ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2014年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

f0000521_13123031.jpg

            無尽山 荘厳院  地蔵寺

                  徳島県板野郡  14,3,21

f0000521_1313480.jpg

                        本堂
本尊の勝軍地蔵菩薩は高さ1寸八分(約5cm余りで甲冑を身に付け馬にまたがるという勇ましい姿。
弘法大師が刻んだと言われている。

    御詠歌  「六道の能化の地蔵大菩薩導きたまえこの世後の世」

f0000521_1334533.jpg


f0000521_1315096.jpg

                   樹齢800年の大銀杏

f0000521_13152486.jpg

             

f0000521_13154470.jpg

                        参道

f0000521_13161066.jpgf0000521_1316276.jpg








山門前で二件の露天店が出ていて、鳴門金時、とレンコンを買う。
隣では遍路夫婦が買い物、軽トラダンプの人参は不良品で売りものにならず捨てるので、いくらでも頂ける、良さそうなのを少し頂いたが、ジュースにしたた、十分価値か有り美味しい。
帰り鳴門道に入る前一面ビニールハウス畑が有りイチゴハウスと思ったら人参栽培だった。











f0000521_1318244.jpg

       五百羅漢にゆく参道はおそ咲きの梅が満開だった。


園芸、白八重咲き大文字草、赤千寿の2鉢を植え替える。
メイちゃんといちご狩りに行く予定も雨で中止、夕方ダイエイに買い物に行く。





[PR]
by beyonyo | 2014-03-31 07:24 | 四国八十八ヶ寺巡礼 | Comments(0)
f0000521_18323432.jpg

           黒巖山 遍照院  大日寺

f0000521_18351956.jpg

ここも朱塗りの山門、この門は上部が鐘楼になっている鐘楼門だが一階部分が角柱二階部分が丸柱という変わった建物になっている。

f0000521_18353332.jpg

                       本堂
弘法大師が長く滞在して、一尺八寸(55cm)の大日如来を彫って本尊にしたという。
大師は本尊にちなんで寺号を大日寺にして第四番にした。

      御詠歌  「眺むれば月白妙の夜半なれやただ黒谷に墨染の袖」

f0000521_18361182.jpg


f0000521_18432936.jpg



園芸、お茶の木、松5鉢、フ入りセキショウ、白オオダテ、つた、ギョリュウバイ(田辺)、うるし、フタバ、を植え替え、メイが来て二夜お泊り。


[PR]
by beyonyo | 2014-03-30 06:32 | 四国八十八ヶ寺巡礼 | Comments(0)
f0000521_17273330.jpg

       
       第三番 亀光山 釈迦院  金泉寺

                   徳島県板野郡  14,3,21

f0000521_17345190.jpg

                        本堂

   御詠歌  「極楽の宝の池を思えただ黄金の泉澄みたたえたる」

f0000521_17384320.jpg


f0000521_17385646.jpg

                        観音堂

f0000521_17393968.jpg

                    境内より山門を望む

朱塗りの山門をくぐり朱塗りの極楽橋を渡り本道に向かうと爽やかな感じがした。
先を急いで、見落としたが黄金の井戸があり寺名の由来になった井戸と弁慶の力石がある。


園芸、極楽鳥、ひいらぎ、ウツギ、松、小松4鉢,すずらん、黄水仙、スミレを植え替える。
3,947歩

[PR]
by beyonyo | 2014-03-29 05:50 | 四国八十八ヶ寺巡礼 | Comments(0)
f0000521_17493363.jpg

         ドイツ記念館  鳴門市  14,3,21  

f0000521_1750078.jpg

                   坂東俘虜収容所跡

第一次世界大戦で、日本軍の捕虜になったドイツ兵4,715名のうち約1,000名が1917年から1920年まで収容した。
ドイツ捕虜と日本人との交流が文化的学問的など日独関係の有効かに寄与した。
収容所内のオーケストラは高い評価を受け日本で初めて交響曲第九番が全曲演奏された所。

四国霊場第一番と第二番の中間にあり、立ち寄ってみた。


園芸、花菱の観音竹を植え替える。
1,630歩




[PR]
by beyonyo | 2014-03-28 07:12 | 四国八十八ヶ寺巡礼 | Comments(0)
f0000521_5561030.jpg

         日照山無量寿院 ・極楽寺  

                   鳴門市  14,3,21

本尊の阿弥陀如来坐像から差す光が遠く海まで達し、それに魚が驚き逃げてしまったので、不良続きとなり漁師たちは困り果ててしまった。
そこで漁師たちは阿弥陀様にお願いして本堂の前に小山を築いて光を遮ったという伝説があり、ここから山号が由来されている。
秘仏で公開されていなかった。

f0000521_6114450.jpg

         一番霊山寺から1キロほどの近いところだった

f0000521_6115720.jpg

44段の階段の上に本堂があり、下からでも参詣できるよう上から白い布がつたわる。

御詠歌  「極楽の阿弥陀の浄土へ行きたくば南無阿弥陀仏口ぐせにせよ」

f0000521_6202233.jpg

                   本堂までの境内

f0000521_6205363.jpg

             弘法大師お手植えと傳わる老樹の杉

f0000521_825223.jpg


 三番金泉寺に急ぐ・・・


朝から雨の一日、園芸先日頂いた山野草3種類を植える。桐生砂の仕分け、午後花菱来客、有吉佐和子のふるさとの話題が掲載された新聞を頂く。原作「紀の川」
花菱と散策した慈光院、華岡青洲、丹生都比売神社など話が弾む。

