ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2011年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 いつもbeyonyoの拙いブログにお立ち寄りくださり有難うございます。

去る3月14日に近畿大学病院にて顎下腺腫瘍の摘出手術をおこないました。
30日にPET診断の結果脾蔵に悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)が見つかり
本日治療のため再入院する事になりました。
不幸中の幸か20年ほど癌検診を受けていましたが、見つからず、このたびの発見はとてもラッキーでした。
幸にとても元気で、入院する実感がありません。でもこの幸運を病魔に打ち勝って、必ず二週間後に退院する覚悟です。
帰宅後ブログ再開節は、よろしくお願い申します。

f0000521_7195113.jpg

            「鳩」 天王寺茶臼山にて 11,3,25
by beyonyo | 2011-03-31 07:23 | Comments(2)
f0000521_6343351.jpg

             「慶沢園」 天王寺公園 11,3,25
f0000521_6375940.jpg


f0000521_6362887.jpg

美術館の隣りにあるので立ち寄った、早咲きの桜が寒い風にゆられて庭園の中を彩っている。
ビルの工事のクレーンは、完成すれば、西日本最大の近鉄百貨店、阿部野橋方面を望む
by beyonyo | 2011-03-30 06:52 | Comments(0)
明智光秀の首塚

f0000521_7145740.jpg

          「白川」 京都東山区三条白川橋 11,3,27
         石橋は、千日回峰を行う行者が通る橋 「行者橋」

f0000521_7172812.jpg

                   「光秀の首塚」

f0000521_7183995.jpgf0000521_7191172.jpg
















    「石塔はかなり古い」         「戒名・長存寺殿明窓玄智大襌定門

f0000521_7291591.jpg


f0000521_7302174.jpgf0000521_7304319.jpg
















 路地の奥に人が居るところが首塚   この場所は平安神宮と智恩院の中間

f0000521_7485842.jpg

                  首塚の前の路地

f0000521_751447.jpgf0000521_7585992.jpg










                     付近の景色

f0000521_753459.jpg

                「東山三条通りの白川橋」

f0000521_843491.jpg

                 白川を散歩するカラス AM10:58

朝6時出発途中、天智天皇山科陵に立ち寄り、光秀終焉の地三ヶ所に行き5時間で散策出来た。

                走行距離 181キロ
                歩数    12,860歩
by beyonyo | 2011-03-29 08:20 | 太閤記 | Comments(0)
明智光秀終焉の地小栗栖を散策

f0000521_734112.jpg

          「小栗栖・天満宮」 11,3,27 PM8:00

明智藪に行くのに、付近の月極めの駐車場にお願いして駐車させていただき、そのうえご親切に無料で駐車させてもらった。一番に目に止まった天満宮の早咲きの枝垂れ桜、陽春の朝の光に映えて綺麗だった。

f0000521_7463034.jpgf0000521_7465362.jpg










明智藪に行くのに道が入りこみ難所だが、道案内があり助かった、(右)は終焉地の前この先は行き止まりの様な感じ

f0000521_7515017.jpg

            「明智藪」 京都市伏見区小栗栖

ここが明智光秀の終焉の地、ここに来るのが永年の夢であった、今日この地に来て、少しは当時の面影が残っている景色に悲運の武将光秀の最後を偲ぶことが出来て満足。

f0000521_759772.jpg


f0000521_7592911.jpg


f0000521_813065.jpgf0000521_814753.jpg










       「藪の名残り」            「本経寺光秀の供養塔がある」

f0000521_871139.jpg

                「藪の名残り明智藪の奥」

f0000521_891421.jpg

                「小栗栖天満宮より望む」

終焉の地より1キロぐらいのところにある光秀の胴塚散策

f0000521_8165665.jpg

                    「光秀の胴塚」

f0000521_818967.jpg

               胴塚(右のはし)付近の景色

織田信長に謀反を起こし敗北した悲運の光秀終焉の地にしても胴塚にしても粗末な扱いで哀れを誘う気がした。
この後三条白川の首塚に向う・・・・・・・
by beyonyo | 2011-03-28 08:35 | 太閤記 | Comments(0)
f0000521_40196.jpg

            「茶臼山]左上は一心寺天王寺 11,3,25

天王寺美術館に行ったので60年ぶりに「大阪夏の陣天王寺口」の激戦地茶臼山に立ち寄ってみました。

f0000521_4301091.jpg


f0000521_4312056.jpgf0000521_4314357.jpg









f0000521_433171.jpg


f0000521_4334226.jpg

                  茶臼山より通天閣

徳川家康の茶臼山本陣に秀吉側の真田幸村との戦いがあったところ、幸村は一心寺の向かいの安井天神の境内で戦死(安い天神は、菅原道真が九州の太宰府に流される出発のところ)暦史に名を留めるところを久しく散策出来た。



 
by beyonyo | 2011-03-27 05:36 | 太閤記 | Comments(0)
f0000521_7502345.jpg

    「春の萌し二上遠望」 河内長野市役所駐車場にて 11,3,24
by beyonyo | 2011-03-26 07:54 | 雲のある風景 | Comments(0)
f0000521_5391473.jpgf0000521_5394155.jpg













