ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

f0000521_19575270.jpg
                       ミニサツキ  17,6,12

一年の間には水やりも怠り小さな鉢で何度も危機があったのに耐えて今年も咲いてくれた。
ますますこれからも大事にしたい。


気管支炎検診、土曜日の児玉先生が診察担当日でないのに、別室で診察していただき、肺も綺麗になり血液検査の値も正常になり、あと二日分の薬を飲み終わったら終了となった。
誠意ある対応に感謝して病院を後にした。

自動車任意保険支払、コノミヤに買い物。

9日のブログ更新の後パソコン2台とも不具合になり急きょ是川さんに往診してもらう、2時間30分ほど検索後復元できた。
芝さんも立ち会い、パソコン教室授業の様な時間だった。
依然と使い勝手は違うが暫く続けて見ることにする。

メダカ卵、白158、白×黒82、黒63、白×オレンジ6採取。
芝、是川、田中来客。
3,639歩

[PR]
# by beyonyo | 2017-06-13 04:00 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_07392375.jpg

           吉野地方遠望  御所農免道路より  17,5,25

              走行中雨が上がり視界が良くなった。

              





園芸、数珠サンゴ整理
メダカ楊貴妃稚魚51採取、卵、白110、オレンジ45、楊貴妃138採取、現在の卵採取4,134
S、西村氏来客。
2,186歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-06-12 07:58 | 田舎の風景 | Comments(0)
f0000521_07534694.jpg

               学名不詳トンボ  17,5,30

小型で体の大きさのわりには羽が大きくムギワラトンボの雌のように目るが違う、
園芸中に飛来した珍種?



この10日間続いた熱の正体は気管支炎だった。ここ二日は朝昼は正常で熱がないが、夜になると熱が出る。今日の日曜日を考え8時に病院に行き予約がないので9:30診察予定、採血、胸、顎、鼻のレントゲンその結果待ちがあり結局11:20診察となった。
年令と過去の病歴を考え入院するか通院にするかとなり、通院を希望し抗生物質をすぐ服用、点滴、吸引をして14時帰宅、昨夜は少し咳は出たが熱は正常だった。
毎回の事ながら病院すべての対応に感謝する。
帰宅後、S,H、来客、メダカ談義。
2,080歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-06-11 08:35 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_06253053.jpg
                            中辺路滝尻王子付近  17,5,28

               冨田川の堤の角度が面白い影を作っていた。


メダカの稚魚、白103白×楊貴妃72青21採取。
Sさん来客。
            3,328歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-06-10 07:05 | Comments(0)


f0000521_07520757.jpg

牛馬童子への出発点道の駅  中辺路  17,5,28

10年ほど前ここにきて牛馬童子まで800mの案内を見てから今回まで気になりつつ過ごしたが、やっと来ることが出来た。
         

f0000521_08052580.jpg
f0000521_08053623.jpg

f0000521_08302952.jpg

古道と合流いきなり登り坂

f0000521_08311223.jpg

f0000521_08313353.jpg

f0000521_08320427.jpg

f0000521_08323234.jpg

一里塚跡

f0000521_08325325.jpg

ここまでアップダウンの古道を来たが初めて若い女性が追い抜いて行った、人と初めての出会い

f0000521_08332317.jpg

f0000521_08334723.jpg

古道から分岐丘の上に登る

f0000521_08342935.jpg

牛馬童子と役行者

f0000521_08351055.jpg

f0000521_08365431.jpg

鎌倉時代の宝篋印塔

f0000521_08355636.jpg

牛馬童子から100m行くと近露王子だが往復僅か200mの道が体は限界無理をしないで引き返した。

中辺路散策を振り返り、不寝王子、近露王子、など行けなかった宿題を残したが、安珍清姫の清姫の故郷に出会い、世界遺産の古道を枯れ落ちた松葉を踏みその香りを楽しみ歩いた体験は忘れないだろう~。




朝から微熱がありSさんと行く予定だったHG氏のお葬式は中止する。
10時前T氏が来客昼食をはさんで15時に帰る、
Sさん来客。
                  1,081歩
 

[PR]
# by beyonyo | 2017-06-09 09:38 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_17060785.jpg

         尾根展望台駐車場より安堵山1183,7m)を望む
             中辺路高原  17,5,28


f0000521_17145685.jpg
天空の駐車場前の熊野古道の風景は遍路が休む茶店があり一見テレビでよく見る場面がすぐに分かった。
ここから先へは高原地区だけで車は通行できない

f0000521_17155881.jpg
                      天門王子からの道

f0000521_17163587.jpg
                           右が熊野街道

f0000521_17134705.jpg
f0000521_17135980.jpg













f0000521_17170086.jpg
              今は使用されていないのか?水車小屋

f0000521_17172954.jpg
                    熊野街道沿いに民家を遠望

こぼれ日の来た道を下り、最後の「牛馬童子」に向かう。



園芸、サルビアの種が芽が出たので40ポットに植える。
17:30芝さんの車でHSの奥さんのお通夜に行く。
S,E、さん来客。
                電池低下歩数不明


