ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0000521_1951562.jpg

          中之島たそがれ  難波橋  14,7,25

大阪堺筋にかかる中之島を挟んで土佐堀川と堂島川の二つの川を渡る浪速の名橋五〇選の一つ。
「ライオン橋」と呼ばれ大阪弁では「ナンニャバシ」と呼んでいる。

わざわざでないと来るチャンスがなかったが、天神祭りの帰り道に立ち寄ることができた。

f0000521_1919996.jpg


                   橋のシンボルのライオン

f0000521_19213077.jpg
 

                     中央公会堂

f0000521_1922858.jpg

 
                     大阪支庁舎

f0000521_19241356.jpg
 

                   淀屋橋下のかき船

f0000521_192533.jpg

 
                  上流の天神橋を望む 

f0000521_1926131.jpg

 
                  下流のビジネス街

f0000521_19264671.jpg


            土佐堀側から淀屋橋を望む PM19:17        



北花田イオンモール阪急に買い物にいく。
園芸、菊の手入れ
5,446歩

by beyonyo | 2014-07-31 06:58 | Comments(0)
f0000521_6211617.jpg

               高瀬川  京都四条  14,7,17

このあたり一帯は幕末の舞台となった坂本龍馬・中岡愼太郎暗殺の池田屋を始め数多い遺跡がある
一人でゆっくりと散策してみたい。


千早赤阪村に写真撮影にいく。
4,118歩


by beyonyo | 2014-07-30 06:34 | Comments(0)
f0000521_4154318.jpg

       陸渡御の最後  天神橋北詰交差点  14,7,25

         御鳳輦は陸渡御を終え船渡御になる最後の地点

f0000521_424688.jpg


           玉神輿の後宮司の馬も疲れた様子に見えた

f0000521_4294146.jpg

                    船渡御乗船場

f0000521_4301031.jpg

             催太鼓は船渡御に出発 PM18:17

昨年に続き陸渡御は十分堪能できた。
もし来年チャンスがあれば船渡御のクライマックスの中を乗船して船からの祭りを味わいたい。


園芸用品をロイヤルセンターに買いに,帰り飲料水を買ってくる。
盆栽の手入れ、比較的涼しい一日であった。
2,848歩

by beyonyo | 2014-07-29 04:51 | Comments(0)
f0000521_7103818.jpg

               ミナミアゲハ   14,7,28

今朝5:00の植木に水をやっていたら、ホタルブクロに止まり一夜を過ごしたアゲハを撮った。
まだ熟睡しているのか?しっかり観察できた。


午前中橋本の「やっちょん」に野菜を買いに行き帰り道、千代田「ばんばん」に立ち寄る。
午後から少しの小雨が降り、梅干を取り入れるがすぐに天気になりウロウロさせられる。
3,330歩

by beyonyo | 2014-07-28 07:29 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_22114996.jpg

        二上の日の出   14,7,23  AM5:19

二上山の馬の背付近の日の出は久しぶり、早朝ウォーキングの恵みを頂いた。

今日も猛暑の日で梅の土用干をする。

最近野良猫が来てゴミ箱をひっくり返して汚す毎日が続き、夜ゴミ箱をロープで縛っておくが連日来るらしく強烈な匂いがするようになった。捕まえてどこかへ連れて行って放すため、「猫取り機」を造る。
時間がなく明日完成の予定。

園芸、夕方の水やりは日照りが強く、鉢や土が焼けて熱く、植物がしをれているが思い切って早朝水やりを一昨日からすることにしている。
2,005歩


by beyonyo | 2014-07-27 03:53 | 朝やけ・夕やけ | Comments(0)
f0000521_4184532.jpg

       催し太鼓 天満宮  14,7,25  PM15:30

f0000521_4224887.jpg

                       だんじり

f0000521_432478.jpg
 

                      牛曳き童児        



f0000521_4234032.jpg

            (奉行講) 大阪府知事  市長 (代理)

