ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2009年 06月 ( 51 )   > この月の画像一覧

f0000521_7531550.jpg

           「八丈小島の夕日 ht0853」
[PR]
by beyonyo | 2009-06-30 07:56 | 八丈島便り | Comments(0)
f0000521_5222590.jpg

           「吉野上市轟付近」 09,6,28
           
[PR]
by beyonyo | 2009-06-29 05:38 | Comments(0)
f0000521_6103444.jpg

           「誕生地屋敷跡」 09,6,14
f0000521_6121461.jpg

永禄3年(1560)長浜の石田町で生まれ、豊臣秀吉につかえ秀吉亡きあとは、豊臣家のために関ヶ原で戦い徳川家康に破れ近江で捕われ京都六条河原で処刑された。41歳
 辞世の句
筑摩江や 芦間に灯すかがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり

f0000521_6384618.jpgf0000521_63986.jpg






   「三成屋敷跡へ道しるべ」      「西郷隆盛の書」
f0000521_6452012.jpg

       石田町近郊の風景を見ながら賤ヶ嶽に向う。
[PR]
by beyonyo | 2009-06-28 06:51 | 太閤記 | Comments(0)
f0000521_495790.jpg

        「ニホン?モリ? アマガエル」09,6,23
                    和歌山県 雲雀山にて
[PR]
by beyonyo | 2009-06-27 04:25 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_6123167.jpg

              「山頂の大佛」 09,5,9
  栃木県高原山の最高峰、釈迦岳(1794,9)にて mari 撮影
[PR]
by beyonyo | 2009-06-26 06:20 | 石仏 | Comments(0)
f0000521_673397.jpg

          「東海汽船セメントサロン 0851」
f0000521_684829.jpg

         「淺沼組アスハルトプラント」 0852」
[PR]
by beyonyo | 2009-06-26 06:10 | 八丈島便り | Comments(0)
f0000521_83326.jpg

            「姉川古戦場跡」 09,6,14
f0000521_8101161.jpg

             「古戦場より小谷山遠望」
f0000521_8121575.jpgf0000521_8124310.jpg





     姉川の堤防血原の風景 減反で小麦の栽培が多い。
f0000521_8194684.jpg

f0000521_8215350.jpg

f0000521_8245827.jpg

f0000521_8264478.jpgf0000521_8382321.jpg









「姉川の堤川も草で生い茂っている」「堤防より徳川家康の本陣岡山(戦いに勝利したので勝山と呼ぶようになった。)」
f0000521_839532.jpg

      「姉川古戦場跡」 (この上の堤防から勝山が見えた。)
三田町の人たちが大勢で古戦場碑を掃除に来られ、色々と昨日の出来事のように親切に教えていただいた。
近くに伝正寺があると教えてもらう。
f0000521_8592225.jpgf0000521_8595622.jpg











f0000521_92577.jpgf0000521_922819.jpg









高さ2~3メートルの土塁で60メートル四方の中に伝正寺があり、三田村氏の館跡で姉川の合戦の時、朝倉景健の本陣として使用されたと考えられる。
「北近江城館跡群」の一つとして、平成19年国指定史跡となりました。
両軍の戦いで、最も有名なのが朝倉軍の武将で、刃長五尺三寸(約160センチ)の大太刃を振るって奮闘した真柄十郎左衛門直隆の討死です。
最初徳川家康の家臣であった向坂(サキサカ)式部と渡り合っていましたが、途中からその弟向坂吉政が十文字槍をもって助太刀に入り真柄の首を討ち取ったといわれています。
しかし「信長公記」には、真柄の首を取ったのは青木一重の記されており、姉川合戦を代表する逸話でありながらその伝える所は諸本によって多少異なっています。
         (姉川の合戦再見実行委員会) 説明板より

f0000521_9415189.jpg

       真柄十郎左衛門直隆の大太刃 (原寸大の刀)
三田町会の親切な方々のラッキーな出会いがあり、姉川の歴史を深くでき認識する事が出来、感謝の意で次の石田三成生誕地に向う。
[PR]
by beyonyo | 2009-06-25 10:07 | 太閤記 | Comments(0)
f0000521_7535257.jpg

              「八丈生コン 0848」
f0000521_755999.jpgf0000521_7552765.jpg










   「平光建設 0849」           「赤間建設0850」
[PR]
by beyonyo | 2009-06-25 08:01 | 八丈島便り | Comments(0)
f0000521_810342.jpg

      「北国街道・長浜の宿」 09,6,14 AM6:33
f0000521_815324.jpgf0000521_8153228.jpg







f0000521_816197.jpgf0000521_8163911.jpg







f0000521_8184520.jpg

             「長濱の地名起源歌碑」
            豊鑑巻一      長濱真砂
     君が代も わが代も共に 長濱の
           真砂のか須(ず)の つき屋(や)らぬまで

                           竹中半兵衛

豊臣秀吉公は天正元年(1573)浅井氏を滅ぼして小谷城主になったが、山の雪と寒気に悩まされ翌春より今浜城の建設に着手した。
地名を長浜と改め小谷城下や近郷から寺院や商家を移し、楽市楽座制度と三百石の地租免除の恩典を与え,商工業の発展に力を尽くした。
昭和48年長浜開町四百年祭を挙行するにあたり、豊太閣の遺徳を讃え、竹中半兵衛の子重門の著する豊鑑より自筆の歌碑を刻む。
                          豊国神社

最近の村町おこしで創った町と違い四百年前の繁栄していた面影が今も伝わる北国街道の宿場町長浜を散策し、姉川合戦場跡に向う。
[PR]
by beyonyo | 2009-06-24 09:20 | 太閤記 | Comments(0)
島の消防分団
f0000521_7582282.jpgf0000521_7585192.jpg







    「末吉分団0843」          「中之郷分団0844」
f0000521_822933.jpgf0000521_825037.jpg







     「大賀郷分団845」         「樫立分団846」
f0000521_862434.jpg

               「三根分団847」
[PR]
by beyonyo | 2009-06-24 08:07 | 八丈島便り | Comments(0)