ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0000521_13235072.jpg

 高野山 中央の高いところが奥の院(町石166過ぎの展望台より)
世界遺産になって観光の人も多くなり、町石道を歩くことにする。
九度山 慈尊院《弘法大師の母公を祀る》を出発して昔の一丁(109m)ごとに建ってある弘法大師御廟まで180基の町石、その八割までは鎌倉時代に建立されたもので、今尚昔の面影をのこしているとの事。
f0000521_13425584.jpg

      慈尊院山門 (sarubia撮影)
f0000521_13451725.jpg

       弘法大師を道案内したゴン
 f0000521_13583453.jpg
f0000521_13591020.jpg




       丹生官省符神社拝殿

慈尊院から高野山大門を経て奥の院まで、24kmの参道を歩く。
今回第一回目は町石180~166まで14基約1,5kmを往復する。
f0000521_14123626.jpg

         最初の町石180町
f0000521_14142550.jpg

                   
     f0000521_15212689.jpg         f0000521_15214290.jpg    f0000521_15274423.jpg
      

       

  弘法大師厄除観音を祀る勝利寺
 f0000521_15294255.jpg 
f0000521_1501071.jpg








         町石  左166              右168



f0000521_1553286.jpg

            町石 167
f0000521_1592572.jpg

            町石 174 (sarubia撮影)
今日はスタート地点を歩いたが、これから先は登りが急になり先が不安・・・・・・ 
f0000521_1645772.jpg
 
        展望台より紀ノ川を望む          淋しい山中の往復でたった一人の、詣で人と出逢っただけ。絶好のシャッターチャンスもピンボケに終わる。次回に期待する。
f0000521_1615467.jpg
 
                完                               
             
[PR]
by beyonyo | 2006-10-31 13:49 | Comments(0)
f0000521_8321528.jpg

 フロントガラスにとまった「オオチャバネセセリ」蝶
     sarubia 撮影
[PR]
by beyonyo | 2006-10-31 08:39 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_1952339.jpg

             アワタケ
f0000521_19541173.jpg

            ニガクリタケ
f0000521_1955328.jpg

           ヌグリイグチタケ
f0000521_2004948.jpg

              ガンタケ
f0000521_2031538.jpg

            ワカサフサタケ
f0000521_2041822.jpg

            カワリハツタケ
f0000521_2065074.jpg

         ??一刀石の付近にて
f0000521_208158.jpg

          ??一刀石に行く道にて
[PR]
by beyonyo | 2006-10-27 20:11 | きのこ | Comments(0)
秋晴れに誘われて柳生の里を散策。
f0000521_16394259.jpg

昭和46,6,6 35年前NHK大河ドラマ「春の坂道」で賑わった時、田舎の村が急に多勢の人が集まり、歩き回ったのを思い出す。
平成8,9,2二度目今回三度目柳生の里。
f0000521_1705590.jpg

       旧柳生藩家老屋敷 全景
空も青く、さわやかな風と空気で気持ちがいい。奈良の市街を走っているときよりも目も、すきりとみえる。
f0000521_17113537.jpg

  神護山 芳徳寺 (柳生家代々の菩提寺)
f0000521_7105748.jpg

          柳生一族のお墓                                       今回は立ち寄れずに柳生観光協会のパンフレットを引用させて頂きました。
  f0000521_1725868.jpg
f0000521_17252922.jpg




     茶畑と杉林 一刀石に行く寂しい道
f0000521_18313532.jpg

         約7M四方の巨大石
 柳生宗厳が天狗を切り捨てたと思ったが、刀はその場にあった巨石を2つに割っていた。
 これを後世に、一刀石と呼ぶようになった。ロマンを想像!!

尋ねた場所は前回と同じところで、特別な感動は無かったが柳生の里の手前R369号線沿いに、忍辱山 円成寺がある。春日造りを思わせる、珍しい様式で、運慶20歳のの頃の作と言われる
大日如来像が安置されている。
f0000521_1902149.jpg

         忍辱山 円成寺
境内に浄土式庭園があり、清掃の行き届いた庭に「きのこ」が目に付いた。
先客の二人が「キノコ」の話をしているので聞いてみた。
親切に色々手に取り、説明していただく。この人「キノコ」の本を出版された「キノコ」博士??
6種類のキノコの名前を教えていただいた。
偶然にも好い人と出会い恵まれた、里めぐりが出来た。
f0000521_19202115.jpg

         円成寺の茶店
帰りは名阪福住インターから帰る。
f0000521_1926552.jpg
               円成寺からの雲の風景
       走行距離134キロ 



                                                                                                                                                                                                                                                    
[PR]
by beyonyo | 2006-10-27 18:21 | Comments(0)
今回は 「秋色の妻籠宿馬籠宿散策と木曽路三大名物食べ放題」《サンケイ旅行会》に参加する。
f0000521_13461658.jpg

