ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

 f0000521_6563236.jpg
f0000521_6571186.jpg









           「吉備姫王桧隈陵」08,1,18
f0000521_71864.jpg

                  「猿石」
 f0000521_784016.jpg
f0000521_79539.jpgf0000521_792415.jpg







           4体が陵内正面に並んでいる
f0000521_7171554.jpg

 f0000521_718618.jpg
f0000521_7185155.jpg






     「雪の吉備姫王墓」    「欽明天皇陵の森」08,2,9 
f0000521_7302662.jpg

           「高取城山中に鎮座する猿石」
吉備姫王墓にある四体と同時に出土したが、高取城築城の際に石材として運ぶ途中にこの場所に置かれた。
f0000521_7392033.jpg
 
飛鳥時代に製作された猿石は永年の間、土にうずもり江戸時代に発掘され4体と分かれた猿石今は明日香の文化財になって、人々を感動させる謎のユーモアが大好き。
遠い昔から現代に至るまで、研究された先人の人々に感謝したい。       
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-11 08:12 | 明日香散歩 | Comments(0)
明日香真弓鑵子(かんす)塚古墳現地説明会
f0000521_19154155.jpg

            「真弓鑵子塚古墳」 08,2,9
               一時間早く来ても1時間30分待ちの人
北西に伸びる丘陵を大きく造成し、岩盤を削り出して盛り土を行っている。
墳丘規模は、直経40メートル高さ約8メートルの二段築成の円墳と考えられる。
 f0000521_1933199.jpg
f0000521_19332182.jpg

      「入口」
 f0000521_19361538.jpg
f0000521_19473671.jpg






 f0000521_19482864.jpg
f0000521_19485184.jpg






 f0000521_19554994.jpg
f0000521_19561160.jpg







         「出口」                  「玄室」
玄室は18畳分の広さがあり高さ4,7メートル巨石400個以上をドーム状に積み上る高度な技術が用いられていた。(産経新聞より)
f0000521_2011092.jpg

f0000521_20314827.jpg

築造年代は、石室内から出土した土器などから6世紀中ごろとのこと。
墳丘と石室部分には、南海地震の影響と考えられる亀裂や、大規模な地滑りも、明らかになった。
f0000521_20344517.jpg
                                                          
               「石室南から」
   (明日香村教育委員会パンフレトより引用させて頂きました。)
f0000521_20464115.jpg

             「石室内全景北から」
   (明日香村教育委員会パンフレトより引用させて頂きました。)
横穴式19メートル以上の巨大石室で知られる、石舞台古墳より一回り大きい国内最大級の古墳らしい。
この地域一帯を支配した、朝鮮半島からの、渡来系氏族、東漢氏のトップクラスの人物を弔った墓の可能性が高いとのこと。(産経新聞より)
f0000521_9141433.jpg


天気予報が雪の予報で、電車で来て良かった。見学途中から雪になり高松古墳や亀石まで歩く。今日も素晴らしい飛鳥の雪景色を楽しんだ。
f0000521_21123122.jpg

                 「飛鳥駅」
f0000521_21134697.jpg

        所要時間7時間20分   14,300歩
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-09 20:25 | 明日香散歩 | Comments(0)
f0000521_18382069.jpg

           「豊浦寺付近より」 08,1,18
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-08 18:44 | 明日香散歩 | Comments(0)
f0000521_8314935.jpg

              「庚申堂」08,1,31
f0000521_8334851.jpg

                  「銭湯」
f0000521_835232.jpg

              「国宝・十輪院本堂」
f0000521_8364145.jpg

                「十輪院の塀」
f0000521_8395715.jpg

                    「瓦」
f0000521_841356.jpg

                  「資料館」
 f0000521_8415228.jpg
f0000521_8421538.jpg




 ならまちの雰囲気の中に






f0000521_848583.jpg

            「ならまち風情のある店」
昔は元興寺の境内であった奈良まち、細い路地で、三差路の多いところ、何度来ても飽きない町。
           走行距離84キロ
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-05 09:10 | Comments(0)
f0000521_8331694.jpg

        「明日香聖徳太子誕生地」 08,1,21
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-04 08:38 | 石仏 | Comments(0)
f0000521_8592213.jpg

        「一番咲きの梅」 08,2,3 AM7:30
f0000521_901036.jpg

                「節分の雪」
f0000521_912945.jpg

            「日曜日と雪の静かな朝」
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-03 09:05 | Comments(0)
f0000521_7415350.jpg

        「百済寺の塔」奈良広陵町 08,1,31
奈良盆地田園地帯にある、今は塔だけが残ってjる。聖徳太子が掘ったとゆう梵寺池がある。
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-02 07:50 | Comments(0)
f0000521_8263899.jpg

             「率川地蔵」 08,1,31
古都奈良町の入口(猿沢池の付近)率川に船形に乗ってるお地蔵さん。
その昔万葉集に詠まれたところらしい。
川に鹿が居たので下りていったら、予期せぬところに、石仏があった。
[PR]
# by beyonyo | 2008-02-01 08:36 | 石仏 | Comments(0)
21日(大寒)雪の朝を迎え一路明日香に・・・・・・・
f0000521_852547.jpg

      「亀石」 重さ40トン謎の石像 08,1,21                           雪かきをした様子も無いのに、なぜか亀の周りに雪が無かった。
亀の情熱の勢かも、何度きても立ち去り難い場所。
f0000521_9645.jpg

                「朝風峠」
f0000521_984683.jpg

               「飛鳥大仏」
f0000521_995052.jpg

             「持等・天武天皇陵」
f0000521_9115970.jpg

               「石舞台古墳」
f0000521_9132615.jpg

                「橘寺遠望」
f0000521_9143869.jpg

               「小墾田宮跡」
f0000521_916294.jpg

                「川原寺跡」
f0000521_9173649.jpg

                「稲渕棚田」
f0000521_9185548.jpg

       「甘樫丘豊浦展望台より飛鳥大仏を望む」
 左の森は飛鳥坐神社 右の森は飛鳥寺の瓦を焼いた窯跡

      雪の明日香路は一味違った趣きがあり感動できた。
甘樫丘の麓では次の,いるか邸?の発掘調査が始まっている。説明会が楽しみ
         所要時間6時間   走行距離72キロ
[PR]
# by beyonyo | 2008-01-31 09:41 | 明日香散歩 | Comments(0)
f0000521_16363247.jpg

      「甘樫の丘川原展望台の下にて」 08,1,18
[PR]
# by beyonyo | 2008-01-28 16:40 | | Comments(0)