f0000521_4241480.jpg

                      御鳳輦

f0000521_4242741.jpg

                      鳳神輿

f0000521_4244273.jpg

                      玉神輿

15:30分先頭の催し太鼓が出発して陸渡御のお渡りの最後が17:20頃だった。
昨年もそうであったが、今年も周りは国際色豊かな見物人で囲まれた見物だった。


昨日の大阪は今年一番の猛暑37,1度、出発は思案の末強行、長女誕生以来サルビアと一緒の天神祭は初めて、気候と年齢から最後になるかも知れない祭を体験するため強行した。
12:10発の電車で天神橋6丁目で下車、日本一長い商店街を天満宮まで歩いて初めての観光。
14:00に門前に場所取り、出発の15:30まで一時間三十分待つ、最後お渡りが後尾になり立ち去るまで3時間半の人の熱気に耐える暑い中の修行が終わる。
繁昌亭前の喫茶店で休息の後、天神橋北詰の船渡御乗船場から中之島を縦断、淀屋橋から21:50帰宅。
神経痛だった足も、長時間じっと立つことにも耐えられた。
14,107歩


by beyonyo | 2014-07-26 05:40 | Comments(0)
f0000521_444517.jpg

                     14,6,30

f0000521_4501.jpg



園芸、ダコバ、中将ガクあじさい4鉢植える。
井出(奥さん)来客。
2,660歩

by beyonyo | 2014-07-25 04:23 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_258551.jpg

           万葉歌碑  桜井市  14,6、27

f0000521_303489.jpg

あしながわ かわなみたちむ まきもくの ゆつきがたけに くもいたてるらし
                 柿本人麻呂     文字 棟方志功

f0000521_3113331.jpg

  (歌の意味 )  
  穴師川に川波が立っている。巻向山の由槻獄に雲がわきたっているらしい。

歌碑を探すのに随分苦労した。
箸墓古墳の上のホケノヤマ古墳に駐車、巻向川を竹やぶを探して遡るが見つからない。
元に戻って誰かに聞こうと思っても誰もいない、すると豪邸の塀の中で話し声が聞こえる、中に入って尋ねたが、ここで生まれて70数年住まいするが知らないと言われたが、結局先にいったところより、更に奥に行くことになり、車で散策となった。
歌碑の場所は巻向川の川べりに小さな竹やぶがあり、道路面より低いところに建っていた。
三輪山の山麓で山辺の道に近いところだった。
棟方志功の書を求めて探した歌碑に出会い感動。

帰り道豪邸の主人宅により親切な人柄にお礼に立ち寄った。

f0000521_3404415.jpg

                   小さな竹やぶ

「柿本人麻呂」 孝昭天皇の息子.。 人麻呂は巻向山麓の里に愛する妻が住んでいたために、この付近の自然を歌った作品が多い。

「棟方志功」  昭和期の版画家。「大和し美し」が出世作となり。独画(独字の用意)を発表存在感のある女性美仏教的境地を描く。

以前、額田王の邸宅跡に行ったとき額田王の歌碑を拓本されていた方が桜井市内の万葉歌碑は60数基建てられているがどれも拓本が許されている話を聞き、桜井市役所に万葉歌碑の本を無料で頂いたその中の一つの歌碑でロマンを求めて出会うことができた。

園芸、菊の手入れ。朝2時過ぎに起きたので、日中は万代に買い物以外ほとんどウツウツ寝ていた。
朝夕ウォーキング
8,413歩


by beyonyo | 2014-07-24 04:15 | Comments(0)
f0000521_14271572.jpg

          泥ハチの巣    河合寺にて   14,5,30


午前中留守番、午後ぶらぶら、夕方菱井宅にCD「生死を生きる」を持ってゆく。
1,560歩

by beyonyo | 2014-07-23 03:13 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_46582.jpg

              コクサクモ?   14,7,18

 
体調2mmあるかないかの小さい蜘蛛なのに素早い動きで撮るのに困った。


19日に孫メイから手紙をもらった、連休中で返信が遅れるので月曜日に着くように郵便局に行くが祭日に気づかず、歩いてきたのに残念、本局に行って投函した。

録画した「こころの時代」 生死を生きる 冠婚葬祭会社顧問・作家 青木新門の3000人の納棺した体験談を見て感動した。
5、966歩
  

by beyonyo | 2014-07-22 04:30 | 虫たち | Comments(0)