ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

f0000521_07191814.jpg

            オトシブミ?チョッキリ?不詳  17,8,16



同窓会13:00集合11:00前に菱井と神戸からの友人を駅に迎えに行き、2時間の空間を蘭かんで休息する。
映画「君の名」のシーンのように9月29日にこの場所で逢う約束だけの同窓会今年は男子10女子4名だった。
北野田から来た友人は一か月前に車を手放し電車で来たので家まで送る。

ここ一か月で友人3人が車を手放し寂しいと聞き、ますます老化が進んでいることを悟る。
            1,402歩




[PR]
by beyonyo | 2017-09-30 08:10 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_07271739.jpg

            秋空映える  17,9,28pm18:00

朝ウォーキングから帰るとかなりの大雨になった、午後から一転好天気になった。
毎日恒例の落ち葉掃除を最後に一日の行程が終了、やれやれと思ったときSさんから夕焼けが綺麗と電話を戴き外に出ると素晴らしい雲を見た。
近くの高台に直行夕日が落ちるのを待って撮影、雲が焼けるのを期待して取って置きの撮影ポイントに移動して落日に反射の光を待った。

f0000521_07273051.jpg

移動撮影 pm18:08



        十分とはいかないが朝の雨で空気が澄み秋の黄昏を満喫できた。


雨で午前中、花菱の写真プリントやパソコンの整理をする。
メダカ、ミユキダルマ(珍品)が12匹大きく成長したので別の容器に移す。
Sさんからペットゲージの新品のような品を4点頂きさっそく簾の下地にするための工事をする。
夕焼け撮影。
Sさん来客。
          6,085歩



[PR]
by beyonyo | 2017-09-29 08:01 | 朝やけ・夕やけ | Comments(0)
f0000521_07120143.jpg

                キトラ古墳公園展望台より  17,9,27

第5回公開に花菱と行く、実物公開とあって身分証明確認がいり20名ほど10分の閲覧ができた。

一番興味があったのが、キトラ古墳の天井に描かれたキトラ天文図は、天の北極を中心にした円形の星図です。
金箔と朱線で中国の星座が表されており、現状で72座が確認できるらしい。
天文図の東には金で太陽が、西には銀で月が表現されている。

他に西壁 「白虎」 「戌」(十二支)などが公開されていたが撮影禁止だった。

f0000521_07590392.jpg

                         天文図
                   特別公開第5回パンフレット引用


f0000521_07593049.jpeg

                            白虎
                     特別公開第一回パンフレット引用



キトラ古墳特別公開に花菱と行く。
コスモスに買い物、イオン菊池でsarubiaのメガネ、補聴器調整で一時間以上待つ。
                      3,083歩


[PR]
by beyonyo | 2017-09-28 08:17 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_08184756.jpg

              ギンヤンマ  大仙公園日本庭園にて  17,9,15


早朝ウォーキングSさんご夫婦と一緒に歩く。
14:00過ぎから天川村洞川にゴロゴロ水を汲みに行く。
夕食後29日予定の同窓会の下準備で、加藤、田中に電話久しぶりの会話で23時まで話す。
        6,447歩


[PR]
by beyonyo | 2017-09-27 08:29 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_07090508.jpg

               二上暮色  香芝市  17,9,25 pm18:12

お彼岸の中日前後、千股池湖畔から眺め二上山の馬の背に落ちる夕日が池に映り絶景を見ることが出来るポイント、昨日は好天気だったが太陽の光がきつく駄目だった。
日の入りは17:56それから30分後ぐらいで赤く染まるが、今回は見込みうす、多くのカメラマンはまだ頑張って居残っているが一足先に退散した。

f0000521_07093037.jpg
24~5人のカメラマンが落日を狙う

f0000521_08060479.jpg
写真は駄目だったが昔、崇神天皇陵,八釣りの里、に通い二上の夕日を撮りに行った思い出が蘇り懐かしい体験ができた。
帰り道は夕暮れの渋滞で遅くなった。


