ブログトップ | ログイン

beyonyoの旅日記

beyonyo.exblog.jp

出歩くのが大好きなbeyonyoの写真の記録

カテゴリ:古墳( 97 )

f0000521_20271593.jpg

               カタビ古墳群  馬見丘陵古墳公園  18,5,28

                          (下記説明現在地より写す)  

f0000521_20274333.jpg

一号墳の中にいくつかのベンチがあり、先客も休憩されているし、ここで昼食することになり休憩していると、現在地の所に説明板があるのに築き,休憩中のここも古墳の上であることが解った。
それも今説明を詠んで知る。

カビタ1号墳(5世紀中頃)方墳一辺20m 円筒埴輪・家形埴輪・蓋形埴輪
   2号墳(6世紀末~7世紀前半) 円墳(径20m) 円筒埴輪・須恵器
   3号墳(5世紀中頃)円墳 (径24m) 木棺直葬 朝顔形埴輪
   4号墳(6世紀末~7世紀前半) 墳形不明 須恵器・土師器




午前中、井、服さん宅に行く。
午後、粗大ごみの捨てる用意。
Sさん来客。
                4,135歩


[PR]
by beyonyo | 2018-06-05 04:39 | 古墳 | Comments(0)


f0000521_07251060.jpg

ナガレ山古墳  馬見丘陵公園  18,5,28

f0000521_07252321.jpg


f0000521_07253374.jpg

f0000521_07350593.jpg
出土遺物

f0000521_07355967.jpg
f0000521_07260555.jpg
f0000521_07264065.jpg

前方墳丘より東方面を望む

f0000521_07264705.jpg
昭和50年~51年にかけて土取りによっり一部が破壊されたため、国の史跡に指定され、保護された。
昭和63年から発掘調査を行い、整備工事を進めてきた。

整備の概要
整備は破壊された部分の墳丘を造り、東側には埴輪を並べ、葺石を葺いて築造当初の姿に復元する。
西側は芝生を張って整備し、1600年前と後の姿を同時に見ることが出来るようにした。

発見調査の成果
発掘調査では、2段分の円筒埴輪列と葺石を確認しています。また、東側くびれの前方部よりで、円筒埴輪を2列に並べた通路を確認しました。
後円部墳頂の埋葬施設は明らかでないが、盗掘の際に捨てた土から匂玉など多くの遺物が出土しました。
また、前方部墳頂にも埋葬施設があり、箱形木棺を粘土で覆った粘土槨です。
木棺を覆った粘土の中に多数の鉄製品が埋納されていました。
墳丘に並べられた埴輪には、円筒埴輪の他に朝顔形・蓋形・盾形・家形埴輪などがあります。
土師器や土製品も多く出土しており、これらの遺物から5世紀初めに築造されたと考えられます。
(説明部より抜粋)


f0000521_08185439.jpg
ナガレ山古墳は依然来ていたが記録するのを忘れていたので再度訪れ5世紀初めのロマンを体験できた。




メダカ卵採取午前中、午後稚魚採取、バンバンに買い物。
               3,248歩


[PR]
by beyonyo | 2018-06-04 08:30 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_19142500.jpg

  佐味田石塚古墳1号墳 馬見丘陵古墳公園  奈良県河合町  18,5、28

f0000521_19144698.jpg

                          2号墳

道路工事に伴って新しくその存在が確認された3基からなる古墳群です。
墳丘は、外見からは全く認められんでした。
3基の内2期は竪穴式の小石室でした。
特に1号墳の石室部には瓦片が敷き詰められていました。その瓦は全て飛鳥時代の平瓦でした。
石室の形態としては、6世紀代に通有のものでしたが、瓦片から7世紀になって築かれたことは確実です。
馬見丘陵での古墳築造の終焉を知る上で注目されます。
(説明文より抜粋)




メダカ稚魚採取、白、幹之、楊貴妃、青、白錦、ミユキ、錦の舞。
ラ・ムー新装開店に買い物。
S、I、Hさん来客。
                1,923歩








[PR]
by beyonyo | 2018-06-02 06:27 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_04392358.jpg

               石のカトラ古墳  京都木津川市・奈良神功一丁目 18,4、18

f0000521_04393886.jpg

古墳時代終末期にあたる8世紀のはじめごろに築造された古墳。昭和56年(1979)の発掘調査で上段が直径約9.2mの円形、下段が1辺約13.6mの上円下方墳であることがわかった。石室は凝灰岩製の切石15枚を用いた横口式石槨。盗掘のため副葬品はわずかしか残されていなかったが、漆の破片が出土したことから、 漆塗りの棺が納められていたと考えられている。「カラト」の名は、石室が「唐櫃(からびつ)」に似ていることから付いたといわれる。被葬者は不明。昭和62年(1987)に復原整備され、平成8年(1996)に国の史跡に指定された。

f0000521_05192744.png
   住宅の中に森があるだけ案内の標識もなく現地に辿るまで付近を2時間探した。


   古墳さがし奮闘記 137.png

奈良県と京都府の県境に位置するカトラ古墳、奈良市神功一丁目5で調べ(奈良の本)ナビを設定して奈良市内から行くが、ナビはどうしても違う場所を案内3度別の場所から言っても現地に行くことが出来ない。
ガソリンスタンドで尋ねたらここは京都府まず神功5丁目を教えてもらい行くが現地には到着しない。

