ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

f0000521_12301034.jpg

               とげぬき地蔵尊  巣鴨  17,12,27

f0000521_12304723.jpg


f0000521_12305573.jpg

                          JR巣鴨駅

f0000521_12310388.jpg

以前入院中rai mari からお札を送ってもらったご縁で、今回年末であるがお礼を兼ねて4度目のお参りが出来た。



今年一番の冷え込みスイレン鉢も凍っている。
皮膚科受診後、高島屋泉北店に行く。
午後から冬眠。
              3,139歩



[PR]
# by beyonyo | 2018-01-13 09:17 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_15525655.jpg

旧岩崎邸庭園  上野  17,12,26

明治29年(1896)に岩崎彌太郎の(三菱の創立者)長男で三菱第三代社長の久彌の本邸として造られた。
往時は約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいたが、現在は3分の1の敷地となり、現存するのは洋館、撞球室、和館大広間の3棟
f0000521_15551034.jpg


f0000521_15581162.jpg

f0000521_16040472.jpg

                                 玄関

f0000521_16200432.jpg

f0000521_16231414.jpg

f0000521_16235133.jpg

f0000521_16241703.jpg

f0000521_16245199.jpg

                            中庭を望む

f0000521_16254588.jpg
                    各部屋にランドが設けられている

f0000521_16275599.jpg
                         岩崎久彌の家族

f0000521_16292167.jpg

往時は、主に年一回の岩崎家の集まりや外国人、賓客を招いてのパーティーなどプライベートな迎賓館として使用された。

f0000521_16290403.jpg
                          サンルーム

f0000521_16351690.jpg
                        金唐革紙曲線模様

                    数多い部屋それぞれ見事な壁の装飾

f0000521_16352884.jpg


                                婦人客室

f0000521_16355157.jpg
f0000521_16360369.jpg
                         玄関中より

f0000521_16362237.jpg

                                   和館

f0000521_16432346.jpg
f0000521_16433460.jpg

                      現在も当時の板絵が残っている

f0000521_16435091.jpg


書院造りを基調に完成当時は建坪550坪におよび洋館を遥かにしのぐ規模を誇っていたらしい。

f0000521_16440908.jpg
                            庭園

f0000521_16443222.jpg

f0000521_16453079.jpg
                          庭園からの和室

f0000521_16445037.jpg
                            いずれの場所も敷石が大きい



f0000521_16454286.jpg

f0000521_16473556.jpg
f0000521_16472224.jpg
f0000521_16492679.jpg
         庭園より洋館

f0000521_16480746.jpg
撞球室

f0000521_16502433.jpg
f0000521_16494244.jpg
f0000521_16495424.jpg
ビリヤード室内

f0000521_16500872.jpg


洋館と地下道で行き来できる



f0000521_17104422.jpg

f0000521_16505187.jpg
f0000521_16520085.jpg

f0000521_17123851.jpg

洋館の設計者  ジョサイア・コンドル
1852年英国ロンドン生まれ。明治10年(1877)年、日本政府の招聘により来日。
工部大学校造家学科(現・東京大学工学部建築学科)の初代教師に就任し、日本で初めて本格的な西欧式建築教育を行いました。
門下には東京駅の設計で知られる辰野金吾、赤坂離宮を設計した片山東熊など、近代日本を代表する建築家が鋳ます。
鹿鳴館・上野博物館・ニコライ堂など多くの洋風建築も設計し、のちに日本最初の建築設計事務所を開設しました。
東京帝国大学名誉教授、(日本)建築学会名誉会長・名誉会員でもありました。
大正9年(1920)日本で永眠
建築家コンドルは、河鍋暁斎について日本画を学び、日本人を妻とするなど終生日本を愛しました。
パンフレットより引用。

いつもは撮影禁止だが、今回は撮影許可をして戴きありがたい散策が出来た。



車の車検に行く。代車で帰宅のあと冬眠。
Mさん来客
396歩









































[PR]
# by beyonyo | 2018-01-12 07:46 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_18004348.jpg