メダカの中に貴重なミユキダルマが居るので単独鉢に移す用意をする。
16:00ごろから香芝市に夕景の写真を撮りに行く。
Hさん来客メダカの水替えの手順を教えてもらう。
           7,381歩



[PR]
by beyonyo | 2017-09-26 08:23 | 朝やけ・夕やけ | Comments(0)
f0000521_16324372.jpg

             キバナコスモス  朝来市  17,9,21



萌結の運動会に行く。
         7,178歩


[PR]
by beyonyo | 2017-09-25 07:06 | Comments(0)
f0000521_06350396.jpg

                       きのこ  17,9,15
       金魚草を植えたが花より先にキノコが生え小さい秋を楽しめた。



3時起床、和歌山橋本やっちょんに野菜買物。
お彼岸のおはぎを作り近所に配る。
                  2,629歩


[PR]
by beyonyo | 2017-09-24 06:51 | きのこ | Comments(0)

f0000521_16330914.jpg

       但馬路の田園  朝来市山東町栗鹿 17,9,21

f0000521_16315213.jpg
         但馬地方は稲刈りも終わり再度田植えをしたような田園風景

f0000521_16325826.jpg

f0000521_16321943.jpg
sarubiaのブログ友人の、なおさんの絵手紙個展に北近畿豊岡自動車道山東インターを降りたら会場のギャラリー紗蔵の案内板が迎えてくれる。

f0000521_16350407.jpg
創作ギャラリー&カフェ 紗蔵

f0000521_04283551.jpg
春の紗蔵(ホーム頁より引用)

f0000521_16332054.jpg
ギャラリーの庭

f0000521_04400318.jpg
ギャリー内からの景色

f0000521_16351607.jpg
ギャリー前の景色

f0000521_16334813.jpg
ギャリーの中に舞い込んだ虫、他にも鬼ヤンマが居た。

さすが田園の中のカフェでのんびりとした心の洗濯ができた。

前回来た時に北近畿豊岡道にある「茶すり山古墳」を高速道から見る為、和田山インターから帰路に着く。


f0000521_16355873.jpg
まほろば道の駅

f0000521_16361731.jpg
f0000521_16354305.jpg
まほろば「古代あさご館」

朝来市には但馬の王様「茶すり山古墳」をはじめ多くの古墳があり、あさご館で埋葬施設や副葬品の見学ができた。


f0000521_05334183.jpeg
f0000521_16353181.jpg
絵手紙鑑賞、田園風景、まほろば古代朝来館見学付の314キロ但馬路散策が出来た。




皮膚科受診。
園芸、菊の手入れ
さん来客
             2,629歩



[PR]
by beyonyo | 2017-09-23 06:05 | 田舎の風景 | Comments(0)
f0000521_21032124.jpg

郷土の富士  兵庫県朝来市和田山付近 17,9,21

北近畿豊岡自動車道が通過している郷土の富士と名付けたい風景




sarubiaの絵手紙の友人が個展を開き朝来市に行く。

am6:00出発 pm15:15帰宅 走行距離314キロ
ウォーキング中止 3,099歩



[PR]
by beyonyo | 2017-09-22 06:09 | 田舎の風景 | Comments(0)
f0000521_16320118.jpg

聖徳太子仏法弘布霊地 明日香立部  17,9,14

f0000521_16331585.jpg

定林寺跡

f0000521_16324794.jpg

f0000521_16323942.jpg

f0000521_16324794.jpg
f0000521_16325995.jpg
立部の立石

謎に満ちた立石は「乳母石」とも呼ばれているようです。
太子が3歳まで遊び道具だったとも言われています。
又、太子の駒(馬)をを繋いだ駒つなぎ石とも言われている。

f0000521_16332594.jpg
定林寺跡より福祉会館を望む



お彼岸のお墓参り、sarubiaを整形科に送迎のあと泉北高島屋に買い物。
7,688歩





[PR]
by beyonyo | 2017-09-21 05:21 | 明日香散歩 | Comments(0)