ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

                京都幕末の史跡 23


f0000521_04473883.jpg


維新の道  霊山町  15,3,5


高台寺山門から東山に通ずる維新の道


f0000521_04475580.jpg


f0000521_04483476.jpg


        竜馬、中岡、桂、をはじめ志士たちの墓所の護国神社の参道


f0000521_04493156.jpg

                   参道からの絶景


f0000521_04504155.jpg
 


f0000521_04513940.jpg


                    霊山歴史館



f0000521_04515153.jpg


f0000521_04511847.jpg




花菱来客、念の入った手作りの竹靴すべりを頂く。
座っていると足の痛みがひどい、痛みが取れた時点でジャスコへ杖なしで買い物がてらのウォーキングをしたが正常に歩ける。
今朝のパソコンも座って始めたら痛みが出かけたので机の上にみかん箱を置き立ってパソコン入力すると痛みが無いがいつまで立っていられる事やら?
6,207歩







by beyonyo | 2015-05-31 05:56 | 京都散歩 | Comments(0)


f0000521_07002043.jpg


  15,5、18



MRIの結果診断、悪い所は確かにあるが年齢からみて半数以上はこのような状態です。
無理を避けてくださいの診断、何時もに薬をもらって一ヶ月後の予約。
納得いかず手術を尋ねたら、予防のための手術は出来ない、結局年寄扱いの医学診断に、自分自身で身を守る事に徹するしかない事を痛感した。

逆の見方をすればMRIの結果は大して悪くなく一般的平均の診断とも考えられるが、今の状態では医療に対し期待外れになった。
3,626歩






by beyonyo | 2015-05-30 07:35 | Comments(0)


f0000521_04565255.jpg


エダシャク  15・5・28


f0000521_04570499.jpg

サツキの枝に一見枝と何の変わりがないエダシャク(蛾の幼虫)を発見、実は新芽の一箇所に別の卵が孵り青虫10匹ほどで食べられているのに気が付き、その下にエダシャクの樹液を吸っているのに気が付いた。
よほど意識して観察しないとわからない園芸愛好家のくせ者の難敵。emoticon-0116-evilgrin.gif

f0000521_04571567.jpg

f0000521_04572532.jpg


蛾の幼虫の種類は多く正し学名は分からないが「茶枝エダシャク」の様である?


f0000521_04573249.jpg

春から初夏にかけての園芸中は虫たちと、花に誘われて何時も色んな蝶やトンボが舞う、
ウグイスをはじめホトトギスなど数知れぬ小鳥がさえずり、時に盆景の水盤の水を飲みに来る
自然とふれあい園芸作業は苦にならない。

一昨日は掃除中家の中で掃いていたらゴキブリか???と思ったらクワガタの来客、早くから来ていたのか迷って来て食べ物がなかったのか少し弱っているので、蜂蜜を与えたら早速夢中で食べ元気を取り戻した様子、もう少ししたら山のクヌギの根元に放してやりたい。

色々虫たちとのふれあい体験に感謝の園芸。



植木の棚が腐敗して一部壊れたので修理、その他園芸作業でよく歩いた。
5,202歩







by beyonyo | 2015-05-29 06:22 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_06375641.jpg


       ハハコグサ・チャセンシダ  15,5,20


              ミニの鉢植えタヌキの身長6,8mm




園芸、クリスマスローズ2鉢、口紅の錦、紅さらさ、フレンチラベンダー、植え替えと挿し芽
3,048歩
15:00MRI撮影に病院に行く。


by beyonyo | 2015-05-28 06:54 | 花と盆景 | Comments(0)


f0000521_05581251.jpg



香丁木  15,5,26


19年前植木市で買った苗を挿し木して3年前に流木に付けたのが今年満開を向かえた。


f0000521_06054798.jpg


挿し芽後4年の苗木




物置の整理整頓に半日ついやす。午後2時から「ららポート」に行く。
2,903歩



by beyonyo | 2015-05-27 06:13 | 花と盆景 | Comments(0)

