ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2014年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

f0000521_11215966.jpg

      宮山古墳遠望  御所市室  14,12,8

f0000521_11222180.jpg

以前古墳の周りを車で一周したが入り口を見つける事が出来なかったが
黒岩重吾 著の「古代史の真相」を読んで、歩いて古墳を一周意外なところから上り口が解った

f0000521_11251563.jpg


                   八幡神社


f0000521_11224223.jpg


         八幡神社は孝安天皇室秋津島宮趾であったことも知る、
               ここから宮山古墳の上り口


f0000521_11233995.jpg

   暗く鬱蒼とした急斜面の森へ一瞬躊躇したが勇気を出して登ることにした


f0000521_11241494.jpg


                 宮山古墳後円部

        上に上がると周りの木は伐採されて明るい丘であった


f0000521_11243315.jpg

南北に二つの石室があったが竪穴式で長持型の石棺は珍しいらしい、結晶岩の小口積みによって成り天井石に(加古川市付近で出土する軟質の石材)が用いられている。
5世紀代に長持型石棺を持つ古墳は大王級の人物を被葬者としている。
石棺には全面が塗られていた。
被葬者は古くは明治8年発行の一圓札の人物、「竹内宿禰」が有力視されていたが近年は「葛城襲津彦」説が多い。

f0000521_11245458.jpg


    後円部上に立てられた靭埴輪は、高さ147cm最大幅99,5cmある


f0000521_11253871.jpg

              古墳の裏より金剛山を望む


f0000521_11260698.jpg


              古墳北側より葛城山を望む

  古墳の背後の巨勢山丘陵には総数800基にも及ぶ巨勢山古墳があるが
       宮山古墳は南葛城地域で最初に築造された古墳である。


f0000521_21564609.jpg
  

        古墳の付近のR309号線を京奈和高速道が交差した。
4年前に秋津遺跡発掘などで工事が遅れているようだったが巨勢山トンネルに繋がるのも近くなった。


f0000521_21573356.jpg

         京奈和工事現場より宮山古墳を望む(車中より)



  ★橋本やっちょん広場に、隣人夫婦と正月用の花を買いに行き午後墓参りに行く、
   2,608歩


      今年もありがとうございました
 来年も変わらずよろしくお願い申します

  皆様どうぞ良いお年をお迎えください










by beyonyo | 2014-12-26 08:24 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_16395516.jpg


          ミントの入院  14,12,20

毛糸や糸で遊んで終いに飲み込んだらしく4~5日前は食事も食べられないのでレントゲンで調べたり点滴注射で三が日入院して一昨日退院。
少し食べられるようになってきました。
胃にはなく様子見の今日です。

目も十分見えない昨年の12月に拾われミルクで育ち大きくなりました。
普通のらちゃんで過ごす?かも、幸せなを持つミントです。


前川さん来客、年末大掃除
2,811歩



by beyonyo | 2014-12-25 07:28 | のらちゃん | Comments(0)
f0000521_19095241.jpg


        中高野街道  平野郷  14,10,11

f0000521_19102192.jpgf0000521_19103070.jpg














f0000521_19104146.jpg

f0000521_19101072.jpg


f0000521_19105617.jpg


f0000521_08521159.jpg


                全興寺にある道標


平野郷散策中、全興寺前の通りが高野街道であることを知った、なるほど道標も古く少しは昔の面影を表しいる。

中高野街道の起点は杭全神社西泥堂口にある一里塚とされているのでこの辺りは出発間近の付近である。


f0000521_09043145.jpg

             平野郷の十三口 泥堂口地蔵


この地蔵堂は泥堂口門傍らにあったもので、奈良街道の大阪、天王寺方面に通じる大門を持つ木戸口として、十三口の中でも重要な出入り口であった。
地蔵に享保十二年(1727)の銘が刻まれている。








息子孫が来る今年のクリスマスプレゼントはリクエストに応え地球儀を送る。
1,485歩


by beyonyo | 2014-12-24 09:11 | 高野街道 | Comments(0)
f0000521_08115235.jpg

          ミツデウラボシ  14、12,21

f0000521_08120820.jpg

f0000521_08121888.jpg


伊勢湾で拾った流木にミツデウラボシを植えて4年ぐらい盆景の脇役として年中青い葉を楽しんでいる。



           ★年末宅配便の荷つくり
                      3,122歩



by beyonyo | 2014-12-23 08:27 | 花と盆景 | Comments(0)

