ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

f0000521_06583637.jpg

               石仏  元興寺  17.11.1


三回目の松剪定一日中木の上で過ごした。
          561歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-11-10 07:06 | 石仏 | Comments(0)
f0000521_05570100.jpg

             宮跡庭園  奈良三条  17,11,1

                      歩道橋より撮影

f0000521_05565062.jpg
f0000521_05564187.jpg
特別史跡と特別名勝の両方に指定された古代の庭園は、当園の他に平城宮東院庭園と岩手県の毛越寺庭園の2ヶ所しかなく貴重な庭園らしい。
切妻桧皮葺建物が復元されているが、庭園を見ながら宴会したのだろうか?

道を隔てて向かいが長屋王の邸宅跡であり、知らずに来て出会ったがあいにく水曜日は休園で入場できなかった。


雨で午前中パソコンの前、午後雨が止んだので松の剪定。
Iさん来客。
       2、007歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-09 06:18 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_09420342.jpg

               長屋王邸跡  奈良大宮  17,11,1

平城京の隣ような近い場所のあり元奈良そごう百貨店、後にイトーヨーカドウー(現在閉店)の場所が
奈良時代無実の罪で自害させらえた悲劇の宰相「長屋王」の邸宅跡。

f0000521_09491584.jpg

ここは、奈良時代(8世紀)の初めに、正二位左大臣であった長屋王の邸宅があった場所です・

昭和61年(1986)から発掘調査が行われ、昭和63年(1988)に大量の木簡が出土し、長屋王の邸宅であることがわかりました。

長屋王の父は天武天皇の長男高市皇子、母は天智天皇の娘御名部皇女で、王の妻は元明天皇の娘吉備内親王でした。

右大臣藤原の不比等の死後、国政の中心人物になりましたが、神亀6年(729)に謀反の疑いにより自害においこまれました。

長屋王の邸宅は平城宮の東南に隣接し、平城京左京三条二坊一・ニ・七・八坪の4坪分を占め、約6万㎡もの広さがありました。
内部は王の住居地区、王家の事務所地区、使用人の住居地区など、数ブロックに塀で区画されていました。
長屋王の住居は面積360㎡の掘立柱建物で、天皇の住居である平城宮裏正殿に準ずる広さがありました。

長屋王の邸宅東部の井戸やゴミ捨て穴からは、約4万点もの木簡が出土しました。
これらの木簡は王家の事務書類で、王に仕えた人々の役所のこと、王家を支えた経済的基盤のこと、王家の豪華な食生活のこと、犬・馬・鶴・を飼っていたこと等が記され、奈良時代の高級貴族の生活を理解するうえで貴重な資料となっています。

(説明板を写す)


f0000521_09554205.jpg

                         発掘中の写真


f0000521_09560796.jpg

                             復元図


f0000521_09570390.jpg

                              出土した木簡

 

f0000521_09572911.jpg
                                 陸橋の上から



園芸、松の剪定(一日目)植木鉢を移動、シートを敷き8時に松の上に登り昼まで剪定、上の枝の三分の一を剪定、午後は足を休める為、下の部分を剪定する。
                      
                      (万歩計の電池交換を忘れ記録できなかった。)


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-08 11:28 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_06584317.jpg

                 白姫山神社  香芝市  17,11,3





雲一点ない秋晴れの朝を迎え、西方院にお墓参り、午後14時から父の33回忌
 母の50回忌を泉龍寺住職を迎え法要。

在りし日の両親を偲び家内と共に今日元気で法要を営む事が出来た事を感謝の報告が出来た。

過去いつかは来る当日を迎えるにあたり長い年月であった。
法事が終わった後は責任達成できた、すがすがしい秋晴れの心境だった。

留守中、滝上さん来客。
                          (万歩計電池消滅)?





[PR]
# by beyonyo | 2017-11-07 07:46 | 雲のある風景 | Comments(0)
f0000521_11314624.jpg

                   カマキリ  17,11,5

                             産卵まじかのカマキリ


愛采ランドに買い物。
H、Sさん来客。
               5,348歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-06 11:40 | 虫たち | Comments(0)
f0000521_05253898.jpg

                尼寺(にんじ)廃寺跡  17,11,3

f0000521_05281247.jpg
f0000521_05255410.jpg
                                 塔跡

f0000521_05262899.jpg
f0000521_05264371.jpg
f0000521_05265426.jpg
                          塔跡と学習館

f0000521_05270431.jpg
f0000521_05271848.jpg

            回廊跡

f0000521_05272986.jpg
尼寺廃寺跡が所在する地域は、古代には「片岡」と呼ばれていました。
「万葉集」をはじめとする和歌集には、片岡とともに樹木を詠んだ歌が数多く残されています。

廃寺跡学習館は休日で休みだったが、ガイダンス周辺にはこれらの樹木の一部を植栽されていた。

片岡の この向っ峰に 椎蒔かば 今年の夏の 陰にならむか
(「万葉集」巻七・1099)  作者不詳

霧たちて 雁ぞ鳴くなる 片岡の 朝の原は 紅葉しぬらむ
(「古今和歌集」252) 作者不詳


Hさん宅に行き、Sさんも来られ雑談、帰宅後、高島屋、コスモスで買い物。
久しぶりの植木に水やりを済ませ落ち葉掃除、今年一番の量が多かった。
モミジの枯れ葉、アジサイの枯れ葉掃除。
                          4,359歩




[PR]
# by beyonyo | 2017-11-05 06:03 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_07321965.jpg

                 奈良まち  17.11.1

            奈良町資料館に行き古風な町並みを散策。



祭日とは知らずに橋本やっちょんに行ったら駐車場はないし、買い物の支払いレジは長い列の人はみんな山盛りの買い物、苦難の体験になった。
当然帰りも遅くなったが、香芝市の尼寺廃寺跡を散策に行く。
S、Hさん来客。
                 4,470歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-04 07:50 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_07261551.jpg
        紅葉の蔦  17,11,3

50数年前に天秤棒を担いで売りに来た人から買って趣味の園芸の原点になった蔦、今年は順調に育ち紅葉し始めた。


メダカの移動した跡片づけに忙しい一日だった。
S,kb,hrさん来客。
         5,671歩





[PR]
# by beyonyo | 2017-11-03 07:44 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_07390560.jpg

             花梨 元興寺 17,11,1

f0000521_07392108.jpg

                        元興寺本堂より望む





sarubiaのブログ友人の紹介で、奈良まちの資料館内に5日間のみ展示販売している常滑焼のお地蔵さんを見に行く。
                   9,529歩




[PR]
# by beyonyo | 2017-11-02 07:52 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_08272622.jpg
久しぶりの出会い  17.10.11

公園散歩中元気でいてたのらちゃんと再会できた。




 メダカの冬支度、白遺産、白×楊貴妃、黒と白、白×オレンジ、錦の舞、白服部、完了。
菊ポットの枯れ葉取り、
                  3,804歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-11-01 08:45 | のらちゃん | Comments(0)