ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

f0000521_07062014.jpg

                 トマトの水栽培  17,5,15

二週間前に苗の土を洗って植え付けたら約3倍に成長してきて一番目の花が咲いた。
これから先は未知の世界だが話によると大玉が約200個鈴なりに生ると聞く?
電気代は月4~50円らしい。
友人から戴き楽しく挑戦してみたい。

f0000521_07255721.jpg

                          一番目の花



昨日に続きメダカの卵180個採取、1、115個になった。
又、稚魚も4種類誕生した。
園芸、モッコーバラの剪定、サンフラワーの種の整理。
服部(奥)さん来客。
             3,353歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-05-15 07:52 | 花と盆景 | Comments(0)


f0000521_18074684.jpg

 祥瑞寺  大津市堅田  17,5,12

f0000521_18093098.jpg
室町時代の名僧・一休さんが修行し悟りを得たのは、ここ堅田でした。
一休さんは堅田の祥瑞寺(当時は祥瑞庵)にて22歳から34歳まで修行し一休の道号を授けられました。

祥瑞寺は(応永年間1394~1428)大徳寺派の高僧・華叟宗曇(かそうそうどん)によって開かれ、その華叟和尚が一休さんの師匠であり一休の道号を授けた人物です。

琵琶湖八景の浮御堂の付近にあり立ち寄ったら歴史の一端を知ることが出来た。

雨で肌寒いがメダカの卵381個を採取。
黒メダカ初卵。
芝さん来客。
                2,500歩




[PR]
# by beyonyo | 2017-05-14 05:06 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_05083135.jpg


               奥野椰子夫顕彰碑  大津市堅田  17,5,12

f0000521_05112224.jpg


はるか南の国を想わせるロマンチックな名前の奥野椰子夫は、戦後に二葉あきこの歌で大ヒットした「夜のプラットホーム」(昭和22年服部良一作曲、コロンビア)の作詞家である。
「星はまたたきィ」とはじまるその清澄な歌声は戦後の荒廃した時代の人々の胸に鮮烈に美しくつらぬいた。
奥野椰子夫はまたそれ以前の昭和16年琵琶湖で練習中の旧制四高(現金沢大学)のボート部員11名が高島郡高島町萩の浜の沖あいで遭難したのを悼んだエレジー「琵琶湖哀歌」(菊池博作曲、東海林太郎、小笠原美津子、歌でテイチク)を作詞した。

彦根城、竹生島、三井の晩鐘、瀬田の唐橋、比良の白雪などともに、「オール揃えてさらばとぞ/しぶきに消し若人よ」とその最期を詠んで彼らの霊に捧げた哀調にみちた歌詞は滋賀県民のみならず全国の人々に愛唱され、深い涙の感動を誘ったのであった。

奥野椰子夫が大津市堅田の出身であることを記念するとともにその業績と栄誉とをたたえここに広く顕彰するものである。
                説明文より抜粋

f0000521_05453357.jpg
                       歌碑のある堅田港

f0000521_05480265.jpg
                        堅田港桟橋
当時ボート部員遭難の時ここから救助に向かったことから「琵琶湖哀歌碑」建てられた。



         「琵琶湖哀歌」

一 遠くかすむは彦根城 波に暮れゆく竹生島
  三井の晩鐘 音絶えて 何すすり泣く 浜千鳥

二 瀬田の唐橋 漕ぎぬけて 夕日の湖に
  出で行きし 雄々しき姿よ いまいずこ あゝ青春の 唄のこえ

三 比良の白雪 溶けるとも 風まだ寒き 滋賀の浦
  オール揃えて さらばぞと しぶきに消えし 若人よ

四 君は海の子 かねてより 覚悟は胸の 浪まくら
  小松ヶ原の 紅椿 御霊を護れ 湖の上


f0000521_05533700.jpg

               堅田港桟橋より琵琶湖大橋遠望

子供のころ琵琶湖の名所をきつく印象に焼付いた「琵琶湖哀歌」169.pngが懐かしく・・・
大津散策に来て堅田の浮御堂の付近にある歌碑を訪ねてみた。
ボタンを押すと歌が聞こえるのに故障していたが残念だった。




大津市散策 7:06出発 17:00帰宅
走行距離219キロ

帰宅後、服部さん夫婦来客本年初のメダカ誕生と熊野中辺路の高原熊野神社の写真を戴いた。
我が家のメダカ朝はまだ卵だったが生まれたいるのを服部さんが見つけてくれる。
まだ気温が低く約一か月間卵で居たことになる。                         9,324歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-05-13 07:23 | 歴史散策 | Comments(0)
岸和田の蛸地蔵・天性寺散策のあと、南海本線の南欧風の駅舎を見学した。

f0000521_05395202.png

 蛸地蔵駅舎 南海本線 17,5,8

大正3年4月1日開業、岸和田と貝塚の間の駅、南海電車の駅舎で当時の駅舎が残っているのは珍しい。

f0000521_05200988.jpg

f0000521_05210509.jpg

f0000521_05215663.jpg

駅舎には岸和田合戦(1584)戦国j代に敵の襲撃から岸和田城を救った蛸の伝説を描いたステンドグラス「蛸地蔵縁起絵巻」がある。

駅名になっている蛸地蔵は西へ約500mのところに在る天性寺。

異色の駅舎を散策できて幸いだった。


園芸、サンフラワーの球根採り、白雪けし、二輪草、さつき植え替え。            3,683歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-05-12 05:41 | | Comments(0)
f0000521_17183721.jpg