弁天堂  不忍池 17,12,26

天台宗東叡山寛永寺のお堂の一つ
寛永寺は寛永2年(1625)徳川家康、秀忠、家光の三代将軍に深く信任された天海僧正によって開山された。
天海僧正は、京都の鬼門(陰陽道で忌み嫌う北東の方角)を守る比叡山延暦寺に倣って江戸城の鬼門にあたる上の台地に寺を築き、江戸の鎮護を図りました。
東の比叡山の意味で東比叡として年号を寺名とした延暦寺倣い寛永寺と名付けた。
そして将軍や諸大名の寄進によって多数のお堂が建てられその一つが弁天堂である。

f0000521_18013724.jpg

江戸時代初めの上の台地は、麓に現在よりもっと広い不忍池があり琵琶湖を麓に見る比叡山によく似た景勝池で琵琶湖北部に浮かぶ竹生島には宝厳寺があり、大弁才天がご本尊として祀られていました。
竹生島をなぞらえて、不忍池に中の島を築き、その地に建立されと言われています。
昭和20年3月の大空襲で焼失したが、昭和33年に再建された。


f0000521_17594482.jpg




園芸、ホトトギスの葉刈りなどをして、町会の山茶花の花びらの掃除草引きをする。
朝は華花の森に野菜を買いに行くが、なかなか正常の日常生活に戻れない。
    1,573歩















[PR]
# by beyonyo | 2018-01-11 08:34 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_11334588.jpg


湯島天神正面鳥居   文京区  17,12,26

f0000521_11360483.jpg

f0000521_11401823.jpg
f0000521_11402974.jpg










f0000521_11420221.jpg
f0000521_12143871.jpg


f0000521_12152907.jpg

f0000521_12160601.jpg
                    切通し坂の入口

湯島天神への思いは昔から続いていたが昨年の暮れに実現できた。
幼な友達がいる中野区野方に境内から電話が通じ会いに行く事になる。
まだ時間があるし、上野公園不忍池から旧岩崎邸園に立ち寄ることにする。



sarubia今年初ヨガ、寒くていじけ一日中パソコン。
                    458歩


























[PR]
# by beyonyo | 2018-01-10 03:11 | 房総半島の旅 | Comments(0)



f0000521_16150104.jpg
        切り通し坂  湯島天神前  17,12、26

湯島の台地から御徒町方面への交通の便を考え新しく切り開いて出来た坂ななので、その名がある。

初めは急な石ころ道であったが、明治37年(1904)上野広小路と本郷三丁目の間に電車が開通してゆるやかになった。

f0000521_16270228.jpg

上野広小路交差点

f0000521_16281275.jpg
本郷方面へ

上野駅下車して、「湯島天神」に歩いた今回一番に選んだ湯島界隈、新派・泉鏡花原作「婦系図」の場所。

映画の主題歌「湯島の白梅」小畑実のヒット曲

”青い瓦斯灯境内を出れば本郷切通し”で坂の名は全国に知られるようになった。

f0000521_16481069.jpg

f0000521_16493113.jpg
f0000521_16491597.jpg



















湯島天神境内にある瓦斯灯(野外で設置され点灯されているのは日本で此の一基だけらしい)

f0000521_17003664.jpg
また、かつて本郷三丁目交差点近くの「喜之床」新井理髪店の二階に間借りしていた石川啄木が朝日新聞の夜勤の帰り、通った坂である。

二晩おきに夜の一時頃に切り通し坂を上がりしも勤めなればかな   
          石川啄木                

文京区教育委員会説明板より抜粋



寒い小雨の一日、コノミヤに買い物以外、冬眠状態。
2,228歩

[PR]
# by beyonyo | 2018-01-09 07:29 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_06151654.jpg
                  新幹線車中よりの富士  17,12,25 pm15:38