             京都幕末の史跡  (番外)


f0000521_03490246.jpg


           豊臣秀次公之墓所 瑞泉寺  三条  15,2,4


f0000521_03511163.jpg


                  前関白豊臣秀次公墓


f0000521_03523489.jpg

   豊臣秀吉の甥、豊臣秀次一族の菩提を弔うために建立された寺である。

秀次は、秀吉の養子となり(秀次の母は秀吉に実姉)関白の位を継いでいたが、秀吉に嫡男秀頼が生まれてからは、次第に疎んぜられ、文禄四年(1595)7月高野山において自害させられた。
次いで8月秀次の幼児や妻妾たち39人が三条大橋西畔の河原で死刑に処せられた。
遺骸は、その場に埋葬され、塚が築かれ石塔が建てられていたが、その後の鴨川の氾濫などにより次第に荒廃した。
慶長16年(1611)角倉了以が高瀬川の開削中にこの墓石を発掘して、墓域を再建するとともにその地に堂宇を建立した。
寺号は、秀次の法号、瑞泉寺殿をとって瑞泉寺と名付けられた。

本堂には本尊阿弥陀如来像が安置され、寺宝として秀次及び妻妾らの辞世の和歌を蔵している。


f0000521_03513250.jpg


          幼児・妻妾や殉死した家臣らをと弔う四十九柱の五輪塔


f0000521_03514231.jpg


f0000521_03525239.jpg

f0000521_03530980.jpg


                    引 導地蔵尊


f0000521_03531914.jpg


f0000521_03533313.jpg

           慈舟山と号し浄土宗西山禅林寺派に属する瑞泉寺


この瑞泉寺創建から四年後、慶長二十年(1615)元和元年大阪城が落城して秀頼と淀殿は自害し豊臣家はほろびる。


幕末の史跡を散策中、秀次一族の哀れな終焉地と墓所の瑞泉寺に出会った。
現在は高瀬川と鴨川の間に在るが当時は鴨川の中州にありここが公開処刑場であった。
今でも生々しい無残な出来事があった現地に来て周りは観光地で賑わっているが淋しい気分になった。



園芸作業場の時計が故障し新しく電波時計を購入。
花菱来客
3,819歩





 

by beyonyo | 2015-05-26 06:19 | 太閤記 | Comments(0)


f0000521_05221830.jpg


雪の下  15,5,24



「めっけもん」に野菜を買いに行く。
午後はサッシの天井から入る明りを遮断脚立に登りすだれを張る作業をするが足の痛みはない。
2,095歩

by beyonyo | 2015-05-25 05:37 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_03352048.jpg


          田園風景  朝来市  15,4,26


f0000521_03353768.jpg

              北近畿豊岡自動車道和田山付近


f0000521_03552644.jpg

               春日インター付近(車中より)



園芸、菊5 月5日挿し芽150本を植え替え、早朝から夕方まで作業する。
2,13歩



by beyonyo | 2015-05-24 03:59 | Comments(0)
 
              京都幕末の史跡 (番外)


f0000521_19485000.jpg


           石不動  六角堂  15,2,4



f0000521_19490268.jpg


f0000521_19491114.jpg


他にビルの谷間に石仏の団体さん、のぼりを立てて何か訴えているような近代の石仏に感じた。





4時起床、一番に洗車、足に痛みもなく内外とも完璧に掃除する。
金曜日は整形外科の先生の診察日で、予約はしていないが診察に行く。
下車の時痛みが走り苦痛のまま診察室へ、脊椎の一番下の骨の隙間が狭くなって神経が当たり体勢により痛みが走る。ブロック注射と点滴注射、後日MRI予約して帰宅。
2,348歩


by beyonyo | 2015-05-23 04:54 | 石仏 | Comments(0)
f0000521_08202467.jpg


           シノブシダ  15,5,21

40年程管理しているシノブ毎年春の目出しの若葉が楽しみ。



園芸、一番挿しの菊を23本植える。
服部さんからあまちゃずる、三つ葉アケビの苗を頂く。
2,518歩


by beyonyo | 2015-05-22 08:30 | 花と盆景 | Comments(0)