ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

兵庫県小野市の浄土寺、浄土堂《国宝)は東大寺南大門と並んで我が国の建築を代表する最も大切な建物。
f0000521_12403840.jpg

浄土堂から随分離れたところに、観喜院があり山門を入り浄土堂の拝観をお願いすると若奥さん?が鍵を持って案内していただいた。中に入ると正に浄土の別世界であった。
20分ほど説明を聞く。
円柱から何本も突き出ている挿肘木、木鼻とこの挿肘木とを結ぶ力強さ、天井を張らずに化粧屋根裏を高いところまで見せる雄大さ、西の方角背面に透かし蔀戸が作られている。
f0000521_13141219.jpgf0000521_1314391.jpg
   







浄土寺パンフレットより引用させていただきました

土間以外は全部朱色に染められた、中央正面に木造阿弥陀如来と両脇侍立像があり阿弥陀如来の高さは5,3M あり三躯とも佛師快慶の作。
建物仏像ともに明治34年に国宝指定。
いずれも雲形の台座に立たれ屋根裏いっぱいまでの重量感で西陽の光が土間に映って朱色に反射して、仏様を西方極楽浄土よりの来迎の姿として浮かび上がらせる演出は鎌倉時代
建久三年(1192)に考えられた素晴らしい重源上人のお知恵、思わず心より手を合わす清い心になれた。
f0000521_13583862.jpg

         お堂の裏透かし蔀戸
f0000521_15203650.jpg

      ユーモアのある謎の石物
f0000521_1530588.jpgf0000521_15302657.jpg


   





     藤の花               瓦
 
f0000521_1538459.jpg

f0000521_1539094.jpg

                開山堂
f0000521_15432677.jpg

             重源上人像   
  浄土寺パンフレットから引用させて頂きました
夕日の反射で浮かび上がる仏様を今一度見たいものです。                
by beyonyo | 2006-04-25 15:41 | Comments(0)
春真っ盛りの中今年も満開のさくらを夢見て、明日香にドライブする。
今日は朝から風が強く黄砂がひどく三時ごろには視界がとても悪くなった。
遠い風景はだめ、これも春の変わった風景にめぐり逢ったと思えば幸いかな。・・・
f0000521_9585385.jpg

            稲渕の花畑
昨年は菜の花畑が多くカメラマンも多勢で賑わっていたが、今年は花畑も少なく寂しい風景であった。
f0000521_10101693.jpg

            甘樫の公園にて
f0000521_10131861.jpg

       黄砂の甘樫サルビアもシルエットに
f0000521_10174097.jpg

           黄砂に霞む・うねび山
何の花か小さな赤い実からめずらしい花が咲いていた。
f0000521_10312661.jpg

            甘樫の山中にて
急斜面を下る途中、日当たりの良い場所に紫の色が目に映る。自然の中に咲いてる野の花何輪か寄り添って、美しく装っている今日一番の嬉しかった出会いであった。
f0000521_10495618.jpg

           セイヨウキランソウ
by beyonyo | 2006-04-12 10:57 | Comments(1)