10泊11日の旅日記、好天気に恵まれ関東地方は比較的暖かい毎日だった、今年の富士は雲を頂いた姿で迎えてくれた。

f0000521_06154161.png

               JR総武線津田沼駅前バスターミナル pm17:34

   今年は早い日程で出発道中クリスマス雰囲気を楽しめた。


園芸、菊の冬至芽の整理、メダカのたし水と掃除、ムサシに買い物。
H夫婦来客。
                 2,228歩




[PR]
# by beyonyo | 2018-01-08 09:28 | 房総半島の旅 | Comments(0)
f0000521_14583782.jpg

             金剛葛城・雪化粧  河南橋より 18,1,5 16:36

若松町走行中、Sさんから雪の景色を伝える電話を貰い、急きょ石川堤防に行き撮影、朝から降っていた小雨は山は雪だったらしい。
夕方に天気回復、夕日に冴える連峰を見られた。

f0000521_15095004.jpg
                         金剛山

f0000521_15103095.jpg
                         葛城山

    永年の河内住まいも連山の薄化粧はなかなか出会いがない、通報のSさんに感謝。


早朝から年末年始の日記の整理の後、お寺さん今年の初お参りに来られる。
年末にまだ咲いていた菊の整理、メダカの分岐を買いに4キロ先まで歩く。
Sさん来客。
                 7,096歩






[PR]
# by beyonyo | 2018-01-07 05:47 | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申します。


f0000521_22472357.jpg
年末25日から新年4日までray・mari宅に滞在、東京、千葉を散策してきました。
老いていく脳の活性の為マンネリになりがちな日常ですが本年も頑張ります。
よろしくお願い申します~

17.12.25 13:50発のぞみで千葉へ、娘の誕生日を皆で祝う。
同世代の人が次々と運転免許を返す話をしたら、娘婿から素晴らしいと返答が返ってきた。
自分はまだ免許更新し運転を続けたい気持ちだが、素直な意見を聞き教えられた。
12:35日記を書く。
6.591歩

17.12.26 sarubia は船橋市のブログ友人るみさんと銀座へ総武線に、マンションの入口で別行動、京成線で青砥乗り換え上野駅から徒歩で「湯島天神」、不忍の池から「旧岩崎邸園」、散策のあと、山手線御徒町より高田馬場乗り換え西武線野方で下車、息子の家に滞在している同級の藤本宅を訪問。
久しい再開に祝杯感動、大変喜んでくれた。
帰りは野方ー高田馬場ー新宿ーJR総武線津田沼ーからバスで19:00帰宅。
sarubiaと別行動の一人旅、不忍の池で大阪釜ヶ崎で一夜を過ごし怖かったと話す人と出会い、この人の住まいが友人を訪ねる野方の人だった。
この日の予定、上野の「寛永寺徳川家の将軍塚」には行けなかったが東京都内を駆け巡り有意義な一日だった。
17,639歩

17,12,27 9:00出発、津田沼ー秋葉原ー巣鴨下車、「とげぬき地蔵尊」参拝のあと、巣鴨ー神保町ー九段下下車、「靖国神社」を76年ぶり参拝、九段下ー新宿、「東京都庁」に行き新宿ー津田沼16:30帰宅。
靖国神社参拝は永年の夢実現できた。
12,894歩

17,12,28 10:30出発、津田沼-錦糸町ー東京メトロ地下鉄半蔵門線で清澄白河下車、三菱の創立者岩崎彌太郎の住まいだった「清澄公園」散策のあと、松尾芭蕉「奥の細道」出発地点「採茶庵跡」「芭蕉稲荷」「芭蕉展望台」「芭蕉記念館」を散策、清澄白河ー錦糸町ー津田沼18:00帰宅。
芭蕉江戸滞在の様子を堪能できた。
12,299歩