                  さくらんぼ  17,5,10

f0000521_17190553.jpg
sarubiaの絵手紙教室の先生宅にある大木の桜、二階の屋上から枝を切り頂いた。
近畿地方では珍しいこれほどの大木は見たことがない。



園芸、ライラックの剪定、
土置場の屋根の傾斜を低くして排水を良くする。
桜の花びらでトユの排水が悪く掃除。
午後ムサシホームセンターに簾など買い物、妹と出会い。
芝さん市役所の土木課の方と来客。
                      4,895歩






[PR]
# by beyonyo | 2017-05-11 06:10 | 実・種 | Comments(0)

f0000521_18245475.jpg

蛸地蔵・天性寺  岸和田市南町  17,5,8

f0000521_21403752.jpg

元亀元年(1570)に建立され、地蔵堂としては日本最大級の建物である。
寺に伝わる蛸地蔵縁起によれば、本尊の地蔵菩薩は古くから岸和田の守本尊とされたが、戦乱を免れるために当時の領主より堀の中に入れられていた。

後の天正年間、岸和田城が根来・雑貨衆に攻められれ落城の危機となったとき、数千の蛸と一人の法師が現れ城を救ったという。

数日後、堀から矢傷や弾傷を負った地蔵菩薩が発見され、法師は地蔵菩薩の化身であったことがわかった。

地蔵菩薩は城中の別殿に安置されたが、民衆が参拝できるように天性寺に移された。
その伝承にちなんで蛸絵馬を奉納し蛸を絶って願を掛ける人もいる。
                      (説明板を写す)

f0000521_21405457.jpg
f0000521_20011838.jpg
f0000521_20030469.jpg
  参道

f0000521_18255018.jpg

f0000521_21425854.jpg
基礎石

f0000521_21440949.jpg

f0000521_21444091.jpg
何年か前に岸和田城下町を歩いて散策し、「蛸地蔵」散策を残していたのを気がかりで遅い時間帯からの決行した。
車での散策だったが意外と道が細く一方通行箇所も多く神経の使う散策になったが、気になっていたことが解決しやれやれだが、また違う歴史を知り宿題を残すことになった。




園芸、菊の挿し芽したのを小雨になり野外に出す。
大和に買い物に行き当麻の裏道を散策する。
                        3,504歩








[PR]
# by beyonyo | 2017-05-10 06:25 | 歴史散策 | Comments(0)
f0000521_09124720.jpg

                         大岩チドリ 17,5,9

早春に株分けし咲き始めた、山野草の優しい花にしばらく楽しめそう~




町会のスイセンなど球根の花が終わり大掃除。
今春2回目七種類のメダカの卵298個採取。
午後14時から岸和田蛸地蔵を散策17時帰宅。
                   3,859歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-05-09 09:31 | 花と盆景 | Comments(0)
f0000521_20480507.jpg

                盆栽棚のキノコ  17,5,6

     10数年使用した棚にキノコが生え新しい棚と取り替える決断ができた。



園芸、盆栽棚の新調作業、アザレアの花が終わったので7鉢植え替える。
紫ビオラ、黄ビオラも花が終わり種を採取して整理する。
春咲きの花が終わってエビネ蘭や大岩チドリに癒やされる。
服部(奥)さん来客。
                          3,937歩



[PR]
# by beyonyo | 2017-05-08 06:31 | きのこ | Comments(0)
f0000521_02335009.jpg

                       蜻蛉の滝  川上村  17,4,23

f0000521_02374417.jpg

再三来てみるが春の季節は初めて桜の開花に合わせて白倉山遊歩道を友人の服部さん夫婦の案内で散策した。

f0000521_17010096.jpg
あきつの公園の桜

f0000521_16413605.jpg
蜻蛉滝の落ち口

f0000521_16423736.jpg
さらに上にはエメラルドグリーンの淵がある

f0000521_16442480.jpg
白倉山コースを選び進む

f0000521_16471458.jpg
崖の悪路を登りちょっとした登山気分を味わう

f0000521_16465909.jpg
音無川をつり橋で渡り本格的な登山気分

f0000521_16511220.jpg
吉野山との分岐点行く先に吉野千本「西行庵」「義経の隠れ塔」に至るが
周遊路に向かう。

f0000521_16521780.jpg
滝めぐり散策路終着

f0000521_16574748.jpg
蜻蛉の滝入り口の音無川に戻り昼食の後、大滝から入之波(しおのは)温泉の奥地を散策して帰路に着く。
花と新緑のミニ登山は印象に残りそう~

      


盆栽の棚板が腐敗してきたので取り換えの下準備をする。
芝さん来客。小雨で休養の日になった。
               1,588歩







[PR]
# by beyonyo | 2017-05-07 07:37 | 登山 | Comments(0)
f0000521_07171445.jpg


                 メダカの卵  17,5,5

今年第一号の白メダカの卵目玉が大きくなってきた誕生まじかか?


園芸、フウセンカズラの種まき、コスモスに買い物、服部(奥)森山夫婦来客。
                   4,849歩


[PR]
# by beyonyo | 2017-05-06 09:02 | Comments(0)