         梅田出発AM7:45
f0000521_13481065.jpg

             妻籠宿
 f0000521_13485436.jpg
f0000521_13492754.jpg








 f0000521_13542970.jpg
f0000521_13545834.jpg






               
f0000521_13581143.jpg

f0000521_142569.jpg

        妻籠宿みやげもの店にて
f0000521_1441313.jpg

 f0000521_1471279.jpg
f0000521_147478.jpg







 f0000521_1491591.jpg
f0000521_1495052.jpg
                                                              




     蔵の喫茶店        藤村記念館
f0000521_1423362.jpg

           馬籠宿 「枡形」                                                江戸時代、名宿場の入口には枡形と呼ばれる宝間が設けられていた。この枡形は他の宿場には例のない急傾斜地に設けられたため、まさに城郭を想わせると解説してある。
馬籠宿は木曽11宿の一つで美濃との境にあり、急な坂道の両側に石を積んで家を建て、宿場の中央には本陣、脇本陣、問屋などがおかれて大名達の宿泊に備えられたほか、旅籠や飯屋が軒を並べていた。

中仙道を歩き、情緒のある体験が出来た。
馬籠で見たウメモドキの真っ赤な色が印象にのこる。妻籠から馬籠は峠を越えて昔は難所であったに違いない。峠の茶屋がバスの中から見えた。
もう一度来て見たい、心残りで木曽路を後に帰路に・・・・
出発AM5:15  帰宅PM9:00 所要時間15時間45分
[PR]
by beyonyo | 2006-10-21 14:06 | Comments(3)
能勢の道の駅に行き、穴太寺にお参り亀岡に行く。
途中に秋の良い景色に恵まれた。
f0000521_1821715.jpg

         保津川下りのりば付近
f0000521_18263721.jpg

           穴太寺付近にて
f0000521_18301387.jpg

           穴太寺付近にて
f0000521_18381024.jpg

  西国二十一番札所 菩提山 穴太寺 山門
 
  「御詠歌」 かかる世に 生まれあふ身の、
       あなうやと 思はでたのめ 十声一声

思うままにドライブしたが、有意義な一日になって満足。
[PR]
by beyonyo | 2006-10-20 18:22 | Comments(0)
朝から祭り太鼓の音で騒がしい。前と違って最近は連休や土日に行われる今日は本番の日、
だんじり囃子にさそわれ近所でもあり足はお宮さんの方に歩いている。
錦織神社は九ヶ所の在所からお宮参りをしてくる、だんじりが午前中に宮入する。
いつも静かで寂しい境内も、露店や人で賑わっている森の中を次々と9台のだんじりが
宮入してくる。
f0000521_713183.jpg

f0000521_7141524.jpg

f0000521_7143854.jpg

子供の頃に一度お宮さんに行き祭りの賑わいを体験したが、今日この雰囲気の中に来て昔が懐かしい。
f0000521_7223235.jpg

f0000521_7225923.jpg

錦織神社の地区に来て10年目に、初めてのお参り見物で、満ちたりた2時間であった。
f0000521_7293672.jpg

    
   「老いて聞く まつり太鼓も なつかしく」
          beyonyo
[PR]
by beyonyo | 2006-10-15 07:43 | Comments(0)
今回9年ぶりに息子夫婦と四人で大台ケ原に行く。
9時に駐車場を出発して日出ヶ岳に向かう。山頂付近で少し小雨になったが、そのあとは曇り
日で歩くには幸いした。
f0000521_8431183.jpg

           山頂付近
f0000521_84455100.jpg

    日出が岳 1,694,9M三角地点
山頂からの遠望は大峰山、高野山方面は見えたが熊野灘の海は視界が悪く見えない残念。
正木ヶ原付近では、ハウチワカエデの落ち葉を踏み歩く。
水溜りに動物の足跡があった。生き物の尊い水飲み場大自然の厳しい営みを目にして牛石ケ原にから大蛇嵓に行く。
f0000521_9134777.jpg

            正木ヶ原
f0000521_9151942.jpg

            正木ヶ原
f0000521_917157.jpg

          牛石ケ原付近
f0000521_9203380.jpg

          正木ヶ原付近
今度三度目の体験をするが、前回と違って山道が整備されて山中の公園の中を歩く感じ。
大台特有の立ち枯れ木や、倒れた木の根っこも風化して少なくなり、以前のような景色でない。
そのせいか、期待していた鹿との出会いもなっかた。
f0000521_9343553.jpg

          牛石ケ原付近
大蛇嵓と、しおから道の分かれ道から先大蛇嵓までの道は前と変わらなかったので良かった。
f0000521_9463019.jpg

            大蛇嵓
f0000521_949161.jpg

        大蛇嵓から北を望む
f0000521_9512195.jpg

       大蛇嵓から熊野灘を望む
今日の大台ケ原の印象
紅葉は来るのが早かったので残念であったが、朝走行中に美しい雲海を見たのと鹿の親子が道を横切るのを見たり、大蛇嵓では岩の絶壁に行くまでのスリルを皆で味わい楽しかった。
またキノコ9種類の撮影も出来、大台の記念になった。
   f0000521_10142931.jpg 
f0000521_10153583.jpg




                                                                                                                                     「ベニタケ」            「ホコリタケ」
f0000521_10311974.jpg

            かえりみち
何事もなく無事に5時ごろ帰宅、良い思いでが出来て感謝!!
   走行距離 180キロ                                                                                                                 
[PR]
by beyonyo | 2006-10-05 09:38 | Comments(0)