[PR]
by beyonyo | 2014-03-27 07:14 | 四国八十八ヶ寺巡礼 | Comments(0)
本年は四国八十八ヶ寺霊場開創1200年記念の年、弘法大師空海の偉業に接したい思いで車での巡礼をすることにした。


f0000521_2254516.jpg

   第一番 竺和山・一乗院・霊山寺山門


                鳴門市  14,3,21

 
                                       
四国八十八ヶ寺の第一番札所最後に来たのが昭和49年四回目の山門を仰ぐ。

f0000521_2384884.jpg

                 太子堂参詣のお遍路

f0000521_23103576.jpg

                   太子堂と泉水池

f0000521_2312440.jpg

                      多宝塔

f0000521_23124338.jpg

                  奥まった中にある本堂

御詠歌  「霊山の釈迦のみ前にめぐりきてよろずの罪も消え失せりけり」

f0000521_8265360.jpg


f0000521_23222571.jpg


巡礼用品は全部揃えると14点になるが、白衣(はくえ)判衣を買って御法印をいただき巡礼することにした。
八十八ヶ寺88番結願寺となる「大窪寺」まで行けるか老いての大師の足跡を巡礼するのは不安であるが行くとこまで頑張りたい。


午前中巡礼の写真整理、朝7時の朝食のあと絶食、午後14:20分近代病院にペット撮影に行く。
2,161歩

[PR]
by beyonyo | 2014-03-26 07:22 | 四国八十八ヶ寺巡礼 | Comments(0)
f0000521_20325636.jpg

           四万十川   高知県  14,3,23

f0000521_20332742.jpg


四国八十八ヶ寺霊場めぐり、足摺岬の第38蕃「金剛福寺」に向かう途中、四万十川の堤防を走行、7年ぶりの自然の景色再会に感動。

強行な計画で四国路を縦断、弘法大師同行、今更ながら空海の偉大さを実感して、一足早い南国の春爛漫を体験できた。
桜もチラホラ咲き道中至るところで歩いている遍路さんの姿に接し、四国ならではの旅情も満喫、剣山の雪景色、足摺岬では車に跳ねられた子タヌキを狙うオジロワシの厳しい自然も印象に残った。



四国八十八霊場巡礼

21日 第一蕃、霊山寺・②極楽寺③金泉寺④大日寺(黒巖山)                                           ⑤地蔵寺⑥安楽寺⑦十楽寺⑧熊谷寺                                            ⑨法輪寺⑩切幡時⑪藤井寺⑬大日寺(大栗山)                                      ⑭ 常楽寺⑮国分寺

     (徳島県阿南市、宿泊)   
           一日目 走行距離 285キロ   17、600歩

22日 ⑱恩山寺⑲立江寺⑳鶴林寺㉑太龍寺                                            ㉒平等寺㉓薬王寺

      (高知県四万十市、宿泊)
           二日目 走行距離 426キロ   10、845歩

23日 ㊳金剛福寺㊴延光寺㊵観自在寺㊲岩本寺

           三日目 走行距離 615キロ     6,420歩

 
     合計24ヶ寺   走行距離  1、326キロ

            21日 AM 5:50 出発
            23日 PM21:10 帰宅
                所要時間  約 63時間


24日、 留守中の園芸の手入れ、ホームこたつを終い夏用の準備、
      4,182歩   

[PR]
by beyonyo | 2014-03-25 07:18 | Comments(0)
f0000521_22144767.jpg

          すずめ   天王寺公園にて  14,3,19


園芸、スミレ植え替え5鉢、長寿梅植え替え2鉢、草花3鉢植える。
3,430歩

[PR]
by beyonyo | 2014-03-21 03:46 | 野鳥 | Comments(0)
f0000521_6375654.jpg

    あべのハルカス   天王寺公園より望む 14,3,19

今月7日新装オープンしたハルカス青空に映えて美しい晴れ姿を観察できた。


彼岸の墓参りをして、大阪久宝寺の画材の問屋、誠華堂に行き買い物、天王寺美術館の「関西水彩画展」に立ち寄る。

帰り道、走行中阿部野区で、北畠顕家(親房の長男)の墓と出会う。
北畠の地名が残る太平記の人物の終焉地であった。
4、900歩

[PR]
by beyonyo | 2014-03-20 07:36 | Comments(0)
f0000521_1604840.jpg

        越冬アカタテハ  藤井寺伴林神社  13,3,3

今年初の虫たちは、沈丁花に飛んできたアカタテハ、ひな祭りの沈丁花も蝶もちょっと早い出会いだった。

寒い冬を成虫で越冬したため早春に見られる翅の一部が欠けているものが多いらしい、不規則な軌道を描きながら飛ぶ姿は命の大切さと哀れを感じる。


園芸、風知草の株分けと植え替え2鉢、桐生砂の整理
2,230歩

[PR]
by beyonyo | 2014-03-19 06:40 | 虫たち | Comments(0)