ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

     藤原京より大和三山を望む

f0000521_740853.jpg

                   天香久山  藤原京より 11,10、29

f0000521_7422116.jpg

                            耳成山

f0000521_745869.jpg

                             畝傍山

f0000521_7464938.jpg

                            畝傍山
f0000521_7481339.jpg

                           二上山

f0000521_7505296.jpg  
大藤原京と想定された規模は5,3キロ四方で、「平安京」や                                「平城京」しのぎ大和三山を内に含む規模であったと言われている。

  (二上山写真左)の盛り土は今も発掘調査が続いている。
[PR]
by beyonyo | 2011-10-31 08:24 | 明日香散歩 | Comments(0)
f0000521_7355290.jpg

            休息中のコンバイン  11・10・29
                     天香久山を背に 藤原京にて

f0000521_745451.jpg

                         田んぼの工場  
   休憩しているコンバインから筒を伸ばし、そこに軽トラが近づき、 アット言う間の収穫。

f0000521_7543696.jpg
 
             10分たらずで軽トラ満タンに、近代の農作業を見た。

f0000521_80118.jpg

             刈り取りを終わり、来春まで休耕に・・・ 畝傍山を望む
            
[PR]
by beyonyo | 2011-10-30 08:24 | 明日香散歩 | Comments(0)
f0000521_6473127.jpg

       十一月竣工を待つ塔 願昭寺 富田林市伏見堂 11,10,28

f0000521_648589.jpg

              最後の仕上げの作業に取り組む大成建設の人々

願昭寺・目白不動本尊は樹齢800年のクスノ木を一刀彫した仏像を拝顔出来た。
[PR]
by beyonyo | 2011-10-29 07:18 | Comments(0)
f0000521_7543341.jpg

              蔦の芸術  有馬街道にて 11、10、27
[PR]
by beyonyo | 2011-10-28 08:01 | Comments(0)
f0000521_403638.jpg

                         光滝寺不動堂
                     井上喜代一氏のスケッチ
                         1964,11,3

大阪近郊の桃源境、滝畑の奥まったところ、蔵王峠をこえるともうすぐ紀州妙寺という山奥に、無住の光滝寺がある。
夏のキャンプシーズンがすぎると、森閑として、耳を澄ますともみじの散る音さえ聞こえそう。
茅葺きの屋根がかたむいて、すすきが茂り、杉、桧が芽生えている。
うっそうとした木陰を漏れる山峡の日あしは早い。
自転車で出かけると、スケッチ一枚が精いっぱいだ。      
                                 井上喜代一   文


f0000521_422621.jpg

                光滝寺不動堂  11、10、17
f0000521_4412779.jpg


スケッチされたお堂は建て代わり、正面からの撮影は出来ないけれど、百景にふさわしい風景に出会った。
この奥には大滝をはじめ素晴らしい渓谷のキャンプ場が有り、夏休みの頃は、焼肉の煙と臭いが立ちこめ賑わうが、秋になると人気がなく一転素晴らしい静かな佇まいになっている。
何年前か亡きともと訪れて以来久しく来た山峡が懐かしい。

f0000521_4421516.jpg


f0000521_4432361.jpgf0000521_4483738.jpg

















f0000521_4463366.jpg

                         光滝寺本堂
f0000521_451402.jpg

紅葉の始まる今日、本堂の横で石楠花の花が咲いている。
一輪のシャクナゲは色鮮やかにグリンの森に映え、特に印象に残った。
[PR]
by beyonyo | 2011-10-27 05:07 | かわちながの百景 | Comments(0)
 篠山城・武家屋敷

f0000521_814716.jpg

f0000521_8142863.jpgf0000521_8145161.jpg








f0000521_8152525.jpgf0000521_8154252.jpg








f0000521_8161036.jpg

f0000521_8171060.jpg


慶長14年(1609)篠山城が完成し城の西側の外濠にそって南北の通りをつけ西側に徒士を住まわせた。
天保の火災で焼失したが、そのとき建てられた屋敷が今も面影を残している。

                   篠山城跡 こちら
[PR]
by beyonyo | 2011-10-26 08:37 | Comments(0)
f0000521_673065.jpg

                           島谷の雨 
                      井上喜代一氏のスケッチ
                         1985,5,24 
                         
予定通り雨でも決行することになって、写生会の一行八名が島谷の一本道を一番奥まで歩いた。
女性が多いので、色とりどりのコートや雨傘、それにおしゃべりがにぎやかだから、静かな山村をちょと驚かせたようだ。
高いところの家ゝから一斉に眺めておられるのが見える。
村の出来事は、一瞬にして村中に知れ渡るのではないかしら。
少し引き返して、それぞれ適当な雨宿り場を捜して写生する。
田植えの準備が終わった山田に雨が降る。
                         井上喜代一    文


f0000521_6291584.jpg

                       島谷の雨   11,8,31

f0000521_631341.jpg

                        雨に煙る島谷

f0000521_635740.jpg

                       島谷の里最終地点

先日来たときは、急な大雨になり車から出られない状態でやもう得ず引き返した。
今日も又雨の散策になって、景色は島谷の雨タイトルそのものである。
帰り道家の軒に腰をかけ雨にけむる谷の前の山を眺める老人の姿が心に残った。
[PR]
by beyonyo | 2011-10-25 06:51 | かわちながの百景 | Comments(0)
f0000521_75820.jpg

                    信楽まつりにて  11,10,9
[PR]
by beyonyo | 2011-10-24 07:11 | Comments(0)
f0000521_11275775.jpg

                    有馬街道   舟坂付近 11,10、18
[PR]
by beyonyo | 2011-10-23 11:33 | Comments(0)
f0000521_8451114.jpg

                     第一埠頭河口  舞鶴大和橋より 11,10・21・

f0000521_8464041.jpg

                       河口に添って立ち並ぶ町家

お墓参り途中、舞鶴港第一埠頭に立ち寄ってみた。
時間がなくゆっくりした散策は出来なかったが、自衛隊の基地と違った、庶民の湊町の風景を見た。
帰りは丹波篠山に立ち寄り、秋の田園風景の中をドライブ出来た。

                       出発  AM    6:15
                       帰宅  PM   18:30
                       走行距離   312,4キロ
[PR]
by beyonyo | 2011-10-22 09:24 | Comments(0)