         「ツクシ  と  ホトケノザ」 小金台にて 11,3,22

日課で続けている散歩道で春の息吹を頂きました。
つくしは、写真だけでなくレジ袋にいっぱい採取ご近所2軒にも分けました。
ウオーキングは中止、つくしと夢中の2時間を過ごしました。
by beyonyo | 2011-03-25 06:07 | Comments(0)
東日本大地震M9,0と観測史上最大級の地震による、大津波は甚大な被害をもたらしました。

この地震で亡くなられた多くの方々の、ご冥福と多くの安否不明の方々が一人でも多くの命が救われる事を心よりお祈り申し上げます。

また、被害された皆様が一日も早く安心して過ごされるように願っています。



私事 十一日に近畿大学医学部附属病院にて、右顎下腺腫瘍敵出手術のため八日間の入院生活を体験しました。
入院中は何かと励ましのメールやお電話をいただき厚く御礼申し上げます。
手術後の経過も良好で、心身とも元気回復となりました。
入院してベットに座った瞬間地震があり七階の病室もかなり揺れました。入院中のテレビ報道を見て被害に遭われた方々を思うとき、命の尊さを教えられました。


本日よりブログ再開します。どうぞ宜しく・・・・

f0000521_9314630.jpgf0000521_932515.jpg








        PLタワーと二上山 7階病室より望む 11,3,17

       何処にいても見守ってくれる二上山にも励まされました。
by beyonyo | 2011-03-24 09:45 | Comments(0)
f0000521_5204810.jpg

          「干潟の引き潮」 千葉県谷津にて 11,2,2

  いつも「beyonyoの旅日記」を見ていただき、ありがとうございます。
       約一週間ほど工事しますのでお休みします。
       再開の節は引き続き宜しくお願い申します

                  2011,3,11
by beyonyo | 2011-03-11 05:52 | Comments(0)
播磨の小京都龍野NO3
f0000521_624999.jpg

                 「童謡の小路」 11,3,5

龍野は、三木露風のふるさと童謡の傑作「赤とんぼ」と並んでの名作、七曲を全国から募集した歌碑を建った前に立つと、メロディーがながれる小路を辿る。
急な山道を登る途中にあり、息絶えそうな時、句碑の前でセンサーから流れるメロディーは格別の思いで聞く事が出来た。

f0000521_626053.jpgf0000521_6262079.jpg










       「小さな秋みつけた」               「月の砂漠」 
サトウハチロウ作詞・中田喜直作曲       加藤まさを作詞・佐々木すぐる作曲

f0000521_6323629.jpgf0000521_6343890.jpg










      「みかんの花咲く丘」             「叱られて」 
    加藤省吾作詞・海沼實作曲    清水かつら作詞・弘田竜太郎作曲 

f0000521_6522119.jpgf0000521_6524057.jpg 











        「夕焼小焼け」                「里の秋」
    中村雨紅作詞・草川信作曲       斉藤信夫作詞・海沼実作曲

f0000521_6593477.jpgf0000521_6595328.jpg








              「七つの子」
        野口雨情作詞・本居長世作曲



f0000521_751068.jpg


                  「赤とんぼ」の歌碑
            三木露風作曲  ・  山田耕作作曲

 
f0000521_711191.jpg


f0000521_7121532.jpg
 

                 「三木露風の銅板」

 
f0000521_714920.jpg


f0000521_7144573.jpg
 

他に山田耕作先生の自記筆の普選の銅板があるが(左端)ほとんど読めない。

f0000521_720502.jpgf0000521_72175.jpg 








                   「三木露風の生家」

f0000521_725679.jpg

 
             旧邸付近の道、奥に龍野城が見える。

f0000521_7274275.jpg

生家がら徒歩5~6分のところに旧邸跡がある、現在は建て替えて他の人のお住まいになっている。
石垣は旧邸のものか、勝手に想像する。

f0000521_7333133.jpg 
旧邸の付近は脇坂藩の武家屋敷が並建ち、播磨の小京都にふさわしい風情がある。
長年想い続けてきた、「赤とんぼ」のふるさとを尋ねる事が、老いた誕生日に実現でき感謝する。emoticon-0100-smile.gif                                                              
by beyonyo | 2011-03-10 07:53 | Comments(0)