                
                   平野郷 ⑩  平野環濠跡


f0000521_18510377.jpg

          平野環濠跡の碑  杭全公園  14,10,11

               公園の片隅に案内がなければ分からない
                 教えてもらっても字が読めない


f0000521_18512112.jpg


                   明治初期のお茶池橋


f0000521_18511217.jpg


               川も水もないが記念に残っているだけ
              このあたりが平野郷の土塁が少し残っている



            ★菜花の里に買い物
                      3,012歩






by beyonyo | 2014-12-22 08:47 | Comments(0)
f0000521_08291841.jpg


             きのこ 14,12,20


f0000521_08293662.jpg

       盆栽棚の小さいコケができた奇妙の形に近寄って見た



     ★ 泉北高島屋に買い物、ジャスコの2度買い物
                  4,680歩


by beyonyo | 2014-12-21 08:38 | きのこ | Comments(0)
f0000521_08435394.jpg

              ミニざくろ  14,12,19


f0000521_08441372.jpg

菊も終わり紅葉の葉っぱも無くなった盆栽棚でミニのざくろだけが今年最後の存在感を表している


昨日は一転暖かく園芸作業に忙しく過ごす
sarubia 定期検診に送迎のあと買い物
6,775歩


by beyonyo | 2014-12-20 08:59 | 花と盆景
    
               平野郷 ⑨  平野街道


f0000521_16485035.jpg

 平野街道  平野郷  14,10,11

R25号線杭全神社より道を渡ったところが旧街道


f0000521_16572707.jpg

杭全神社


f0000521_16485928.jpg


             神社前を横断すると静かな旧街道


f0000521_16491205.jpg


                道標より西を望む旧道

f0000521_16492594.jpg

               なぜか饅頭屋さんが多い

f0000521_16493718.jpg

           戦時中被害を逃れ昔の造りの家が立ち並ぶ


大和、河内に向かう交通量の多い平野街道R25を一筋入っただけでタイムスリップできた



     ★sarubiaビーズ教室送迎、一昨日の風で飛んできた枯葉の大掃除
                   1,708歩





by beyonyo | 2014-12-19 06:47 | Comments(0)
            平野郷 ⑧ 河骨池口地蔵と船着場

f0000521_18231718.jpg

           河骨池口地蔵  平野郷  14,10,11

案内して頂いて教えてもらったが、この地蔵堂は家屋の中にくい込まれている、チョット珍しい景色です。

f0000521_18232765.jpg


f0000521_18235427.jpg

この地蔵堂は玉造、天満や守口方面に通じる河骨池口門の(平野十三口)傍にあったもので、道路の西側は江戸時代から明治時代にかけて、平野川を運行していた柏原船の舟入(発着場)であった河骨地跡である。
この周辺を俗に市の浜といい、問屋、宿屋などが立ち船会所もあって大層賑わったところである。

f0000521_18240647.jpg

平野川


f0000521_18241756.jpg


           昔の船着場は面影はなく理容店になっている


平野川の柏原船は綿作農家が消費する米と綿作に使う肥料の干鰯(ほしか)が主に運んでいた。多い時には70艘もの船が行き来していかに河内木綿が盛んであったか偲ばれる。

関西線の開通で明治40年(1907)最後の1艘をもって役目を終えた。



年賀状不足分を買って出来上がる。
寒さにいじけて冬眠状態
1,480歩




by beyonyo | 2014-12-18 07:58 | Comments(0)



              平野郷 ⑦  含翠堂址(私塾)

f0000521_17423753.jpg


          含翠堂址  平野郷  14,10,11


f0000521_17424408.jpg

         含翠堂の址、左へ歩くと現在の国道25号線に出る


享保2年(1717)に平野郷に誕生して明治5年学制公布により廃止されるまで約一世紀半の歴史を持つ郷学である。
含翠堂の創設者平野七名名家土橋友直らと同志六名により井上赤水の私宅を講堂にして私塾「老松堂」を開いたのが最初でのちに三宅満年(石庵)が「含翠堂」と改めている。


f0000521_17425927.jpg


R25号線沿いに記念碑が建っている、当時を偲ぶとかなり大きな家だったことがわかる。


f0000521_17425126.jpg


f0000521_18062431.jpg

   記念碑の裏はブックの形をしていと案内して頂いた方に詳しく教えてもらう。





         ★雨でsarubia ヨガに送迎
                    600歩












by beyonyo | 2014-12-17 08:35 | Comments(0)