奈良の本に高の原駅から徒歩10分と記載されているのでイオンモールに駐車、イオンの警備さんに高の原駅前交番所を教えてもらい交番で尋ねると、ここから15分で行けますが坂道が続きますとの事。

それなら付近まで来ている事が確認できたので車で行くことにしたが、又、最初に通った所に来る、途方に暮れているときパトカーが止まっていたので尋ねるとカトラ古墳は行くのが大変難しいですから先導しますから後ついてきなさいと親切な若いお巡りさん、でも地図を描いてもらい行く事にして別れたが、やはり困難が始まったとき先ほどのパトが心配して跡からついてきて先導して戴きやっと現地到着できた。

なるほど現地に来ても古墳の森は見えるが駐車する事もできない、住宅街に入ってゆくことが出来た。
それにしても、本やPCで調べ番地までわかっている住所がナビで行けない謎が知りたい。132.png

f0000521_04530679.jpeg

                         描いてもらった地図

f0000521_05582339.png
                          先導して戴いたパト

出先で迷うことは過去何度もあることだが、こんなな親切な若いお巡りさんの助けの神に出会え感謝感謝の思いで帰宅する。



園芸、のんこ菊の先に虫が来て10本ほど不要になったので家の中に入れる。
メダカの小ケースを掃除、小品盆栽棚に寒冷紗を張る。
S,Hさん来客。
             3,152歩







[PR]
by beyonyo | 2018-04-24 06:10 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_16391770.jpg

                 谷首古墳  桜井市  18,1,21

f0000521_16412414.jpg


                          古墳正面

f0000521_16410088.jpg

              狭い開口だが中を覗くと素晴らしい巨岩に驚いた。



f0000521_16411433.jpg

巨大な玄室には凝灰岩の石棺のかけらが出土しているから石棺があったらしい。
7世紀の古代ロマンを十分感じることが出来た。
阿部字谷汲にあることから「谷汲古墳」とも呼ばれ、安倍文殊院の近くにあり中世期には墳丘が砦として利用された、現在は八幡神社が古墳の上に鎮座している。
このあたりを本拠地にした豪族阿部氏関係の墳墓と考えられる。

f0000521_16423472.jpg

              石室の天井岩がうまく収まっている昔の人の技に感心した。

f0000521_16404609.jpg
f0000521_16425076.jpg

                         古墳の前より南東方面を望む




お墓参りに行く。
午後、イオンにプリンターインキを買いに歩く
                            5,606歩




[PR]
by beyonyo | 2018-02-22 07:27 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_17454697.jpg

                        兜塚古墳  桜井市浅古  18,1,21

                   阿蘇ピンク石の石棺で知られる兜塚古墳

f0000521_17511633.jpg


                            前まで来ているが入口がない

f0000521_17531586.jpg
                                森が兜塚古墳 

                    周り一周したがどこからも入ることが出来ない                                                        

付近の人に尋ねたら現在は以前と違って入口が変わり行きにくいとわざわざ200mほど坂道を下って案内してくださった親切な方と出会いながら駄目だった。


ムサシホームセンターにコンパスカッターを買いに行く。
 午後、は植木棚が腐敗したので新しく作り直すため撤去し掃除をする。
年末から留守と冬眠が続き、外の作業をしていないため、近所の方と久しぶりの出会いが続いた。
                       3,572歩









[PR]
by beyonyo | 2018-02-10 08:25 | 古墳 | Comments(0)


f0000521_09111548.jpg

艸墓古墳  桜井市  17,11,21

別名カラト古墳、代表的な終末古墳

f0000521_09141405.jpg

住宅地の中にあり遠い位置から望む

f0000521_09160709.jpg
期待して来たが先日の大雨の時土砂崩れがありこのような姿で残念だった。

f0000521_09193267.jpg
古墳の周りにいくつか案内があるが何度来ても現地に行けない

f0000521_09214448.jpg
やっと見つけた入口も家の犬走りのような所を通って行く、幸いにも工事の方が昼食中だったので確認し入ることが出来た。

f0000521_09284796.jpg
以前行かれてブログされている方の写真をお借りしました。

この古墳の特徴は石室より大きい石棺があり中に入ってみることが出来るなど、古墳に興味をある人は一度は行きたい古墳です。
埋葬された人物や発掘されたものなど不明だが盗掘された穴など確認できるらしい。

