ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0000521_6385744.jpg

 嘉祥3年(850)に空海の高弟の賢恵が創建したと伝わる古刹 
          「仏隆寺」 参道にて07,9,26                                   
[PR]
by beyonyo | 2007-09-29 07:00 | 石仏 | Comments(0)

f0000521_6225285.jpg

         奈良県宇陀市榛原区赤埴 「仏隆寺」
    天然記念物・千年桜の根元に咲く彼岸花 07・9・26  
f0000521_6263317.jpg

f0000521_627656.jpg

          「仏隆寺」 参道にて 07,9,26
[PR]
by beyonyo | 2007-09-28 07:11 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_10592472.jpg

               「ざくろ」07・9・10
 今年の夏も無事に育ち小さい実を晩秋まで楽しませてくれそう。
[PR]
by beyonyo | 2007-09-10 11:06 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_1035325.jpg 藤原宮 大極殿院南門の説明会に行き、猛暑の                    テントの下で説明を聞く。
持統天皇が日本最初に本格的な都を造った藤原京、南門に立って儀式を行った場所。都が平城京に移るまで16年続いた。
藤原宮の周りが5,5キロ四方の広場、その当時は数多くの建物があったところ、広場に立って1、300年前のイメージで偲ぶ。・・・・・

f0000521_1133963.jpg

  「飛鳥藤原第148次調査」現地説明会資料を引用させていただきました。
f0000521_11102895.jpg


f0000521_1111244.jpg

f0000521_11143441.jpg

            基壇北東の角の剥ぎ取り
 f0000521_1117284.jpg
f0000521_11175396.jpg






               土出した軒瓦
 このほか土器などあったが調査の規模にしては出土物は少ない
f0000521_1140565.jpg

f0000521_11445778.jpg

              「階段一段目の石」
南門は1940年に日本文化研究所で部分的に調査が行われていたが東西を11個の石材を確認されていた。
今年四月からの調査で11個の石切を再確認し、石の無いところは後世に石を抜き取った痕跡があり、それを丁寧にたどっていった結果基壇の規模は、東西39,1m.南北14m.となることが判明し宮殿遺跡の大極殿院南門の中では、最大級のこと。
石材は(竜山石)兵庫県加古川下流右岸に産する石材らしい。
この石が北面階段の一段目として用いられたと考えられるらしい。
f0000521_1284987.jpg

         調査が終わったらその跡にこの柱を置く
f0000521_12254394.jpg
             
f0000521_1232251.jpg

               北西より現場を望む
f0000521_12275654.jpg

            会場付近より畝傍山を望む

 「続日本記」
大宝元年(701)正月条には文武天皇が大極殿に出御して元日朝賀の儀式を行ったとあります。その際正門(南門)に様々の(どうばん)旗を立てていました。大極殿院は天皇の儀式空間であり、特に南門は天皇みずから出御して朝堂院に参集した官人と対面する儀式の場でもありました。
 「飛鳥藤原第148次調査」現地説明会資料の中より引用させていただきました。
f0000521_1327617.jpg

             建物調査員が描かれた絵

           今回も勉強になることの多い説明会であった。               
[PR]
by beyonyo | 2007-09-09 13:38 | Comments(0)
f0000521_6544820.jpg

             朝のウオーキング中撮る
[PR]
by beyonyo | 2007-09-08 07:01 | 朝やけ・夕やけ | Comments(0)
f0000521_1442549.jpg
 
             「金山古墳にて」 07・9・7
全国でも珍しい日本最大の規模を誇る瓢形双円墳(国指定)
[PR]
by beyonyo | 2007-09-07 14:50 | 野鳥 | Comments(0)
f0000521_13515575.jpg

    「小さい秋を感じた雲」 金山古墳にて 2007・9・7
6世紀後半~7世紀初めに作られた、大小の円丘を合わせた双円墳の周りに堀のあとがある。
f0000521_13552856.jpg

      「葛城山遠望」 2007・9・7 河南町公園にて
今日も残暑きびしい34度の気温の中でも木陰の下は涼しい初秋の風が通る。
         
         
[PR]
by beyonyo | 2007-09-07 14:19 | 雲のある風景 | Comments(0)