[PR]
# by beyonyo | 2017-06-08 06:03 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_22464490.jpg

              高原熊野神社  中辺路  17,5,28

高原熊野神社は、熊野九十九王子には入っていないが、応久10年(1403)に建てられた熊野古道沿いにある神社では現存最古のものである。

f0000521_22534832.jpg

昔から歴史上の人物が数多くお参りし、最近では皇太子殿下、秋篠の宮様も参拝されている。


f0000521_22544461.jpg
                               右参道

f0000521_22554314.jpg

f0000521_22570000.jpg

f0000521_22575333.jpg

                   境内にある千年楠の大木

説明板にはテイカズラと書いてあるが小さい境内の中にこれほどの大木はなかった。


f0000521_22582760.jpg

大門王子~不寝王子との中間の尾根上に鎮座し境内地の景観は名勝「南方曼荼羅の風景地」で、
ここまで車で来れるとは予想していなかった。



この町会に来て丸22年目を迎え親しくしていただいたご近所のHS氏の奥さんが亡くなられ親しくしていたのを噂で知っていた町会町芝さんが一番に知らして戴いた。
その会話中HSさんのご主人と長男さんが来ていただいた。
自宅へ芝さんと一緒にsarubiaとお悔みに行く。
約8年くらい前から胃癌の闘病生活だったが
いつのときも笑顔で接していただきご主人ともども安心して付き合える方だった。

更に先月30日にはお隣のKご主人も亡くなられ、2日に息子さん夫婦があいさつに来られた、隣に住みながら知らなかった。
共に大台山地や温泉、歴史と三夫婦で走り回り懐かしい思い出が蘇ってくる。
今は二人のご冥福を祈るのみだが心寂しい日であった。

メダカ楊貴妃の稚魚65匹をSさんに持って行く。
S、ED、HS、来客
                 2,110歩














[PR]
# by beyonyo | 2017-06-07 08:13 | 歴史散策 | Comments(0)

f0000521_08275136.jpg

       熊野古道・滝尻王子  中辺路  17,5,28

f0000521_08295514.jpg

f0000521_08305467.jpg

f0000521_08314031.jpg

 以前からある後鳥羽上皇の歌碑

f0000521_08323123.jpg

山河水鳥

おもいやるかものうはげのいかならむ
しもさえわたる山河の水

中辺路町は熊野詣での要地であり、滝尻王子は皇室、庶民を問わず信仰の霊域であった。
特に後鳥羽上皇は二十八回も詣でられ、王政復権を祈願し幾度も歌会を催し思いを歌に託された。
そして承久の乱に敗れ隠岐に流され、在島のまま終焉を迎えられた。
中世歴史の発端の地滝尻王子と、後鳥羽上皇の尽きせぬ情熱を後世に伝えるため、氏子と篤志家の協賛により此の処に上皇の歌碑を建立する。
平成八年十月  滝尻王子遺蹟保存会


f0000521_08330377.jpg

f0000521_08334724.jpg
 滝尻王子前の熊野古道案内所



メダカ全種から388卵採取、Hさんからオーロラオレンジ50、錦30匹戴く。
S,H,eさん来客。
1,119歩









[PR]
# by beyonyo | 2017-06-06 09:26 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_05475244.jpg

                    清姫の菩提寺・ 福厳寺  中辺路 17,5,28


f0000521_05510293.jpg

f0000521_05501568.jpg
f0000521_05500322.jpg

        龍の下には清姫伝説物語が絵画のストーリになって掲げられていた。


f0000521_05481618.jpg

                          一願地蔵さん

                             


f0000521_05494847.jpg
f0000521_05493464.jpg

                              六地蔵と境内


f0000521_05514085.jpg

         ストーリの最後は天国で結ばれ二人とも幸せそうです。

中辺路走行中安珍清姫伝説に触れ楽しい散策になった。
この後、高原・熊野神社に向かう・・・




S,H、H娘さんの運転で来客。
Hさんに今までの遺伝子と違う新しい白メダカ50戴く。
           493歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-06-05 08:03 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_07005938.jpg

                ナガメの幼虫  17,5,27

               菜の葉によくいるので菜亀となずけられたらしい




楊貴妃メダカ卵25採取
休息の一日
               1,119歩   


[PR]
# by beyonyo | 2017-06-04 07:14 | 虫たち | Comments(0)