4回の散策でやっと来ることが出来たが復元工事が出来上がればもう一度訪れてみたい。



園芸、盆栽の手入れ。
オオクワに買い物。
S、Iさん来客。
3,616歩







[PR]
by beyonyo | 2017-11-25 10:45 | 古墳 | Comments(0)
f0000521_07011901.jpg

菖蒲池古墳石室特別公開   橿原市 17,8,26

f0000521_07043236.jpg
小山田古墳の発掘説明会に行くと隣にある菖蒲山古墳石室の5年ぶりの公開中を知り参加する。

f0000521_07082103.jpg
                         石棺

蓋が屋根型になっているのは珍しく全国でも珍しい、この奥にも石棺があり二つ並んでいる。

f0000521_07130257.jpg

f0000521_07123951.jpg

f0000521_07133367.jpg

石室の上は建物があり昨年も立ち寄ったが扉が閉まっていた。

f0000521_07143731.jpg

f0000521_07184842.jpg
                   菖蒲山古墳から二上山遠望



園芸、エビ草の花が終わり挿し芽をする。
葉花の森に買い物、国華園に立ち寄る。
          6,872歩













[PR]
by beyonyo | 2017-09-10 07:37 | 古墳 | Comments(0)

f0000521_17275300.jpg

キトラ古墳  明日香安部山 17,8,26

安部山の南斜面に34年前に発見された。

室内の色彩壁画、玄武発見とその後、青龍、白虎、天文図が確認され、又、朱雀と十二支像も確認され何度も古墳の周りを散策した。
当時、高松塚発見からキトラ古墳発見で明日香村通いが続いた。

被葬者はまだ決定出来ないが、天武天皇の皇子、「高市皇子」右大臣の「安部御主人(あべのみうし)百済から渡来した「百済王昌成」などが被葬者に挙げられている。


f0000521_18334394.jpg
古墳全景

f0000521_18452147.jpg
発見当時の状態 (資料館の写真引用)

f0000521_18485806.jpg
(資料館の写真引用)

鉄棒を突き刺し石室の蓋に当たりそれが発見の決め手となった。

f0000521_07441836.jpg

古墳正面より望む

f0000521_07454812.jpg

金剛山アップ

f0000521_07484269.jpg

f0000521_07491852.jpg
古墳正面から南を望む安部山の集落

キトラ古墳壁画体験館「四神の館」が出来今月末から10月にかけ壁画の実物を公開される。



黒メダカの容器を変える。
園芸、サンフラワーの球根を植える。
S,Hさん来客。
      7,003歩



[PR]
by beyonyo | 2017-09-08 08:07 | 古墳 | Comments(0)


f0000521_15323802.jpg

県立明日香養護学校  川原  17,8,26

f0000521_15424572.jpeg
産経新聞25日朝刊記事

f0000521_15441174.jpg
北調査区発掘では石室にかかわる遺構を検出できなかった。


平成26年度に実施した県立明日香養学校教室棟改築事業にともなう発掘調査で、飛鳥時代の大規模な掘り割りを検出しました(第5次調査)。
この成果を受け、小山田遺跡(古墳)の詳細を明らかにすることを目的に、国庫補助事業による範囲確認調査を継続しておこなわれてきました(第6~8次調査)。

今年度の第9次調査では、横穴式石室の規模と構造の確認を目的に、発掘調査をおこなわれた。

f0000521_15460167.jpg
羨道基底石抜き取り穴(南東から)全景

南調査区では、横穴式石室にかかわる遺構を検出された。
検出した遺構は、横穴式石室羨道(せんどう)の石材を抜き取った際の穴(基底石
抜き取り穴)と石材の据え付けた際の穴(基底石据え付け穴)、石室内の排水溝です。

羨道の規模全体の位置関係を踏まえると、南端の基底石抜き取り穴の位置が、横穴式石室の入り口である羨門にあたると判断できます。その場合検出した横穴式石室羨道の長さは、8、7m以上となる。


f0000521_16354961.jpg

f0000521_16391999.jpg

f0000521_16400680.jpg

f0000521_16405496.jpg
西側南端の抜き取り穴では、石を割る際に彫られた矢穴がある石材1点を確認。
矢穴の規模と形状から、江戸時代後半頃のものとみられる。

f0000521_16474794.png
養護学校正門付近

f0000521_16485913.jpg

f0000521_16493559.jpg
発掘現場より橘寺、石舞台方面を望む

f0000521_16513779.jpg
養護学校入り口付近から甘樫の丘を望む


この日の早朝は雨だったが説明会10:30には秋晴れの天気になり、ロマンを夢見て来てみて良かった。

小山田古墳の石室が、巨石を用いた大型横穴式石室であった可能性が高まり、又、横穴式石室羨門位置が明らかになった事は、今後の調査に期待できる夢が近づいた。





先日コーキングしたプランター5個のうち2個が水漏りするのでコンクリートする。
園芸、菊の盆栽の手入れ。
         6,347歩

[PR]
by beyonyo | 2017-08-29 04:41 | 古墳 | Comments(0)