17,12,29 南房総「保田道の駅」に野菜買に行き、そのあと鴨川市が観光のため農家の空いた田圃に菜の葉の種を蒔き自由に摘み取りが出来る畑に行き皆で採取する間、写真を撮りに行く。「木更津アウトレット」に立ち寄り、一か月前にオープンした「木更津道の駅」に行く。17:00帰宅。
5,905歩

17,12,30 8:00出発、栃木県那須烏山の「大金温泉」に行き、途中茨城県「下妻イオンモール」で買い物昼食。
15:00金山温泉到着。
5,461歩

17,12,31 大金温泉8:30出発、「宇都宮城跡」に行き常総市内で買い物と昼食、15:00過ぎお墓参りをして帰宅。
そのあと2時間くらい徒歩でスーパーに買い物。
2017年を終わる。
13,937歩

18,1,1  8時雑煮を祝い、津田沼ー錦糸町ー地下鉄四谷下車「四谷怪談お岩神社」に行き、新宿二丁目まで歩き新宿ー原宿下車「明治神宮」参拝。一時間三十分待ちで本殿前まで行くことが出来た。
明治神宮も76年ぶりに来てみたら父に連れられて参拝した懐かしい思い出が蘇った。代々木駅ー津田沼16:30帰宅。
12,342歩

18,1,2  5:00前出発、「成田山新勝寺」初詣、そのあと銚子港の「ウオッセ21」に行き、帰り道は成田空港付近からR464号線宗吾付近で「谷養魚店」でメダカ、鯉を鑑賞しそのあと、船橋市の「アンデルセン公園」に行く。
17:00帰宅
9,093歩

18,1,3 いつものアルファード車と違いハイエースで9:00出発、房総半島の勝浦の手前にある徳川の四天王の家康の重臣、「本多忠勝の城址」に行き、そのあと「メキシコ記念公園」でハイエース車中の中で五人が二台のコへルで鍋焼きうどんと持参のおせちでビール日本酒で昼食、房総の崖の上の絶景を見ながらの宴会は一味違った格別の雰囲気であった。
企画したrayはノンアルコール接待してくれた。
老いて房総半島の断崖でのアルトドワ体験に感謝した。

楽しかった10日間がアットいう間に過ぎ去った。
帰宅後夕食前に明日帰宅の荷物を整理する。
4,664歩

18、1,4 9:00から谷津干潟を一周した。11日間共に行動してお世話になったお母さんにお別れの挨拶を済ませたときは胸がこみ上げる思いだった。
ray・mariに東京八重洲口玄関まで送ってもらい、13:30発のぞみで帰路に着く。

毎年ながら歴史好きなbiyonyo・sarubiaを考え精一杯の心で迎えてもらえる幸せに新幹線車中よりのメール作成に嬉しく涙が止まらなかった。

此の度の留守中、メダカの管理、予定してなかった大量の植木の水やりをお世話して戴いた町会長芝さんに心からお礼を申したい。
12,148歩

18,1,5 留守中新しく戴いた年賀状を作成、昼前に宅配便が着き、荷物の整理のあとM,H、I、T、花菱、森山に行く。
1,185歩

[PR]
# by beyonyo | 2018-01-06 10:50 | Comments(0)
f0000521_09063741.png

本年も拙いbiyonyoの旅日記を見て戴きありがとうございました。
     めぐりくる年も変わらずよろしくお願い申します。
   皆様どうぞ良いお年をお迎えください。


息子一家来客。
       2761歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-12-25 07:32 | Comments(2)
f0000521_04354094.jpg

                     丹波名物黒大豆の老舖  篠山  17,12,8

f0000521_04353079.jpg

          大玉を選別して篠山藩味奉行の札を撮らして頂いた。

f0000521_04351785.jpg
古風な店内、屋敷内の駐車場は一方通行で蔵をUターンーして出る大きな敷地、毎年恒例の行事になっている今年も通行止めの難所があったが無事の来ることが出来た。




園芸、植木の配置替え、くろ麻呂の道の駅、バンバンに買い物。
                  2,620歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-12-24 08:56 | 田舎の風景 | Comments(0)