインが開通して首都圏から近くなったことに由来しています。(パンフレットより)


f0000521_19014652.jpg


夕景の富士が見えているので携帯でサルビアとキヨリンに案内するが、富士は見えているよとこのイルミネーションのふじで満足している。
暗くなって人の見分けがつかず困った。



f0000521_19021731.jpg

               pm17:17まだ富士が望めた


f0000521_19023067.jpg


f0000521_19024138.jpg

17:19最後の富士山


f0000521_19025708.jpg
イルミネーション分かれ道


f0000521_19031043.jpg


虹のトンネル



f0000521_19032202.jpg


f0000521_19033495.jpg

f0000521_19034632.jpg

f0000521_19035973.jpg


f0000521_19041104.jpg


                 周りの光を消して猫がアップ


f0000521_19042525.jpg


           音楽に合わせてイルミネーションが点灯光と音のショー


f0000521_19043563.jpg

f0000521_19044652.jpg


            約200万個のLEDを使用したイルミネーション



f0000521_19045923.jpg


f0000521_19051232.jpg

f0000521_19052262.jpg


                      ロケット

   朝から巣鴨刺地蔵尊に行き、15時頃から東京ドイツ村に連れてもらった。



朝の関西ニュースを見ていたら和歌山由良の白崎海岸の水仙が映った。いつものように予定なしで8:45一路由良へ、菜花の里で野菜を買い物、水仙は盛りを過ぎてイマイチ、興国寺に立ち寄り帰宅の途中、和泉市の「ららぽうと」により遊んで18:00前に帰宅。
7,072歩











[PR]
by beyonyo | 2015-01-25 08:31 | 房総半島の旅 | Comments(0)


                  年末年始の千葉  12

f0000521_05573336.jpg


               錦糸町駅ホーム スカイツリーを望む


バスで総武線の津田沼駅に、錦糸町乗り換え中央総武線で秋葉原、JR山手線で巣鴨に到着


f0000521_05584355.jpg

                      秋葉原駅


f0000521_05585402.jpg


                     JR巣鴨駅


f0000521_05590631.jpg


                 駅前商店街を巣鴨地蔵商店街へ


f0000521_05592798.jpg


f0000521_06001492.jpg


f0000521_06032355.jpg

                     巣鴨地蔵商店街


f0000521_06010314.jpg


f0000521_06011524.jpg

      とげ抜きじ地蔵さん高岩寺  15,1,3


f0000521_06015076.jpg

f0000521_06024622.jpg

                   すがもんのおしり


f0000521_06030123.jpg

                      すがもん


f0000521_06040539.jpg

                  巣鴨地蔵商店街入り口付近


f0000521_06042926.jpg


        
          江戸六地蔵第三番「真性寺」 銅造地蔵菩薩座像
              ここも多勢の人で賑わっていた


            帰り道は巣鴨ー日暮里で京成に乗り換え谷津に戻る


f0000521_06051212.jpg


    京成日暮里駅ホームこの電車は、「ヤマモトカンサイ」のデザインの車両


f0000521_06053193.jpg

                 江戸川(京成電車車中より)


東京の地名が懐かしい終戦前は父方の伯母が世田谷に住まいしていて父と来たのと商売で来た時と重なりいつも東京に来るたびにその頃の気分に戻りとても懐かしい。



朝6時食事のあと絶食午後、近大病院にペット撮影に行く16時帰宅。
 朝から園芸、小鉢を土に埋めてあったのを元に戻す。
 3,021歩










[PR]
by beyonyo | 2015-01-24 07:31 | 房総半島の旅 | Comments(0)